» お金を借りるための様々な方法と、お金を借りる前に知っておきたいことのメインビジュアル  » お金を借りるための様々な方法と、お金を借りる前に知っておきたいことのメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.9.27

お金を借りるための様々な方法と、お金を借りる前に知っておきたいこと

 

 

私たちの現代生活は意外性に富んでおり、女性の方でも急にお金が必要になって、カードローンなどでキャッシングをするのはよくあることです。

 

でも、お金を借りるということは、さまざまな手段があるとともに、確認しておくことがあり、また、返済という義務を負うことでもあるのです。お金を借りる際に役立つ知識や注意すべき事項などについてご説明します。

 

目次

お金を借りる時に準備するものとは

 

 

お金を借りる際にどこでも必要になるものがあります。お金を借りるために設けられている法律を貸金業法と言いますが、その中には融資対象者の規定や融資上限の規定(総量規制)があるために必要になる書類があるのです。

 

運転免許証などの本人確認できる書類

お金はどこの誰であるのかを特定して、返済が遅れた時に確実に請求できる方である必要があります。そのために、お金を貸す金融機関では、まず最初に行なうのが本人確認です。

 

本人確認を行うために、金融機関からは運転免許証やパスポートなどの提出を求められますので、その用意をしていくことが必要です。

 

源泉徴収票などの収入証明になる書類

貸金業法では、融資を行なうことのできる対象者として、「一定の安定した収入のある方」という規定があります。そのため、金融機関からは、その確認のために源泉徴収票などの収入を確認できる書類(収入証明書)を要求される場合があります。

 

但し、法律上、収入証明書は、借入希望額が50万円を越えるか、他社の借入残高と借入希望額の合計が100万円を越える場合に必要とされています。従って、この範囲を越えてお金を必要としている場合には源泉徴収票などの収入を証明できる書類を用意しておく必要があるのです。

 

出典:貸金業協会HP 貸金業法について:
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-3.html

 

ただ、貸金業法の規制外になります銀行系カードローンの場合には、もっと低い借入希望でも収入証明書を要求されることがありますので、まずは用意しておくことです。

 

安定した収入があるかどうかを審査で見られる

この収入証明書は、借入希望額が大きい場合に、安定した収入があるのかを判断する材料として審査などで必要とされるものです。

 

会社そのものの確認は在籍確認によって行なうことができますが、大きな金額を融資する場合にはその会社が安定した会社であるかどうかについても審査段階で確認します。収入証明書は安定した会社と言うことを確認するために必要であり、会社規模の確認をするのです。

 

どこでお金を借りるかで審査基準や金利に違いがある

 

 

お金を借りる場合には、いろいろな金融機関があります。それぞれの金融機関は独自の審査をしており、審査基準や融資金利などにも差があるのです。

 

銀行カードローンは金利が低い

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べますと、表面的に3%ほど金利は低くなります。但し、銀行系カードローンは一度借りますと、その金利は契約期間中その金利のままで、下がることはないのです。

 

大手消費者金融系カードローンの場合には、延滞なく払い続けますと、融資枠が大きくなったり、金利も下がります。そのため、実質の利用者の平均金利で見た場合にはそれほどの差はありません。

 

また、銀行系カードローンの審査は厳しく、審査に通るのは5人に1人程度です。大手消費者金融系カードローンの場合は2人に1人は審査に通りますので、かなりの差があります。

 

お金を使う予定が決まっている場合におすすめ

従って、銀行系カードローンは、上場会社などの信用の高い会社に勤めていたり、不動産や金融資産を多く持っている方が、すでにお金を使う予定が決まっている場合におすすめです。

 

銀行カードローンは即日融資は出来ない

銀行系カードローンの特徴の一つに審査期間がかかり、すぐに結果がでないことがあります。すなわち、申込み当日の即日融資はできません。それは、審査が厳しいこともありますが、保証会社の保証審査が必要で、二重審査が行われていることも時間のかかる理由です。

 

また、カードを郵送にしている場合もあり、実際には一週間以上かかる場合も多いのです。

 

