» クレジットカードで公共料金の支払いをするメリットや手続き方法をご紹介のメインビジュアル  » クレジットカードで公共料金の支払いをするメリットや手続き方法をご紹介のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.7.12

クレジットカードで公共料金の支払いをするメリットや手続き方法をご紹介

 

皆さんは公共料金をどのように支払っていますか?送られてくる請求書に従ってコンビニ等で支払いを行う方法、口座から自動引き落としを行う方法などがありますが、クレジットカードで公共料金の支払いを行う事で節約になる場合があります。節約と聞くと「○○を我慢する」などを思い浮かべるかもしれませんが、今回はちょっと視点を変えて支払い方法を変える事で得られるメリットや手続き方法をご紹介します。

 

クレジットカードで公共料金の支払いをするメリット

 

 

利用額に応じてポイントが貯まる

請求書での支払いや口座引き落としではただただお金が出ていくだけですが、クレジットカードを経由させる事でポイントという形であなたの元に還元されます。クレジットカードの還元率は一般的に0.5%~1.0%程度。仮に公共料金の支払いが月3万円の支払い全てをクレジットカード決済に変更すると毎月150~300円分お得になる計算です。

 

毎月の金額で見ると微々たるものかもしれませんが、生涯支払い続けることを考えると結構な額になると思いませんか?しかもそれが「支払い方法を変更する」だけで簡単にできてしまいます。

 

引き落とし日がまとまって家計管理が簡単

公共料金の支払い日はそれぞれ異なりますが、クレジットカード決済にすることで引き落とし日をひとつにまとめる事が出来ます。引き落としをまとめることで、いつまでにいくら口座に必要か明確になり、お金が管理しやすくなります。このように月の支出を一括で管理できることもメリットの一つと言えるでしょう。

 

 

クレジットカードで公共料金の支払いをするデメリット

 

 

クレジット決済よりも口座振替割引サービスの方がお得な場合も

ここまでクレジットカードで支払うことのメリットを挙げてきましたが、毎月の公共料金の支払い金額によってはクレジットカード決済よりも口座振替の方がお得な場合があります。以下の例をもとに詳しく見ていきましょう。

 

例1:東京電力・中部電力などを契約中で月々の電気代が5,400円未満の場合

東京電力・中部電力など契約中で支払い方法を口座振替にしている場合、月々の支払いから月54円(税込)が自動的に割引になる口座振替割引サービスに加入する事ができます。

 

クレジットカード決済の還元率が1%の場合、月々の電気代が5,400円未満であれば還元されるポイントが54円を下回ってしまうため、口座振替割引を適用した方がお得になります。

 

出典:中部電力(支払い方法の変更について)http://www.chuden.co.jp/home/home_matome/shiharaihouhou/index.html?cid=ul_bf

 

例2:東京都にお住まいで水道代が5,400円未満の場合

東京都では水道料金を口座振替で支払う場合、請求金額から月54円(税込)の割引を行っています。こちらも例1の電気料金と同様、水道代が5,400円未満の場合は口座振替で割引を適用した方がお得になります。

 

出典:東京都水道局(水道料金のお支払いは口座振替がおトクです)https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/kouza.html

 

このように公共料金の支払い金額によっては、契約会社や自治体の行っているサービスを適用する事でクレジットカード決済よりも口座振替割引の方がお得になる場合があります。

 

 

クレジットカードでの公共料金の支払いに変更するための手続き方法

 

 

まずは電話で問い合わせ・確認をしましょう

ご自身が住んでいる地域や契約会社のサービスを確認し、クレジットカード決済の方がお得になるようであれば早速手続きを済ませてしまいましょう。

 

ここで気をつけていただきたい事は、支払い方法の変更手続きは利用するクレジットカード会社に対して行うのではなく、支払いをする企業に対して行うという事です。つまり水道・ガス・電気料金の支払いをクレジットカード決済に変更する場合は、合計で3回変更手続きを行う必要があります。

