貯金する方法と言えば、銀行の口座というのが定番ですが、もっと身近ある貯金箱をお忘れではないでしょうか。自分でお気に入りの貯金箱にチャリンと硬貨を入れると、お金を貯めてる実感も湧いてくることでしょう。

今回は、そんな自宅できる貯金に使えるコツと貯金箱の種類、そして貯金箱のお金を両替するときのポイントをご紹介していきます。

貯金箱を使って楽しくお金を貯めるコツ

貯金を始めようと思うと、給料天引きや投資信託など積立する方法はたくさんありますが、どうしても金融機関に行ったり、書類を書いたり、手間がかかってしまいます。そんな手間をかけずに気軽に始められるのが、貯金箱を使った貯金です。

気軽にできることは、貯金のハードルを下げる効果がありますし、他にもいつか続けるコツがあります。

使い道や目標を立てる

まずは目標を立てましょう。貯金箱を選ぶときの限度額を決めるときに役に立ちます明確な目標があるほど、貯まったときのことを想像して、目標達成へのモチベーションアップにつながります。

好きなデザインの貯金箱を選ぶ

自分が好きなデザインの貯金箱を選ぶのも重要なポイントです。そもそも嫌いだとか、あまり気に留めたくない貯金箱を選んでしまうと近づくことも減ってしまい、お金を入れる機会がありません。自分が好きなテイスト、部屋にあうデザインを基準に選んで貯金箱に触れる機会を増やしましょう。

お札or500円玉?貯金箱に入れる金額を決める

自分が貯められる範囲で、金額を設定しましょう。お札or500円玉を毎日1回貯金箱にいれて、毎日コツコツ貯まっていくのを感じるのが貯金箱の醍醐味です。最初に貯金できるギリギリの金額に決めてしまうと貯金できずに途中で挫折してしまうこともあります。楽しく続けていくために、自分がこれくらいなら無理なく貯められるという金額を把握しておきましょう。

貯金箱を選ぶコツ

それでは、貯金箱本体を選ぶときのコツも押さえておきましょう。

リーズナブルな価格

せっかくお金を貯めるのに、あまりにも高価な貯金箱を選ぶと貯金の効果は薄くなってしまいます。安すぎても壊してまた買い直せると考えてしまいますので、1000円から~3000円くらいの貯金箱を選ぶのがおススメです。

中身が見える貯金箱でモチベーションを上げる

中身が見えないとどれくらい自分が貯めているか、どこまで目標に近づいているか分かりません。透明で中身が見えたり、どれくらい貯まっているか確認できたりする貯金箱を選ぶことで、もっと頑張らないとな、あと少しで欲しものが買えるぞ、とモチベーションを保つのに効果的です。

自分に合った大きさの貯金箱を選ぶ

貯金箱の大きさも重要なポイントです。目標金額が高く、最後まで貯める自信がある人は大きめの貯金箱がススメです。ちょっと開けにくかったり、大きいがゆえに持ち運びづらかったりすることも貯め続ける秘訣です。

最後まで貯めれるか不安な人は、小さめな貯金箱がススメです。小さな貯金箱なら貯まるまであまり時間がかかりませんし、早く貯まると達成感もあります。小さな貯金箱をいくつか用意したり、繰り返し使ったりすることで、目標金額が高くても貯金を続けることができますよ。

どんどん貯まる!おしゃれでかわいいおすすめ貯金箱

ではお金が貯まる貯金箱をいくつかピックアップしてみたので、ご紹介していきます。

バンクオブコンテナ

見た目はリアルなコンテナ式の貯金箱です。8色のカラーバリエーションがあるので、貯金箱としてだけでなく、レイアウトとしてもGOODです。ちょっとしたフィギュアと一緒に飾ってみてもおしゃれかもしれません。引き出し式になっているので、貯金箱以外にも、小物入れにも使うことができます。

参考URL:http://www.bicasa.jp/SHOP/b049-040-001.html

コインルーム

お金を入れると自動で硬貨を選別してくれます。1円玉から500円玉までを選別し、6つの部屋に自動的に収納してくれます。貯金箱に入れる金額を決めずに、とにかくいろんな硬貨を貯金したい人にススメです。

参考URL:http://www.toybox-jp.com/commodity/index.html

フェイスバンク

フェイスバンクは硬貨を食べる貯金箱です。お猿のような顔の貯金箱に手を近づけると、いただきますと口を開けるシステムになっており、まるでご飯をあげているようについついお金を入れたくなってしまいます。

参考URL:https://item.rakuten.co.jp/keitaistrap/300-524192/

モンスターインボックス

500円玉をセットすると不気味な腕がお出迎え。箱の中にコインを引きずり込んでいきます。500円玉30枚、約60000円を貯金することができます。

参考URL:http://www.dreams6.com/products/coinbank/monstercoinbank/index.html

クリスタルBANK

中身が見える貯金箱です。透明な貯金箱なので、どれくらい貯まったしっかり確認することができます。貯金がちょっと苦手な人には、この貯金箱がおススメです。

参考URL:http://www.toybox-jp.com/commodity/

ミクロバンク

なんと入れたお金が小さくなって貯まる貯金箱です。マジックの原理を応用していて、見ごたえはバッチリ。どんな仕組みになっているか知りたくて、ついついお金を入れてしまいます。