審査は厳しめだが、金利が低い

銀行系カードローンの審査は申し込んだ方にとっては厳しいということがありますが、それだけに借りられる場合には金利が低いというメリットもあります。

 

銀行系カードローンの上限金利は14%台であり、大手消費者金融系カードローンの17%台に比べますと低いと言えます。ただ、銀行系カードローンの場合には14%台の金利がそのまま続きますが、大手消費者金融系カードローンの平均金利は15%台であり、実質的にはそれほどの差はないのです。

 

安定した職についている人に向いている

銀行系カードローンの審査では、勤務先と収入が一番審査結果に繋がりますので、上場会社などの安定した会社、医者、弁護士などの職業に就いている方は有利になります。保証会社の審査でもそれらの方の評価は高いのです。

 

まとまった金額を借りたい人に向いている

銀行系カードローンの場合には、融資限度額が大手消費者金融会社に比べて高くなっています。大手消費者金融会社の場合には、貸金業法で融資は年収の1/3までと決められていますが、銀行は規制対象になっていません。

 

優良顧客の場合には、自行の子会社の保証をとって高額な融資をすることができるのです。従って、不動産資産や金融資産を多く持っていて、大きな資金が必要という場合には使い勝手が良い高額なカードローンを発行してくれるのです。

 

消費者金融なら即日融資も可能

大手消費者金融系カードローンの場合には、自動契約機にいけば、審査は30分から1時間で審査だけでなく、カード発行までしてくれます。すなわち、夜21時30分くらいまでであれば、即日融資が可能です。また、銀行などに比べて審査の通過率も高く、利用しやすいと言えます。

 

急にお金が必要になった時に

大手消費者金融系カードローンは、申込んだその場でカードが発行されるため、急にお金が必要になった場合に便利です。

 

銀行カードローンよりも審査基準はゆるい

大手消費者金融系カードローンの審査通過率は45%から50%であり、銀行系カードローンに比べますとかなり高く、借りる方から見ますと審査基準はゆるいように見えます。(実際には銀行などよりも厳しい審査基準なのですが)

 

金利は高いので少額を短期間借りるのに向いている

初めて借りる方の金利は銀行系カードローンよりも3%ほど高くなります。従って、少額の利用の場合や短期間の利用には最適です。

 

ただ、10万円の利用の場合には、1カ月の利息の差は250円程度であり、長期的に使い続ければ金利は下がるので、大手消費者金融系カードローンが必ずしも高いとは言い切れません。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

お金が必要になった場合、クレジットカードを持たれている方の場合には、キャッシング枠を利用することが可能です。

 

但し、クレジットカードのキャッシングの場合にはほとんどがリボ払いになっており、スケジュールに沿った返済しかできません。ATMなどで入金ができない場合も多く、期限前返済や一括返済が難しいなど、カードローンに比べますと返済はやや不便です。

 

元々クレジットカードを持っていればすぐに利用できる

クレジットカードは今や成人人口1人当たり2.6枚の所有になっており、かなりの方がお持ちです。このクレジットカードがあれば、急にお金が必要になった場合に、新たにカードローンを作る必要もなく、お金を借りることができます。

 

金利は高いので少額の利用が向いている

金利は18%と貸金業法上の上限になりますので、1万円以内のように少額の利用の場合は便利に使えます。少額の借入であれば、金利もかかりませんし、すぐに完済になるため余計な費用はかかりません。

 

出典:金融庁ホームページ
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/kihon.html

 

労働金庫のカードローンサービスを利用する

お金を借りることができる場所として労働金庫があります。会員になる必要があり、口座を設けることが前提になります。

 

審査をうけるだけでも条件がある

労働金庫の審査は金利が低いだけに、審査を受けられる方には条件があります。労働金庫の会員になり、口座を設けることが条件の一つになりますが、作ったと言っても借りられると決まった訳ではなく、厳しい審査があるのです。

 

超低金利のため、審査はとても厳しい 

労働金庫の融資金利は、4~8%程度と超低金利といっても良い水準であるだけに審査は非常に厳しく、通常の銀行系カードローンよりも厳しいと言えます。

 

