» 著者ベティ・L. ハラガンの「ビジネス・ゲーム」は働く女性のバイブル!のメインビジュアル  » 著者ベティ・L. ハラガンの「ビジネス・ゲーム」は働く女性のバイブル!のメインビジュアル

M life 記事

M life 2017.8.22

著者ベティ・L. ハラガンの「ビジネス・ゲーム」は働く女性のバイブル!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

「ビジネス・ゲーム」では、企業社会で女性が、システムにうまく乗って出世するためのノウハウを紹介しています。企業社会はゲームの理論で動いているという考え方をすることで、女性が女性としてではなく、企業人として活躍できるよう促す本です。

 

 

「ビジネス=ゲーム」という考え方


 

ベティ・L. ハラガンが著したこの本では、「ビジネス=ゲーム」という考え方が貫かれています。企業社会においては、ゲームのルールを踏まえ、それにのっとって行動することが、高評価を得るのに不可欠だとしています。

 

 

「ビジネス・ゲーム」では、働く女性が自己の地位を確立していくうえで、女性らしく振る舞い、男性上司に気に入られることは特に必要ではないとしているため、働く女性のバイブルとして、広く読まれるようになりました。

 

 

企業社会は、ある種軍隊や野球ゲームのようなものであり、ウェットでなくドライな理論で動いているというようなことが、「ビジネス・ゲーム」では述べられています。ゲームですから、特定の人間が恣意的にどうこうするということはできません。どうこうする局面があったとしても、結局外部の企業との競争上不利になるため、それ一辺倒というわけにはいきません。

 

 

ゲームのルールにのっとって、粛々と進めるのが基本であり、底流には必ずそれがあるというわけです。「ビジネス・ゲーム」を読むことで、女性が働く場合は、恣意的なところを狙うのではなく、基本システムに乗ったほうが得策であると理解できます。

 

 

多くの女性にとって、そのほうがずっと楽であり、しかも自己の地位を確立する、より確実な道となる、ということになります。ビジネスが、万事ケースバイケースで動くものはなく、ルールのあるゲームであるとなれば、誰にとっても参加しやすいものとなります。

 

 

企業社会を生き抜く秘訣


 

著者のベティ・L. ハラガンは、25年間企業で働いた経験をもとに、「ビジネス・ゲーム」を書き上げました。企業に勤めた後は、ビジネスコンサルタントとして独立しています。

 

 

ベティ・L. ハラガンはビジネス社会に置いて、自己の地位を確立できた女性であり、それゆえ、その言葉には説得力があります。女性が企業社会で生き抜くためには、特に女性であることにこだわる必要はなく、男性と同じようにルールにのっとって粛々と役割を果たして行けばいい、という見解は、ある意味斬新なものです。

 

 

特に日本においては、男女雇用機会均等法が施行されてからも、企業内の女性には、女性らしさが求められるのが常です。それに合わせていくのが生き抜く秘訣のように想定されることも多いですが、本書では、それでは自己の地位の確立にはつながらないとしています。

 

 

確かに、都合よく利用されるだけで、企業にとって、必要不可欠な存在、プレーヤーとはなり得ないということが、本書を読むと理解できます。女性は、例えばテニスで言えば、球拾いだけを粛々とおこなう存在にとどまるのではなく、プレイヤーか審判になる道を目指すべきであり、そうした役割が果たせる存在になれば、プレイヤーにも審判にもなれる、というようなことが、本書には書かれています。

 

 

役割を果たせる必要不可欠な存在、そうなるために、そうなれるよう、最短の道を探る、ということを、多くの男性は自然にやっているようです。女性もするべきだと、本書は述べています。

 

 

働く女性は「ビジネス・ゲーム」をバイブルに!


 

「ビジネス・ゲーム」が全米で100万部以上を売り上げるベストセラーになったというのは、多くの日本人にとって少し意外なことであったでしょう。アメリカの企業社会では、とうに相当程度、男女平等が進んでいるものとイメージされているからです。

 

 

そのアメリカでも、女性たちがじくじたる気持ちをかかえて苦労していることが、「ビジネス・ゲーム」の売れ行きからうかがえます。本書の魅力は、誰にでも実践できることが書かれているという点でしょう。

 

 

ルールを憶えてから、集団のゲームに参加する、ゲームでは自分の役割を確実に果たすことに徹する、これを基本とすればいいわけですから、ある意味楽です。女性らしい気配り、自己犠牲といったものが昇進につながる、とされたら、昇進しなくていい、と考える女性も少なくないでしょう。

 

 

「ビジネス・ゲーム」では、むしろ自己犠牲の精神を否定しています。怜悧にゲームのルールにのっとっていくことが大事で、男性の多くがそうして成功しており、女性もそうすればいいだけである、というようなことを述べているわけですから、支持されるのも道理です。

 

 

本書では、ゲームのプレーヤーとして不可欠な存在になり、やがてはプレーヤーを束ねる監督も目指す場合は、自分の役割を完全に果たす合間に、全体の仕組みや流れも理解することが大事であるとしています。「ビジネス・ゲーム」をバイブルに、企業社会で着実に階段を上っていける近道を、探りたいものです。

 

 

アメリカのベティ・L. ハラガン著の「ビジネス・ゲーム」では、企業社会で女性が自己の地位を確立するためのノウハウが紹介されています。日本人にとっては特に斬新な内容となっており、女性が働く上で、おおいに参考となる書です。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る