参考URL:https://www.tenyo.co.jp/toyhobby/ft/index.html

カメラレンズ型貯金箱

その見た目は貯金箱とは思えないほどカメラのレンズに似ています。部屋のインテリアとしてもちろん映えますし、目標がカメラに関わるものを手に入れるためなら、この貯金箱はモチベーションアップにピッタリです。

参考URL:http://crosswork.the-buyer.jp/product.php?id=2598

本型貯金箱

こっそり貯金するなら、本型の貯金箱がおススメです。本棚に並べるとカモフラージュになりますし、ブラウン・アイボリー・ネイビーの落ち着いた色合いがスタイリッシュなので、大切に扱おうと思えるはずです。

参考URL:https://www.paladec.com/

ペットバンク メンフクロウ

おもわず愛でてしまいそうなフクロウモチーフの貯金箱は、鳥好きにはたまらない一品です。ただ癒してくれるだけでなく、お金も貯まる一石二鳥の貯金箱です。

参考URL:http://magnet-inc.com/ja/interior/pet-bank-owlbarn-longeared-snowy/

木製貯金箱 Coin Box

シンプルかつ高級感があふれる貯金箱「Coin Box」。美しい木目が特徴で置いてあるだけでは貯金箱とは分かりません。目標達成し貯金箱を開けたとき、綺麗に貯金箱に収まった硬貨に思わずシャッターを切りたくなってしまうかもしれません。

参考URL:https://www.hacoa.net/coinbox.html

ポス

木と紙でできた貯金箱です。貯金箱の1面が、紙になっており、取り出すときにポスっと指で穴を開けて取り出します。障子に穴を開けるいたずら心を刺激する貯金箱、目標まで意思を固く持てる方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

参考URL:https://koncent.jp/?pid=127722822

ケーキやさん(ケーキ型貯金箱)

自分のオリジナル貯金箱を作りたいならこちらはいかがでしょうか。夏休みの工作みたいに、紙粘土をこねて自分で貯金箱を作れます。頑張って作った貯金箱はなかなか壊すことはできないので、貯金するにはススメですね。

参考URL:http://www.diy-tool.com/fs/diy/a73-1886

禁煙バンク

禁煙する目標を貯金することにしてみてはいかがでしょうか。ただ禁煙するだけでなく、吸いたくなったら貯金箱にたばこ代を入れる続けると、成功したとき、そのお金で自分へのご褒美を買うこともできます。取り出し口はないので、思わず使ってしまう心配もありません。

参考URL:https://item.rakuten.co.jp/amaxshop/x151119014/

ATM貯金箱

タッチパネルにキャッシュカード、紙幣のリアル挿入など、本物のATMの機能がすべて詰まった多機能貯金箱です。使って楽しいだけでなく、附属のカードと暗証番号がないと操作できないセキュリティも魅力です。

参考URL:http://www.peanuts-club.com/products/kk00173.html#dtl1

アンティーク風 レトロ電話機

自宅の雰囲気に合わせるなら、レトロ電話機型の貯金箱がススメです。部屋に置いておくだけでなんだかセンスが上がったように感じてしまう貯金箱。貯金とおしゃれを両立したい方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

参考URL:https://wowma.jp/item/231557169?l=true%26e%3DllA%26e2%3Dlisting_flpro

貯金箱のお金を手数料無料で両替するときのポイント

それでは最後に、貯金に成功した貯金箱のお金を賢く両替するポイントをご紹介します。

窓口での入金は手数料無料!

窓口で自分の口座に入金すると言えば、手数料はかかりません。ここでのポイントは、両替ではなく入金にすることです。紙幣への両替だと、銀行によっては手数料が必要な場合があります。入金後、自分の口座からお金を引き出せばお札への両替は完了です。

引き出し手数料が無料の銀行で両替する

せっかく手数料が無料の銀行で入金したのなら、引き出し手数料も無料の銀行で引き出しましょう。

ATMは入金に枚数制限がある

硬貨対応ATMなら、自分の口座に入金することができます。自分で数える手間はかかりませんが、1回に投入できる枚数には上限があるので、時間がかかってしまいます。使う時間を考えないと後ろに他のお客さんがいるとちょっと気まずい気分になることあるので注意が必要です。

コンビニのATMはお札のみの両替が可能

コンビニでお金を両替するための入金や出金はお札のみ可能です。硬貨については取り扱いしていないので注意が必要です。また、1日の引き出し限度額までしか引き出せないので、ご自身の限度額を確認して利用しましょう。

最後に

「賢く貯金!おしゃれでかわいい貯金箱おすすめ15選」、いかがだったでしょうか。家でできる貯金箱貯金は、まさに貯金の入門編です。今はいろいろな場所で貯金箱を売っています。自分がお金を入れてみたいと思える貯金箱を見つけて、貯金生活を楽しく初めてみましょう。