» クレジットカードが悪用された場合に確認すべきことと対処方法についてのメインビジュアル  » クレジットカードが悪用された場合に確認すべきことと対処方法についてのメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.9.5

クレジットカードが悪用された場合に確認すべきことと対処方法について

 

クレジットカードの請求明細に身に覚えのない利用履歴があったら、真っ先に疑うべきなのが不正利用です。もしそのクレジットカードでインターネット通販を利用しているのなら、知らないうちにクレジットカード情報を盗まれているケースも、ゼロではありません。「まさか自分が」と思っているにこそ、魔の手が及びます。ここでは、悪用被害に直面したときの対処法について解説します。

 

クレジットカードの悪用被害の事例

 

 

クレジットカードの悪用とひと口にいっても、その手口は多岐にわたります。クレジットカード会社はあらゆる手段を講じて犯罪を未然に防ぐ努力をしていますが、それでもセキュリティの穴を縫って、未だ悪用被害がやむことはありません。

 

ネットショッピングが生活に溶け込んでいくにつれ、ますます増加傾向にあるクレジットカードの不正利用による被害額。まずは、悪質なクレジットカード犯罪にいたる驚きの手口について見ていきます。

 

紛失・盗難されたカードを不正利用される

クレジットカードの紛失・盗難により手元から失われた場合、クレジットカードに含まれる個人情報はすべて犯人の手に渡っている可能性があります。暗証番号が推測しやすいものであれば、第三者が本人になりすまして利用することさえ可能です。

 

クレジットカードを紛失したことに早々に気づければ、利用停止の手続きをとり、犯罪を未然に防ぐことが可能ですが、クレジットカードの保管方法があいまいだったり、いくつもクレジットカードを所有していて紛失したことに気づけない場合などは、不正利用に遭って初めて紛失に気付くケースもあるため、危険です。

 

偽メールを送りつけるフィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、クレジットカード会社を詐称したメールを送りつけたり、偽のウェブサイトに誘導したりすることで、利用者からクレジットカード情報を盗み取る手口です。

 

具体的には、クレジットカード会社を装い「お知らせ」と称したメールを不特定多数のユーザーへ送信し、「有効期限が切れるため、下記のサイトで更新手続きをしてください」といった文面で、半ば強制的にURLをクリックするよう誘導します。URL先でクレジットカード番号やセキュリティコード、暗証番号を入力させることで、巧みにクレジットカード情報を盗み出すのです。

 

他に近年増えているフィッシング詐欺として、SNSから詐欺サイトへ誘導する手口が挙げられます。SNSのアカウントを乗っ取り、あたかもユーザー自身が発信しているように見せかけて、SNSで繋がっているユーザーへURLをクリックさせます。SNSで繋がっているユーザー同士では、無条件に信頼しやすいため、被害に遭う確率が高くなっています。

 

カード情報を盗むスキミング

クレジットカードに記録されている情報を盗み取り、偽造クレジットカードを作って使用する犯罪のことをスキミングといいます。クレジットカードそのものを盗むのではなく、磁気ストライプに書き込まれている情報のみ読み取るため、犯罪に遭ったこと気づきにくい性質があります。スキミングには、クレジットカード端末に細工をすることで読み取るという巧妙な手法も存在します。

 

偽のネットショッピングを装った詐欺

架空のネットショップを立ち上げ、架空の商品を販売する手口がネットショッピング詐欺です。日本語表記が怪しかったり、商品の価格が相場に比べて極端に安いといった特徴があります。安さに釣られて商品を購入しても、いつまで待っても商品は届かず、クレジットカード決済のみされてしまう被害が相次いでいます。

 

あからさまに怪しいECサイトであれば自己防衛力がはたらきますが、最近は有名な通販サイトによく似せた詐欺サイトも存在するため、ひと目では違いに気づきにくい場合があります。

 

サイバー攻撃による情報漏洩

セキュリティの甘いECサイトをターゲットにし、脆弱性のある入り口経由で不正侵入することで、購入者のクレジットカード情報を盗み出す手口が、サイバー攻撃によるECサイトからの情報漏洩です。

 

セキュリティを万全にしているつもりでも、組織だったサイバー攻撃は日々進化を続けています。個人情報の漏洩は事業存続にも関わる大きな問題です。

 

クレジットカードが悪用された疑いがある時に確認すべきこと

 

このように、クレジットカードの悪用の危険に日々晒されている私たちだからこそ、「何かおかしい」と思ったらまず不正利用を疑うことが大切です。まずは落ち着いて、冷静に確認を取ることから始めましょう。

 

利用明細書に記載されている利用日を確認する

クレジットカードの利用店舗によっては、即日に利用が計上されるとも限りません。実際に支払った日付とは別の日付で、利用明細に並ぶことも少なくはありません。利用明細の支払先と日付に相関関係がなくても、過去に本当に利用していないかどうか、思い出してください。

 

家族が自分のクレジットカードを利用していないか確認する

クレジットカードを家族共用にしている家庭は多いですね。夫名義のクレジットカードで、妻がECサイトで商品を購入するケースは珍しくありません。

 

