» クレジットカードの引き落とし口座変更方法について解説します!のメインビジュアル  » クレジットカードの引き落とし口座変更方法について解説します!のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.8.3

クレジットカードの引き落とし口座変更方法について解説します!

 

クレジットカードの引き落とし口座を給与口座と同じにしているも多いと思います。収入と支出を一つの口座にまとめることでお金の管理がしやすく、カードの引き落とし日までに他の口座へ入金を行う煩わしさを省くことができる為、とても便利ですよね。

 

しかし、給与口座を変更する場合は注意が必要です。「転勤や引っ越し先で利用しやすい銀行に変更する」「就職・転職先で給与が振り込まれる口座が決まっている」「住宅ローンを組む際に給与振込先に指定する事で優遇金利が受けられる」など、口座を変更するタイミングは様々。

 

この時に合わせてクレジットカードの口座変更も行わないと、カード利用分の引き落とし口座へお金を振り込む手間が増えるばかりか、万が一振り込みが間に合わなかった場合にあなたの信用情報に傷がつき、ローン審査などに悪影響を与える恐れだって考えられます。

 

このような事態に陥らないよう、クレジットカードの口座変更はいつまでにどのように手続きを行えば良いのか本記事で詳しく解説します。

 

クレジットカードの引き落とし口座の変更方法は大きく2通り

 

 

カード会社によって変更方法は異なりますが、手続き方法は大きく分けて「公式サイトから直接変更」「書類の郵送による変更」の2通りです。どのような手続きを踏むのか確認していきましょう。

 

クレジットカード会社の公式サイトから手続き

クレジットカード会社の公式ホームページからいつでも直接手続きが行え、指示されたとおりに進めていくだけで簡単に変更ができます。カード会社によっては公式サイトのマイページ等から手続きの進捗状況が確認できるものもありとても便利です。ただしカード会社によっては対応していない場合もあります。まずは利用しているクレジットカードの公式サイトを確認してみましょう。

 

書面の郵送による手続き

公式サト又はサポートセンターに連絡をして口座変更に関する書類を取り寄せて手イ続きを行います。書類が到着したら必要事項を記入し、本人確認書類(免許証のコピー等)や他にカード会社から要求されている書類があれば合わせて返送します。場合によっては電話確認が必要になるケースもあります。その後、カード会社から変更完了のお知らせが届いて手続き終了です。

 

サイトから直接行う手続きと比べると、書類をやり取りする手間がある分手続きが長くかかってしまいます。書類での変更を行う場合は、余裕を持って手続きを行うようにしましょう。手続きがスムーズに進むよう必要書類を調べておき、事前に準備しておくと良いかもしれません。

 

クレジットカードの口座変更方法の事例:楽天カードの場合

 

 

口座変更方法の一例として、楽天カードでの変更方法を紹介します。楽天カードを利用している方はもちろんですが、それ以外のカードの変更方法も似ている部分はありますので参考にしてはいかがでしょうか?上記で説明した「サイトから直接手続き」と「郵送での手続き」の2種類の方法について詳しく見ていきましょう。

 

出典:楽天カード(引き落とし口座の新規登録や変更など)
https://support.rakuten-card.jp/faq/show/24?site_domain=guest

 

楽天e-NAVIからの口座変更

楽天e-NAVIへログインし、トップページにある「お客様情報の紹介・変更」から「お支払い口座の照会・変更」を選択します。現在の口座情報が表示され、その下の変更手続きが可能な金融機関マークの中から変更したい金融機関を選びます。

 

利用できる人の条件や手続き可能な時間帯、変更した後の口座引き落とし開始予定日などの注意事項を確認のうえ、大丈夫であれば必要項目を入力します。後は表示された指示に従っていけば手続き完了です。

 

郵送での口座変更

同じく楽天e-NAVIの「お支払い口座の照会・変更」の中から、郵送での手続きを選択します。あなたが変更先として利用したい金融機関が、実際に口座の引き落とし先として登録できるか事前に確認をしておきましょう。

 

口座振替依頼書の送付先を選択し、依頼書を取り寄せます。手元に届いたら必要事項を記入・押印し返送します。口座振替依頼書は往復ハガキになっているのでハガキに記載されている手順に沿って記入・返送を行います。

 

カード会社に返送ハガキが届いて処理が完了すれば手続きは終了となります。記載した内容に不備や記載漏れがあれば、手続きに時間がかかってしまうので返送する前に間違いがないか再度確認を忘れずに。

 

クレジットカードの口座変更はいつから反映される?