郵便局でお金を借りる場合に担保は不要

郵便局は、ゆうちょ銀行が実質的に金融部門を行っており、個人融資の場合、以前は担保が必要でした。しかし、最近では、スルガ銀行と提携して、カードローン「したく」という商品を発売しています。

 

郵便局は全国に2万8千店舗以上があり、コンビニが無いエリアにもあるため、ローカルの過疎地でも借りることができるのです。

 

担保がある人だけがお金を借りられる

従って、ゆうちょ銀行が最近発売していますカードローンがあるため、現在では郵便局では担保のある方だけでなく、無担保無保証人でも借りられるようになっています。ただ、審査は実質的にはスルガ銀行が行なっており、銀行だけにかなり審査は厳しいのです。

 

ネットでも受付けられるようになっていますが、ネットを通す場合は、ゆうちょ銀行で申込むよりもスルガ銀行のネット受付を通した方が審査は早くなります。

 

普段から財形貯金や定額貯金、定期貯金を利用しておく

郵便局は、ゆうちょ銀行に普段から財形貯金や定額貯金、定期貯金をされている方もたくさんおられ、お金が足りない場合には、まずそちらを取り崩すことを考える方もいます。しかし、貯蓄を残すということであれば、やはりカードローンを考えるのも良いでしょう。

 

勤務先の会社に従業員のための貸付金制度があれば利用する

会社規模の大きな勤務先の場合には、社員を対象とした貸付金制度がある場合があります。比較的金利も低く、給料から天引きで返済する場合が多く、確実に返済できます。従って、社員貸付金制度のある場合には、ぜひ利用してみてください。

 

安い金利で借りられることがメリット

社員貸付金制度の場合には、勤続年数などによって融資限度額が決まっている場合もありますが、特に審査もなく、申込めば融資を受けられます。しかも、金利はカードローンなどで借りるよりはかなり低く借りることができますので、利用価値は高いと言えます。

 

ただ、一つの欠点は、会社内で借入をしていることを知られることであり、また、ご家族にも知られてしまいます。そのような事態を嫌って内緒で借りたい方の場合には、社外でカードローンを申込むケースも多いのです。

 

給料の前借りと異なる制度

給料の前借の場合には通常は金利は付きませんが、社員貸付金制度は、あくまでも融資であり、低いですが金利が設定されます。また、たいていは分割で給料からの天引きでの返済になりますので、給料の前借のように一括で給料日に返済するというものではありません。

 

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

生命保険の定額保険などには、契約者の保険料の積立額に応じて融資が受けられる契約者貸付制度があります。基本的には、その時点での解約返戻金の範囲での融資になり、審査もなく、金利も低いですので、カードローンなどを借りるよりは安く済みます。ただ、カードローンのように即日融資が可能ではなく、ある程度の手続き期間が必要です。

 

利用条件はプランや契約内容で異なる

生命保険の契約者貸付制度は、保険の種類、プランによって利用条件は変わってきますが、契約書で貸付制度の記載があれば、間違いなく借りることができます。融資条件などについては、生命保険会社の担当者に確認してください。

 

保険を解約せず利用できるのが利点

生命保険の契約者貸付制度の一番良い点は、その保険を解約しなくても、お金を準備できることです。それまで、せっかく積み立てて、保険に守られていた契約ですから、今後も続けたいのは当然です。新たに生命保険に入り直す場合には保険料はかなり高くなります。契約者貸付制度であれば、その保険契約は継続されますので、何かあった時には保険金を受け取ることもできるのです。

 

質屋なら審査無しでお金を借りられるが注意点もある

質屋は、貸金業法の別枠になっており、ブランド品などの自宅にあるものを持っていけば、査定の上、審査なしでお金を借りることができます。昔は、一般の方がお金を必要とした時には、一番に利用されたのは質屋です。しかし、金利が高いだけに、時代の流れの中で利用者は減少しています。

 

持ち物を担保として差し入れるため、無審査で借りられる

質屋は、自宅にあるちょっと高価そうな時計や宝飾品などを担保として持っていけば、その価値を見積もってお金を貸してくれるのです。しかも、商品の目利きはありますが、個人としての審査はありません。