また家族カードを利用している場合には、家族カードの利用明細も本カードに合算して請求されます。身に覚えのない請求があったら、まずは家族へ確認するようにしましょう。

 

支払い先が利用した店舗やサービスの運営会社か確認する

利用明細に覚えのない店舗名やサービス名が載っていた場合、不正利用を疑いたくなるところですが、もしかすると利用した店舗やサービスの運営会社かもしれません。店舗によっては、利用した店舗そのものではなく、運営媒体から請求が上げられるケースも多いです。

 

クレジットカードが悪用された場合の対処方法について

 

 

前述の確認を経てもなお判明しない場合は、不正利用に遭った可能性が高いでしょう。早期に対処すれば、被害の拡大を防ぐことができるかもしれません。すぐに以下のとおり対処をしましょう。

 

まずはクレジットカード会社に悪用された旨を連絡する

まず最初にすべきはクレジットカード会社への連絡です。クレジットカード会社は不正利用に遭った時のための紛失・盗難専用ダイヤルを設けていて、24時間365日開通しています。

 

連絡を受けたクレジットカード会社は、すぐに不正利用に遭ったクレジットカードの利用停止手続きを行ったうえで、被害の調査を開始します。

 

警察にクレジットカードの悪用被害に遭ったことを連絡する

次に、警察へ紛失届または盗難届として、被害について届出をしましょう。この際、届出に対応した受理番号が発行されるため、必ず控えるようにしましょう。あとあと不正利用の補償を受ける際、この受理番号が必要となります。受理番号がわからない場合は補償を受けられない可能性もあるため、忘れないよう保管してください。

 

クレジットカードが悪用されても補償してもらえないケースがある

 

クレジットカードには盗難保険が付帯されていることがほとんどですから、不正利用の被害に遭っても必ず補償されるだろう…と思うのは間違いです。実は、クレジットカードの不正利用の原因や状況によって、補償されるケースとされないケースが存在します。

 

暗証番号の管理方法について自分に非がある場合

暗証番号の自己管理が甘かった場合では、補償されない可能性があるので注意が必要です。本来、クレジットカードの暗証番号は漏洩するはずがないものといえます。その暗証番号を第三者に入力されたうえで不正利用されていたケースでは、管理方法がずさんだとみなされ、補償の対象外となってしまいます。

 

不正利用発生から61日以上が経過している場合

クレジットカードの盗難保険には、補償が適用される期間が定められています。その多くが、不正利用発生から60日以内に届け出る必要があります。補償期間を過ぎてから届出をしても、補償の対象外とする旨が規約にあるケースがほとんどですので、注意しましょう。

 

悪用被害を認めてもらえない場合は消費者生活センターに相談しましょう

消費者生活センターとは、各都道府県庁に設置されている行政機関で、消費生活全般に関する問い合わせについて、公正な立場で処理に当たってくれる機関です。

 

もし前述の理由などでクレジットカード会社から補償を受けられない場合は、最終手段として消費者生活センターへ相談をしてみましょう。事実が確認できれば、消費者生活センターが間に入って、クレジットカード会社と加盟店に対し不正利用であることを説明のうえ、請求の取り消しを交渉してくれます。

 

クレジットカードの悪用被害を避けるための防止策

 

 

いくら盗難保険があるとはいえ、万が一のケースで補償されないリスクを考えても、まずは被害を未然に防ぐことが第一ですね。では、クレジットカードの悪用を防ぐには、いったいどんな方法があるのでしょうか。確認していきましょう。

 

毎月クレジットカードの利用明細を確認する

犯罪に巻き込まれない、被害を拡大させないために有効な手段としては、毎月きちんとクレジットカードの利用明細を確認することです。利用明細が用紙で届くなら、毎月なんとなく目を通しているかもしれませんが、WEB明細にしているつい確認を怠ってしまいがちです。

 

引き落とし額だけ見ても、被害が少額であれば気づかない恐れがあります。必ず明細の内容まで目を通すようにしましょう。

 

怪しいメールやサイトは開かない

基本的にはどんなクレジットカード会社でも、メールやサイトでクレジットカード番号やセキュリティコードを確認してくるようなことはしません。それらのサイトに誘導されたときは、まずフィッシング詐欺とみて間違いありません。

 

犯罪は日常に侵食していることを念頭に置き、常に用心しながらインターネットを利用してください。

 

暗証番号は誕生日など他人に推測されやすいものにしない

暗証番号が使用された場合は盗難保険の補償対象外になることから、暗証番号は第三者に推測されにくいものを設定する必要があります。生年月日を組み合わせや自宅・勤務先の電話番号、車のナンバープレートなど、覚えやすい数字は避けてください。

 

クレジットカードの悪用被害にあった場合の対処方法まとめ

 

 

クレジットカードの悪用は、自らの心がけで被害に遭う確率を限りなく減らすことができます。もし不正利用に遭ったとしても、正しい対処で被害を最小限に食い止めることだってできます。そしてこれらの対処には、まず「知識を得る」ことが第一歩です。

 

この記事を読んだあなたは、その一歩を踏み出せたことになります。いざそのときにも冷静に対処できるよう、ぜひ知識に落とし込んで、日頃から用心しつつ生活してくださいね。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る