 

 

手続き方法や時期によって口座変更が反映されるタイミングは異なります。口座が切り替わるタイミングは事前に確認をしましょう。

 

締め日前に口座変更の手続きが受理された場合

公式サイトからの変更手続きは即日に変更が反映される場合もあります。例えば楽天カードの場合、支払い月の10日21:59までに変更手続きが完了した場合は申し込み月から引き落とし口座が変更になります。

 

口座変更の反映までの期間はクレジット会社によって異なる

条件が揃えば上記のように即日に変更が反映される場合もありますが、変更方法やクレジットカード会社によって反映までの期間は異なります。また、変更したい金融機関がサイトからの直接変更に対応していない場合、郵送での手続きしか行うことができません。

 

郵送での手続きは資料の取り寄せからカード会社の処理が完了するまで1カ月~2カ月ほど時間を取っている場合が多いようです。もし口座変更のタイミングがずれ、カード利用分の引き落とし金額が口座に準備されていない場合、支払いが遅延になってしまいあなたの信用情報に傷がついてしまします。

 

信用情報に傷がつくと「クレジットカードの使用停止」「住宅や自動車等のローンの審査が通らない」「携帯電話の機種代の分割払いや通信契約ができない」などのペナルティを受ける可能性があります。

 

そうならないよう、口座変更の反映時期については事前にクレジットカード会社へ確認しておくことをおすすめします。もしそれでも不安であれば、口座が切り替わるまでの間は変更前と変更予定の口座それぞれにカード利用の引き落とし分のお金を入れておくと良いかもしれません。

 

クレジットカードの引き落としを名義人以外(家族)の口座に変更できる?

 

 

クレジットカードを利用できる人はカードに名前が記載された本人のみです。たとえ家族であっても利用できないことが原則です。「妻が普段の生活用として夫名義のカードを利用する」という使い方は本来できないのです。もしそのような使い方をしていた場合は、規約違反となりカードが利用停止になる場合もあります。

 

よって妻は妻名義のクレジットカードを持つ必要があるのですが、家族共有で必要な買物でも妻名義のクレジットカードしか使うことができず、引き落とし口座も妻名義でなければならないとなってはお金の管理が不便に感じてしまうでしょう。利便性を考え、支出監理を1ヵ所で行いたい場合「妻名義のクレジットカードの引き落とし先を夫名義の口座にする」といった使い方はできるのでしょうか?

 

原則、名義人以外(家族)の口座を引き落とし口座として設定できない

カード引き落とし口座を1ヵ所にまとめた方が支出監理をしやすいのが正直なところですが、引き落とし口座についてもカードを発行した本人の口座であることが原則です。

 

その為、妻名義のクレジットカードで利用した料金を夫の口座から引き落とすとった使い方は基本的にできません。ですが、中には「同性の配偶者・家族のみ」等といった条件付きで許可されるケースも稀にあります。もし、なにかしらの事情がありクレジットカードの利用者と異なる名義の口座から料金を引き落としたい場合は、金融機関に直接問い合わせてみましょう。

 

引き落とし口座をまとめたい場合は家族カードを利用しましょう

どうしても引き落とし口座を一つにまとめたいのであれば、家族カードを作ると良いでしょう。多くのクレジットカードでは、本人用のカードとは別に家族向けのカードを追加で発行することができます。

 

家族カードを利用して買い物を行った場合、利用した分の請求先は本会員の口座になります。つまり、家族共有で必要な買物に関しては家族カードで購入することで一か所の口座で支出の管理ができるということです。家族カードを発行するメリット・デメリットは以下の通りです。

 

・メリット

1.引き落とし口座を1ヵ所にまとめられる。

2.家族カード発行に審査がなく、簡単に発行できる。

3.カードの利用明細をお互い共有できる。

4.クレジットカードのポイントを合算できる。…等

・デメリット

1.家族カード分の入会特典がない。

2.本会員カードと同じ種類のカードとなり、別種類を選択できない。

3.本会員と生計を同一にする家族が対象の為、離婚等で条件から外れた場合はカードの利用ができない。…等

 

場合によってはメリットで紹介したお互いの利用明細が共有されることがデメリットに感じるもいるかもしれません。お互いに知られたくない出費(誕生日や記念日などで相手に当日まで秘密にしておきたい買い物も、家族カードを発行したクレジットカードで購入してしまうと相手にバレてしまうかもしれません)に対しては、個人名義のカードを発行し、そちらを利用する方法も一つの手です。

 

クレジットカードの口座変更方法についてのまとめ

 

 

いかがでしょうか?口座変更について、サイトからと書類を郵送する方法の2種類ありますが、郵送の方は資料の取り寄せから発送、カード会社の完了処理の手続きと手順が多いため完了までに1~2カ月程度かかる場合があります。サイトから直接変更が可能なクレジットカードであれば、ネットで手続きをした方が断然早く済むので利用したいカード会社のサイトを見て確認することをおすすめします。

 

カード会社や手続き方法によって引き落とし口座の切り替わるタイミングが異なります。引き落とし口座を変更する場合は、いつから切り替わるのか事前に確認を行い、引き落としが遅延することがないよう注意を払って手続きを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る