» 働く女性必見!“社内政治力”を高める方法のメインビジュアル  » 働く女性必見!“社内政治力”を高める方法のメインビジュアル

M life 記事

M life 2017.8.18

働く女性必見!“社内政治力”を高める方法

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

社内政治力は働く女性にとって必要な場合があります。日本の男社会は手詰まり感があります。今こそ、女性が社内でも影響力を強め、男社会では成しえない常識的は配慮を行う必要があります。会社も、女性社員の力に期待しています。

 

“社内政治力”はどうすれば身につく?


 

理由はともかく、社内で一定の影響力を保つためには社内政治力が必要です。女性でも職場で一定の配慮をすれば、主導権を握ることができます。社内政治力には、男女の別はありません。

 

 

男性が社内での政治力を失っている場合は、女性が社内政治力を持つ必要があります。社内政治は自分のためではなく、自分以外の社員のために行うものです。自らを捨てることが社内政治力を得る第一歩です。

 

自分のスキルや能力だけで会社に影響を与えるには限度があります。人間一人の力は限られています。大勢の社員を束ね、集約させることで政治力が生まれます。社内政治力を身につけるのに男女の差はありません。

 

 

しかし、日本の男子は幼少より受験勉強に勤しみ、他者とは競争するものという習慣が身についてしまっています。しかし、社内政治力をつけるのは、他者を蹴落とすことでは達成できません。他者を見方にすることが必要です。

 

女性が社内政治力を身に受けるには、他者の役に立つことです。他の社員が困っている時は積極的に助けることで信頼が得られます。もちろん、自らの仕事においても一流であることが求められます。

 

 

仕事の成功を自分の手柄にせず、他者の手柄にすることが大切です。社内政治力は、お金が儲からず、かえって負担が増えます。飲み会などでは自腹を切ることが求められます。自らの出世も他者に譲ることが求められます。それでも他者に利益を与え続けることができる者だけが、社内政治力を得ることができます。

 

 

女性の敵は女性!職場での発言には充分な配慮を!


 

 

女性が社内政治力を得るためには、同じ女性を敵に廻さないことが必要です。敵に廻さないのは女性だけではありません。社内では積極的に味方を得ると同時に、敵ではない多くの中間層をつくることが必要です。

 

 

敵は必要最小限に留める必要があります。自分の気にいらない人間にも何らかの利益を与え、敵とはならない配慮が必要です。

 

女性が女性を嫌うのは嫉妬のためです。嫉妬の感情は男性も持ちますが、女性の方がストレートに表現されます。相手の嫉妬心を封じるには、自らが泥を被り、手柄は相手に渡すことです。

 

 

自らが手柄を取っては、社内政治力をつかむことはできません。社内政治力とはひとつの権力です。権力を得ることは、他のものを捨てることにつながります。お金も出世も、彼氏さえも他者に譲ることで、社内政治力は得られます。

 

社内政治力を得るには、職場での発言に気をつける必要があります。相手が男子であれ女子であれ、他人の悪口は言わないことです。どこで、人と人がつながっているかはわかりません。社内政治力を得ようと思ったその時から、他の社員の悪口は言わないことを心に誓う必要があります。

 

女性から好かれるためには、他の男性社員から嫌われることも時には必要です。特に、男女とも結婚適齢期の場合は、双方から手を引くことが必要です。無用な争いに巻きまれないことも、社内政治力を得るためには必要です。社内政治力は力のある人とだけでなく、力の無い人も味方にする必要があります。窓際の男性社員や年配の女性社員は特に大切にしなければなりません。

 

 

会社に貢献することで主導権が握れる!


 

会社の主導権は、会社に貢献することで握ることができます。他者からの評判だけでは、社内政治力は握れません。会社への貢献は、自らの職務を通して行う必要があります。会社への貢献は、しすぎると言うことがありません。遠慮することなく、全ての能力を使って会社に貢献することが大切です。

 

苦労して手に入れた社内政治力も、使い方を誤れば、それを得た意味がありません。社内政治力を用いるのは他者の幸せのためです。決して、自らのために使ってはいけません。現代の日本社会では、男性による今までのやり方が行き詰っています。競争ではベンチャー企業の後塵を拝し、残業や転勤制度は社員の生活を成り立たせなくしています。今こそ、女性の力で社会を変革する必要があります。

 

社内政治力を得て、それを行使する場合は、一定の目標を設定する必要があります。そのためには、会社をその方向に導くか、日本社会はどうなるかの見識が必要です。会社も日本社会の一部です。日本社会が向かう方向に会社の方向が合致していないと、思わぬダメージを受けてしまいます。

 

社内政治力はメンテナンスが必要です。権力を得たからといって、今までの態度や方法を変えたりしたら、他の社員の協力は得られなくなります。みんなのためになるという目標を設定し、それに向かって邁進し、慢心しないことが求められます。権力を得ることは、それ以外のものを失うことです。社内政治力を得ることで、成し遂げることのできる高い目標を持つことが大切です。

 

 

日本社会の行き詰まりは、男性だけで解決できるものではありません。女性が新しい視点で会社や日本社会を変える必要があることは、噴出する社会の歪を見れば明らかです。男性には無い自由な発想が女性には残されています。そこに託されるのは、日本の未来でもあります。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る