» クレジットカードの再発行の流れ!紛失・盗難に遭った場合の対処方法のメインビジュアル  » クレジットカードの再発行の流れ!紛失・盗難に遭った場合の対処方法のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.8.9

クレジットカードの再発行の流れ!紛失・盗難に遭った場合の対処方法

 

いつも利用しているクレジットカードが、万が一紛失・盗難に遭った場合の対処方法について理解できていますか?対処が遅れるとその分、不正利用されるリスクは格段に高まります。手順通り、迅速に対処をすれば悪用される危険性を極力減らすことができますので、もしもの時に慌てることのないよう、頭に入れておきましょう。

 

クレジットカードの再発行が必要になるケース

 

 

クレジットカードの再発行を必要とするケースは様々です。それぞれの原因と、再発行の必要性について詳しく見ていきましょう。

 

クレジットカードの紛失・盗難

クレジットカードの紛失や、盗難に遭ったと思われるケースでは、悪用されるリスクが非常に高まります。赤の他人に不正利用され、利用上限額いっぱいに買い物をされてしまう危険性もありますし、クレジットカードから個人情報を抜き取られることにより、二次被害に遭う危険性もあります。

 

犯罪に巻き込まれないためにも、クレジットカードの紛失・盗難に気づいたらすぐに、然るべき対応を取ったうえで、クレジットカードの再発行手続きを行う必要があります。

 

クレジットカードの破損・磁気不良

クレジットカードの紛失・盗難に比較すると緊急性は低いものの、破損や磁気不良に関しても、クレジットカードの再発行を必要とするケースに該当するでしょう。破損はもとより、磁気不良も悪化すると支払いができなくなってしまいます。必要時に買い物ができないと困るケースも想定されるため、破損や、磁気不良の兆候がみられた場合は、早い段階で再発行手続きを取るようにしましょう。

 

クレジットカードの紛失・盗難時の再発行方法や対処方法について

 

クレジットカードの紛失・盗難に気づいた場合、正しい手順で対処をすることが肝要です。なお、時間がかかればかかるほど悪用させるリスクは格段に高まっていくため、落ち着いて慎重に、かつスピード感をもって対応するようにしましょう。

 

まずはカード会社に事情を説明し利用停止と再発行を依頼する

クレジットカードを失くした場合は、何よりもまず第一に「クレジットカード会社へ連絡」することが大切です。クレジットカード会社により利用停止手続きが済めば、以降は悪用される危険性がなくなります。クレジットカード会社の紛失・盗難時の緊急コールセンターは、通常のコールセンターと違い24時間年中無休で受付しているため、気づいたタイミングですぐに連絡することができます。

 

また、利用停止の連絡時に、同時に再発行の手続きも行えるケースが多いです。なお、後述しますが、再発行時に改めて審査が入るかどうかはクレジットカード会社により異なります。但し、紛失・盗難時は緊急性が高いため、審査が入ったとしても長引くことなく再発行手続きに移行すると思っていいでしょう。

 

続けて警察に紛失・盗難の届出を出す

クレジットカード会社へ紛失・盗難の連絡が済んだら、次は警察への届出が必要です。通常は利用停止の手続きが済んだ段階で不正利用のリスクはなくなりますが、補償してもらうためには警察への届出が必要不可欠となため、忘れずに届出を行いましょう。

 

最寄りの警察署、もしくは交番へ足を運び、「紛失届」もしくは「盗難届」を提出します。提出すると、届出の受付番号が発行されるため、その番号をクレジットカード会社へ伝えましょう。

 

不正利用発生から60日以内であれば補償を受けられる

紛失・盗難に気づいたタイミングでこのように正しい手順を踏んで対処をすれば、万が一不正利用に遭ったとしても、クレジットカード会社の紛失保険・盗難保険の補償を受けることが可能です。

 

但し、補償されるのはクレジットカード会社へ届け出てから60日以内に限られます。不正利用被害から60日以上経過したのちに届け出たとしても、遡って補償を受けることはできませんので、迅速にクレジットカード会社へ連絡し、警察へ届け出ることの重要性がうかがえます。

 

各クレジットカード会社の緊急連絡先の電話番号

主要なクレジットカード会社の緊急連絡先をまとめているため、参考にしてみてください。いずれも紛失・盗難時の連絡は、24時間年中無休で受け付けています。

 

JCB:0120-794-082
参考:
紛失・盗難のご連絡

楽天カード:0120-86-6910 または 092-474-9256
参考:
カードの紛失・盗難

JAL:提携カード会社により異なる
参考:
紛失・盗難のご連絡

ANA:提携カード会社により異なる
参考:
カード破損・紛失

アメリカン・エキスプレス・カード:0120-020-120 または 03-3220-6100
参考:
カードの紛失・盗難時に

三井住友カード:0120-919-456
参考:
紛失・盗難の際は

ライフカード:0120-225-331
参考:
カード盗難・紛失のご連絡

 