 

まずは支払いをする企業にクレジットカード決済が出来るか問い合わせてみましょう。場合によっては電話のみで受付が完了する所もありますし、必要書類を郵送する手続きに進む場合もあります。

 

クレジットカードでの支払いが可能であれば申し込み

支払いが可能であれば、申し込みを行います。ネット上で必要事項を入力するだけで手続きが完了する場合もあれば、資料請求を行い後日企業から送られてくる申込用紙(ネット上から印刷できる場合もあります)に必要事項を記載し返送する場合もあります。

 

申し込み後にカード会社からお知らせが届けば手続き完了

申し込みを行い、企業からクレジットカード決済の手続き完了のお知らせがあれば、これで手続きは終了になります。

 

「手続き」とか「申し込み」と聞くと抵抗を覚えるもいるかと思いますが、比較的簡単に手続きが出来ますし、一度手続きを済ませてしまえば支払い先やクレジットカードを変更しない限りこれ以上手続きをする必要もありません。

 

 

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードの選び方

 

 

ポイント・キャッシュバックの還元率が高いクレジットカードを利用する

クレジットカード決済によって支払う金額の数%がポイントとして還元される為、還元率が高いに越したことはありません。公共料金のクレジットカード決済を検討するのなら、これを機に還元率の高いカード会社に新規加入する事も良いかもしれません。

 

年会費が無料のクレジットカードを利用する

せっかくポイントが還元されても、還元されたポイント以上に年会費がかかるようであれば本末転倒です。クレジットカードは年会費が無料のものを選ぶようにしましょう。

 

年間万円以上の利用で年会費が無料になるなど、公共料金の支払い等で条件となる金額がクリアできるようであれば、年会費のかかるクレジットカードを検討しても良いかもしれません。

 

審査基準が厳しくないクレジットカードを利用する

クレジットカード決済でのポイント還元が目的ですので、審査基準が厳しいカードを発行する必要はありません。審査基準の厳しくないカードであれば比較的簡単に発行されますし、毎月しっかりと公共料金の支払いが出来ていればあなたの見えない所で信用度が積みあがっていきます。

 

信用度が高いと「カード利用限度額の上限が増える」「審査基準の厳しいカードの発行に有利に働く」等、様々なメリットがあります。

 

クレジットカードで公共料金を支払いする場合の注意点

 

 

支払いが延滞すれば電気・水道・ガスなどが止まってしまう

当たり前ですがクレジットカードでの支払いが遅延した場合、最悪の場合カードに紐づけした全てのサービスが止まってしまいます。

 

引き落とし日は1ヵ所にまとまっている分、一度に来る請求額も高額になります。引き落とし日より前に口座の残高に気を配り、確実に支払いが行われる状態にしておきましょう。

 

利用限度額を圧迫しないか注意する

クレジットカードには利用限度額が決まっています。旅行や買い物など、公共料金の引き落とし以外の利用が多くなって利用限度額の範囲を超えてしまい、公共料金の支払いが出来なくなってしまった…という恐れもあります。公共料金の支払い以外にも利用する場合は、利用限度額の範囲内に収まるように利用することを心がけましょう。

 

地域・自治体によってはカード決済ができない場合も

お住まいの地域や自治体によっては、公共料金のクレジットカード決済に対応していない場合も考えられます。そのような場合では今回紹介した方法は利用する事が出来ません。もし引っ越しなどで現在とは別の地域に住むことになった時には、引っ越し先ではカード決済が可能か事前に確認しておきましょう。

 

 

クレジットカードでの公共料金の支払いについてのまとめ

 

 

節約を苦痛に感じるも多いと思いますが、今回の方法は条件にさえ合えば苦痛に感じる事もなく、どなたでも比較的簡単に節約が出来る方法です。最初の手続きさえ済ませてしまえば後は自動的にポイントが貯まっていきます。皆さんのお住まいの地域でクレジットカード決済が可能であれば、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る