 

金利がとても高いため早く返済しなくてはならない

但し、質屋の金利は非常に高くなっています。金利は年利100%を越えているのです。貸金業法の規制金利などに比べますと、5倍以上ととんでもない高利になっています。これは、年利ではなく、月利になっているためですが、早く返済しないと倍以上の金額を支払うことにもなってしまいます。

 

そのため、最近では質屋は、お金を借りるのではなく、使わなくなったブランド品などを買い取ってもらう方の利用が主流になっています。

 

他にも急に困った時に借りられる場所とは

外出している時に、財布をどこかに忘れてきて、お金が無くて帰れないという場合もあります。そのような時に、お金を借りることができる場所があります。高額は期待できませんが、切羽詰まった時には利用できます。

 

財布を無くして帰れない時は交番で相談

財布を無くして家に帰れないというような場合には、近くにある交番に行って相談すれば、金額は少額になりますが、お金を貸してくれます。これを公衆接遇弁償費と言います。

 

公衆接遇弁償費は、近くの交番に勤務している警察官などが、財布を落としたり、盗まれたりした場合などに、自宅に帰宅するための費用がなくて困っていると確認できる方に対して、原則として1千円以内の貸付が公費から受けられる制度です。

 

出典:公衆接遇弁償費事務取扱要網の制定について:
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/johokoukai_portal/kunrei/kunrei_chiiki.files/012.pdf

 

帰りの電車賃を無くしてしまった時は駅で相談

財布を無くしたり、盗まれたりした場合のもう一つの対処法として、駅でお金を借りるという方法もあるのです。但し、交通機関の駅には、警察の公衆接遇弁償費のような制度はなく、あくまでも駅員の判断になります。親切な駅員さんであれば、住所、氏名、電話番号を残せば貸してくれる可能性はあります。

 

こんな場合でもお金を借りられる?

 

 

本来、お金は貸してもらえそうもない場合に、お金を借りられるのかを見てみます。家族に内緒で借りたい、失業中に借りたい、未成年の場合に借りられるか、また、金融事故を起こしている場合はどうかなど、本当に借りられないのかについて見てみます。

 

家族に知られずにお金を借りたい

基本的にご家族に内緒でお金を借りたいという場合には、大手消費者金融系カードローンがお勧めです。銀行よりも金利は少し高めですが、無人契約機に入れば、30分から1時間でカード発行をしてもらえ、お金を引き出して帰れます。明細書もご自宅には来ませんし、カードが送られてくるということもありません。

 

また、ネットでキャッシングという場合でも、MSBCモビットなどはWeb完結という融資方法があり、手続きはすべてスマホなどで完了し、カードを発行せず、ネットから自分の口座に無料で入金してもらうことが可能です。スマホなどでのやり取りだけで、自宅にはカード、契約書も来ません。

 

無職だけどお金を借りたい

基本的に、失業中などで無職の場合にはお金を借りることがでません。貸金業法に融資対象としては、「一定の安定した収入がある人」という規定があり、無職で収入がない場合には融資対象とならないのです。

 

銀行も貸金業法の対象外ですが、保証会社の保証が必要であり、その保証会社は規制対象となるため、実質的には借りることはできません。但し、自宅に多くの不動産資産や金融資産がある場合には、無職であっても、銀行の子会社の保証を使って高額のカードローンを発行してくれる場合はあります。

 

未成年でもお金を借りられるのか

貸金業法には具体的な融資対象年齢は書かれていませんが、消費者金融業界の自主規制として20歳以上69歳以下という年齢制限があり、未成年の方は例えアルバイトをしていてもお金を借りることはできません。

 

クレジットカードの場合には、対象は18歳以上になっていますが、基本的にはキャッシング枠は付きませんので、お金を借りるということはできません。

 

自己破産したらお金は借りられないのか

自己破産をした場合には、信用情報機関に登録されるため、闇金などを除いて、どこでもお金は借りられません。

 

信用情報機関の自己破産の記録が残る期間は、消費者金融業界のJICC(日本信用情報機構)とクレジットカード業界のCIC(CREDET INFORMATION CENTER)は5年、銀行業界のKSC(全国銀行個人信用情報センター)は10年となっています。