クレジットカードを再発行した後にすべきこと

 

クレジットカード再発行時の注意点や、再発行後にすべき対応についてまとめました。クレジットカードを再発行する機会はそう多くはありませんので、意外と抜け落ちがちなポイントです。よく確認しておきましょう。

 

紛失・盗難を理由に再発行した場合はカード番号が変わる

クレジットカードは、ECサイトやオンライン決済などでクレジットカード番号をインターネットへ登録していることも多いかと思います。紛失・盗難を理由に再発行されたクレジットカードが、インターネットへ登録しているクレジットカード番号と同じ場合は防犯性で問題があります。そのため、紛失・盗難が原因で再発行手続きを取った場合、クレジットカード番号は必ず変更された状態で届くことになります。

 

公共料金や携帯料金の支払いなどカード番号の変更手続きが必要

もし紛失・盗難に遭ったクレジットカードで、公共料金や携帯料金の支払いなど、毎月発生する支払いの引き落とし設定をしていた場合は、各社ごとにクレジットカード番号の変更手続きを要します。また、ECサイトなどネット通販に登録していた場合も個々に変更が必要ですので、気をつけましょう。

 

破損・磁気不良を理由に再発行した場合はカード番号が変わらない

紛失・盗難を理由にクレジットカードを再発行した場合は、防犯面から漏れなくクレジットカード番号が変更となりますが、不正利用の心配がない破損・磁気不良を理由とした再発行であれば、クレジットカード番号は変わらないケースがほとんどです。但し、クレジットカード会社によっては理由問わず再発行時は番号が変わるところもあるため、保有するクレジットカード会社へ事前に確認をしておきましょう。

 

なお、クレジットカード番号自体に変更はなくとも、カード裏面に記載のセキュリティコードは必ず変更されます。ECサイトなどでは、セキュリティコードを登録し直す必要がありますので、注意しましょう。

 

クレジットカードの再発行に関して多い質問とその回答

 

以下では、クレジットカードの再発行に際して疑問に感じやすいポイントと、その回答を並べてみました。再発行が必要になったタイミングで慌てることのないよう、事前に頭へ入れておきましょう。

 

クレジットカードの再発行手数料はいくらかかる?

クレジットカードの再発行時には、多くのケースで手数料が発生します。特に、利用者の過失による紛失や破損の場合には、原則として手数料を支払う必要があると考えます。再発行手数料はクレジットカード会社により異なりますが、一般的には1件につき1,000~2,000円程度が相場です。

 

しかし、利用者に過失がないケースに関しては、条件によって手数料無料で再発行が可能なケースも存在します。詳しくは、保有しているクレジットカード会社へ確認をしましょう。

 

クレジットカードを再発行してから届くまでにかかる期間は?

クレジットカードの再発行手続きを取ってから実際に新しいクレジットカードが届くまでには、延べ2週間程度かかります。内訳としては、再発行依頼の電話をしてから数日~1週間程度で申込書類が郵送されてくるため、必要事項を記入して返送したのち、更に1週間程度経過後に新しいクレジットカードが届く流れです。

 

クレジットカードの再発行には審査が必要?

クレジットカードの再発行時にも、審査が入るケースがあります。申込み時のように信用情報を細かくチェックされるわけではありませんが、再発行の申込みをしたクレジットカードの過去の支払い履歴などが調べられています。

 

その際に大幅な支払い延滞等が見受けられた場合は、再発行不可となるケースがないわけではありません。とはいえ、通常利用をしている分には気にする必要はないでしょう。

 

クレジットカードを再発行したら前のカードはどうすればいいの?

紛失・盗難以外で、破損や磁気不良などを理由にクレジットカードの再発行手続きを行った場合、新しいカードが届いた時点で古いカードが手元にある状態が想定されます。再発行時点で古いカードは使用不可となるため、ハサミを入れて破棄するようにしましょう。

 

ICチップ部分や磁気ストライプ部分はハサミで裁断し、カード番号や氏名も判別できなくなるよう細かく裁断します。念のため、複数回に分けてゴミへ出すと防犯上安全です。

 

クレジットカードの再発行についてのまとめ

 

 

クレジットカードの紛失・盗難時の対応はスピードが肝心です。ご紹介した手順を参考に、素早く対処を心がけましょう。また、再発行が済んだあとも、そのクレジットカードの利用状況によって様々な対応が必要です。

 

特に、公共料金の引き落とし登録に関しては、毎月発生するものなので迅速にクレジットカード番号の変更手続きを行いましょう。あまり機会のないクレジットカードの再発行だからこそ、事前に知識を頭に入れておくことでいざというときに慌てず済みます。ぜひ、きちんと覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る