» 人間関係の損得を判断!自分に害のある人からは距離を置き、楽に生きよう!のメインビジュアル  » 人間関係の損得を判断!自分に害のある人からは距離を置き、楽に生きよう!のメインビジュアル

M life 記事

M life 2017.9.7

人間関係の損得を判断!自分に害のある人からは距離を置き、楽に生きよう!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

日々平穏に暮らしていくためには、どれだけ良い人間関係を気づいていくことが出来るのかということが、とても大切です。ただ、多くの人と繋がりを持つことで、助けられることもありますが、時には害のある人と出会うこともあります。そういう人と出会ったならば、時には損得で今後の付き合いを考えたほうが良いでしょう。

 

 

喜びも苦しみも人間関係が起因することが多い


 

人間関係は、目に見えるものではなく、また人と繋がることは義務ではありません。ですから、積極的に人と繋がる人もいれば、必要最低限の人と付き合うという人もいます。でも、日々の暮らしで得られる喜びも悲しみも、人間関係によるものが多いことは事実です。

 

例えば、職場の同僚や他の会社の人と協力して仕事を成功させたり、プライベートでは仲が良い人と評判のレストランに行って美味しい料理を食べて感想を言い合ったり、恋人とデートをしたりと、1人では出来ないことを経験で得られる喜びというのは、人生を豊かにしてくれます。

 

逆に上司と反りが合わなく目の敵にされている、先輩に嫌がらせをされている、家庭で夫と喧嘩をしてしまった、友人の愚痴を延々と聞かされる、というように苦痛に満ちた時間を過ごさなければいけないのも人間関係によるものです。

 

ですから、苦しいことがあるから、人間関係を必要最低限に済ませる、という考えをしてしまう人がいるのも仕方のないことです。でも、それだと喜びも少なくなり、一体何のために日々生きていいるのかわからなくなるし、あとで振り返っても思い出になるようなことがなくなってしまいます。

 

ならどうするべきか、というと苦しみを生み出す人間関係が自分の努力で整理できるものであれば、あえて関係を絶ってしまうということも有効な方法です。

 

 

自分の損得を考えるのも時には大切


 

普通の人であれば、他人に好んで嫌われるようなことをしたいとは思いません。ですから、自分と相性の悪い人でも、人間関係を壊さないように、当たり障りのない事を言って付き合っていく事が多いのです。

 

でも、害のある人と付き合っていくと、心に消えない傷が残り、そのストレスで体調を崩してしまうということにもなりかねません。またその影響が、家族や友人にまで及ぶとなれば放っておくのは問題です。

 

健康的な生活をおくるためには、あえて人間関係を損得で考えることも必要なのです。仕事で付き合う上司や同僚であれば、自分の意志で切り捨てるのは難しいかもしれませんが、友人・知人であれば躊躇する必要はありません。

 

約束もしていないのに頻繁に家に押しかけて食事をしていく人や、他人のことを根掘り葉掘り聞いて噂話を流す人、自分がグループのリーダーになりたいママ友、SNSなどネット上で書いたことについてやたらと攻撃をしてくる人、そういう人たちに付き合うと、自分が傷ついてしまいますし、時間も浪費していまいます。損得でいうならば、明らかに付き合うだけ損です。

 

 

そういった害のある人とは電話を着信拒否にしたり、アクセスをブロックしたりして、一切連絡を取れないようにしておくことで、煩わしいことから解放されます。
そのときには、害のある人が自分が被害者だと周囲の人に触れ回る可能性があるので、共通の友人・知人に理由を話して根回しをしておくと不必要に攻撃される事を防げます。

 

 

いい人といい関係を築いていければベスト!


 

いい人と出会って、良好な人間関係を築くことが出来れば、人生の喜びは二倍、三倍にもなります。害のある人との付き合いでは損得を考えたほうが良いのですが、共に支え合い、励ましてくれる人であれば損得抜きで付き合えます。

 

損得抜きの人間関係を築くために必要なのは、自分を必要以上に卑下することもなく、相手を見下すこともなく、対等に付き合うことを心がけることです。そのためにも、誰かに頼らずに自分でものを考え行動していくこと、自分を高めるためにスキルを磨くこと、相手に起きた良いこと悪いことを自分のことのように感じる愛を持つようにしましょう。

 

また、当たり前のことですが、自分がされて嫌なことは絶対にしないようにしましょう。それを考える時に、自分が今まで出会った害のある人が、どういうことをやったのか思い返すことです。無神経な行動、自分を優位に見せるマウント行為、そういったことを絶対にやってはいけないとわかっていれば、相手に不快な思いをさせることはありません。

 

ただし、あまりに相手のことを考えすぎて、何も出来ない、必要以上に気を使ってストレスを感じて体調を崩してしまうと、それは損得で考えれば損ですから、いい人間関係とはいえません。ほどほどに力を抜くことも大切です。

 

そういった努力をして、離れてしまう人がいるとすれば、それも縁というもので、しつこく追いかけることはせず、今付き合っている人との関係を深めていくと良いでしょう。そうすれば、喜びの多い人生を送ることが出来ます。

 

 

日々の暮らしで得られる喜びも悲しみも、人間関係がもたらすものが少なくありません。良いことばかり起きるとは限りませんが、攻撃的な言動をする人や自分を利用しようとする害のある人との付き合いを見直してみれば、悪いことを減らすことが出来ます。そのときには、トラブルにならないよう、上手く立ち回ることも必要です。

 

そうして害のある人との付き合いを絶って、共に支え合えるいい人との関係を築くことが出来れば、これからの人生は喜びに満ちます。いい人間関係を築くためには、お互いに対等であるようにし、自分がされて嫌なことは絶対にしないことを心がけることです。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る