» 女性の社会進出で経済はどう変わったのか?のメインビジュアル  » 女性の社会進出で経済はどう変わったのか?のメインビジュアル

M life 記事

M life 2017.9.15

女性の社会進出で経済はどう変わったのか?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

日本経済は、成長期から成熟に突入しています。人口構造の変化や高齢化社会は今後も続く見通しです。これからの国を支える産業を発展させていくためには、私たち自身の働き方や考えを変えていく必要に迫られています。

 

 

GDPの増加に寄与


 

男女雇用機会均等法以降、女性の社会進出は急速に広がりました。
これまで男性ばかりの職場だったところに頑張る女子社員が増え始めると、雰囲気が様変わりします。男性ばかりだとどうしても縦のつながりが強く、飲みにケーションや接待による仕事の進め方が慣習化する傾向にあります。

 

もちろん、それが悪いわけでもなく、円滑なコミュニケーションや精神論も時には大切です。しかし、幸か不幸かそういう場に馴染みにくい女子社員にとっては仕事のみで結果を残すしか方法がありません。広く情報を分析し、わかりすく数字で成果を上げることで自分の存在価値を高めていくほかありません。

 

会社にとっては数字が上がって儲かることは大歓迎ですし、優秀な女子社員を欲しがる理由にもなります。社会に出て頑張る女子社員の働きは、結果的に現場での男性に限らずすべての社員へ刺激を与えることになります。会社が強くなれば、国が強くなっていきます。

 

男女雇用機会均等法は、長い年月をかけて我が国のGDPの増加に非常に影響を与えていると考えられます。働く女性が増えると、経済に与える影響も大きくなります。その一つに、消費の増大が挙げられます。所得が増えるわけですから当然です。

 

働く女子をターゲットにした商品が登場し、マーケットも拡大していきます。
自分に収入があれば無理に結婚する必要はなく、おひとりさまという言葉も登場しました。

 

 

多様性を取り入れた企業はできることが広がる


 

女性の社会進出によって、単純に社員の性別構成が変わるわけです。感じ方や考え方が幅広くなるばかりでなく、組織としても強く生まれ変わります。まず、仕事のやり方が変わります。

 

女性が正社員として働くということは、男性だから女性だからという決めつけは通用しなくなります。お茶くみやコピーも男女平等に自己負担で行わなければなりませんし、だからこそしっかりと女性にも結果が求められるのです。

 

自分がやらなければならないミッションをコミットしなければ組織の中で出世は望めません。会社の利益に寄与するばかりでなく、日本の経済を支えている気概を持って仕事に当たる使命が生まれます。

 

女性が自分らしく仕事をしているからこそ、社会進出がうまくいっていると世間から評価されるわけです。経済においては、これまでのものを作れば売れるという単純なものではなく、細分化された個々のニーズに合わせられる商品をどれだけ世に送り出せるのか、が売れるかどうかを左右するように変わってきました。

 

多様なニーズに適応する商品やサービスを生み出す原動力は、多様性を取り入れた企業だからこそ可能です。今後も経済は変化することが予想されます。女性をどんどん登用するように企業体質を変えることは勇気のいることです。大きな決断の先には、変化にいち早く気付き、新たな産業を生み出す企業となる可能性が広がっています。

 

 

デメリットはある…?


 

女性の社会進出によるデメリットを考える時、思い当たる点はあります。それば、これまでの会社の歴史の中で築き上げられた企業風土や企業文化というものが通用しなくなる可能性があります。

 

それらは、いわば男性ばかりだからこそ発揮することができた強みだと言えます。
気力、体力では女性に比べて男性の方が上回りますし、経済成長期には男性ならではの根性論が国の発展に大きく寄与していたことも想像に難くありません。

 

とは言っても、もう少し深く考えて見ると、これは一概にデメリットだとは言いきれないものです。なぜなら、経済を含め私たちを取り巻く環境はかつてのそれとは大きく変わってきているからです。

 

外資系企業の日本進出や日本企業においてもグローバル採用も増えています。
かつては日本人が圧倒的に多かった職場でも、色々な国籍の人が一緒に働くようになってきました。

 

様々な背景を持った人たちと一丸となって企業を成長させることは、働く上で必須になってきています。通用しなくなった企業文化をよりブラッシュアップして、新たな企業体質に生まれ変わることができれば組織としてこれほど盤石なことはありません。

 

女性が活躍する企業は、経済を発展させ新たな価値を生み出すばかりではありません。これから就職試験を受けようとしている優秀な学生にとっても魅力的に映ります。

 

 女性の社会進出は最初から順調だったわけではありません。会社に馴染むためには本人の努力が必要ですし、会社の側にも受け入れて活用していこうとする積極性が求められます。

 

 

しかし、変化を恐れずに多様性を受け入れて組織を強くすれば、また新たな事業の可能性も見えてくるものです。強くしなやかに仕事を頑張る女性の存在が日本の経済を後押ししている現実もあります。

 

結婚や出産を経ても働き続けられる労働環境の整備や、女性がずっと夢や期待を持って働き続けられる組織が今、本当に評価されるようになっています。
今後もますます女性の活躍が期待されます。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る