 

従って、大手消費者金融系カードローンであれば、自己破産の免責決定が出てから5年以上経過すれば、お金を借りることはできます。但し、銀行系カードローンは10年間は利用ができません。

 

・JICC
https://www.jicc.co.jp/

・CIC
https://www.cic.co.jp/

・KSC
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

 

生活に困るくらいお金が無い時は

収入が少なくて生活が困るという場合には、市役所や区役所に生活福祉資金という貸付制度があります。失業が長期化して失業手当の支給が無くなったという場合などに、生活が困る方を支援するための制度です。保証人なしでも借りられ、連帯保証人を付けた場合には無利子での融資になります。

 

但し、審査は厳しく、さまざまな手続きを必要としており、申込んでから1ヵ月くらいの期間がかかります。この資金を受けるよりは、生活保護を申込む方が返済の必要がなく、手続き期間も短いと言えます。

 

いずれにしても、再就職などを早めにして、生活を立て直すことが必要です。

 

お金を借りるということは簡単なことではない

 

 

お金を借りるということは、さまざまな問題を生じる可能性もあり、返済義務も生じることから、簡単ではないということをよく認識する必要があります。

 

友人や親戚からお金を借りるということ

お金に困って友人や親戚から借りる場合、気をつけておかなければならないのは、きちんと契約書の形で、金額、金利、返済方法や期日などを明確にしておくことです。

 

友人や親戚ということで、遅れてもなんとかなるという甘えが出て、返済が遅れがちです。そのような場合には、友人との友情が壊れたり、親戚と遺産などの争いの際に不利になったりしますので、確実に返済するようにすることが大事です。

 

利息を支払うということの意味

お金を借りるというのは、民法上、賃貸借契約をしているということです。すなわち、賃貸借というのは、サービス(お金)や商品をその賃料(利息)を払って借り受ける契約に他なりません。

 

お金を借りることは、賃料(利息)を払う義務が生じるということです。しかも契約で返済期日も決められるのです。このことをよく意識してお金は借りませんと、トラブルになってしまいます。

 

限度額が設定されるのはなぜ?

カードローンなどを発行してもらう際には、利用可能額、すなわち借りられる限度額が決まっています。これは、カードローンを発行する金融機関が、申込まれた方の返済力を測定して決めているもので、それ以上借りることは返済が苦しくなることを示しています。

 

貸金業法でも、一人の方に融資できるのは年収の1/3までと規定しています。年収の1/3が返済できる限界としているのです。

 

大手消費者金融系カードローンでは、極度額と別に限度額を決めています。極度額はその方の年収から見て融資が可能な最大値であり、限度額は、現時点の借入実績から見た利用可能額で、極度額よりは小さくなります。

 

返済が遅れることなく、実績を積み重ねる(クレジットヒストリーといいます)ことにより、限度額は次第に極度額に近づいていくのです。

 

利息を含めた金額の返済計画を立てなくてはならない

返済は通常、元本返済とその時点までの利息を足したものを支払います。現在では、カードローンの場合、ほとんどが定額リボ払いが中心で、元金と利息を足した一定の返済額になっています。

 

ATMや銀行振込による入金の場合には、通常の返済額以上の返済も可能で、早めに返済してしまいたい場合には、部分繰り上げ返済や一括返済も可能になっているのです。

 

お金を借りる時は返済の予定まで考えておこう

 

 

お金を借りる方法にはいろいろありますが、基本的にはお金を借りるということは、利息を含めた返済が必要になります。この利息と元本返済の合計で返済の予定をたてて借りる必要があるのです。

 

利息は、かつてのように極端な高利ではなくなりましたが、それでも金融機関によって高い低いの差があり、極力金利の低い借入を心がけてください。金利の高い場合には、短期間の借入にしたり、借りる金額を最小限にしておくなどの工夫が必要です。

 

カードローンなどは非常に簡単に借りられるため、知らない間に借入金額が膨らむこともありますので、計画的に使うようにしてください。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る