» 年金の受け取り年齢は?受け取り方によって約40%受給額を上げようのメインビジュアル  » 年金の受け取り年齢は?受け取り方によって約40%受給額を上げようのメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.10.3

年金の受け取り年齢は?受け取り方によって約40%受給額を上げよう

 

老後の支えとなる公的年金、漠然とした不安を抱えていませんか?「いくら給付されるの?」「それで十分なの?」と心配な人もいるかもしれませんね。実は公的年金は受け取り方によっては約40%受給額が増やせます。ほかにも年金の受け取りについての具体的な情報を知ることで、モヤモヤを解消しておきましょう。

 

年金支払い開始・受け取りの年齢は何歳?

 

 

年金は現役時に保険料を納付し、年を取ると老齢給付を受け取ります。20歳から納付して65歳から受け取る場合がほとんどですが、例外もあります。受け取り方によっては約40%も受給額を増やせます。

 

年金支払い開始は原則20歳から

日本の公的年金は国民皆年金と呼ばれます。自営業や無職の人も含め、原則として全ての20歳以上60歳未満の日本に住む人が対象です。保険料も20歳から納付を始めなくてはなりません。

 

国民年金は20歳以上60歳未満

日本の公的年金は2階建てと言われます。日本に住む全ての人に共通した基礎年金である国民年金が1階部分で、企業に勤めている人が入る厚生年金保険が2階部分です。勤め先によっては企業独自の年金などがありこれを3階と呼ぶこともあります。

 

日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入します。学生などで収入がなくても保険料を納めなくてはなりません。一方、加入しているのが国民年金だけなら保険料の納付は60歳までです。

 

学生のほか、企業に属さないフリーランスや自営業者などが国民年金の第1号被保険者とよばれ、公的年金は1階部分の国民年金だけです。会社に勤め始めたり、サラリーマンの扶養者になったりすると、第2号被保険者、第3号被保険者となります。

 

第1号被保険者には、保険料をどうしても納付できない場合のために「免除」や「猶予」という制度があります。

 

厚生年金は会社勤務開始時

企業に勤めている人が対象の厚生年金は、20歳未満でも勤め始めたときから厚生年金の対象となります。厚生年金の保険料は、国民年金に該当する部分も含め給与から天引きされます。勤め始めた年齢から保険料を納付しているのです。

 

厚生年金の加入者を第2号被保険者といい、高卒で会社に就職すると無資格から第2号被保険者となります。なお、結婚することで、もし配偶者の扶養に入るなら第3号被保険者となり、自身の厚生年金からは外れます。

 

年金受け取り開始年齢は65歳

公的年金の老齢給付は国民年金、厚生年金ともに65歳以上で始まるのが原則です。女性で昭和41年4月1日以前生まれであれば特別支給の老齢厚生年金を受け取れることもありますが、それ以降に生まれた女性の年金受け取り開始年齢は65歳です。

 

以前は60歳から受け取り可能だった

特別支給の老齢厚生年金は、以前の60歳から公的年金が受給可能だった時期の名残です。国民年金は制度が始まったときから65歳から支給開始でしたが、厚生年金では60歳の時期もありました。

 

平成6年改正では老齢厚生年金の定額部分(ほぼ基礎年金に該当)、平成12年改正では厚生年金の報酬比例部分が60歳から65歳へ引上げられました。

 

年金制度が急に変わっては、個人の老後の人生設計が大幅に狂うため、そのため引き上げは定額部分と報酬比例部分それぞれ少しずつ進められてきました。今でも昭和41年4月1日以前に生まれた女性は年齢に応じて60歳から65歳未満の間でも部分的に受け取ることができるようになっています。

 

年金は受け取り開始を遅らせたらお得?

 

)

 

年金には、受け取り開始を遅らせれば支給額が増える制度があります。反対に、支給額は減りますが受け取りを早くする制度もあります。

 

65歳を超えての受け取りは「繰り下げ」で受給額が増える

年金の受け取りは原則65歳からですが、65歳を超えて支給開始時期を遅らせれば支給額が増えます。1ケ月繰り下げるごとに0.7%増額となります。

 

老齢厚生年金を繰り下げる場合には、老齢基礎年金と老齢厚生年金の両方繰り下げることも、片方だけ繰り下げることもできます。

 

「繰り下げ」は70歳まで

支給開始を繰り下げることが出来るのは70歳までとなっています。つまり5年間(12月×5年=60月)が最長です。この場合、0.7%×60月=42%増額となります。年金は繰り下げ受給で40%近く増やすことができるのです。

 

60歳未満での受け取りは「繰り上げ」で受給額が減る

繰り下げ受給とは反対に、65歳より前に受給を繰り上げることもできます。ただし、繰り上げた月数×0.5%が減額されてしまう点には注意が必要です。減額された金額は一生続くこともしっかり認識しておきましょう。

 

年金の繰り上げ受給の場合には、老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に行わなくてはなりません。

 

「繰り下げ」は82歳からがお得、それまでは損

「繰り下げ」「繰り上げ」で支給額が増減しても、人生を通じての受取金額が得になるか損になるかは長生きする年齢によります。繰り下げた期間は年金がもらえません。例えば70歳から受給を始めるなら65歳から5年間は年金がありません。ある程度長生きしないとモトが取れないことになります。

 

繰り下げ受給がお得になるポイントは計算上82歳です。年金額をx円として65歳から82歳まで18年間給付を受けるとすると「x円×18年=18x円」もらえます。70歳から82歳まで13年間給付を受ける場合、年金額は42%増額されているので「x円×1.42×13年=18.46x円」もらえます。繰り下げは82歳からお得になるという計算になります。

 

年金の受け取り方法は?受給日もチェックしておこう

 

 

自分の年金生活がどうなるのかイメージしづらいですね。具体的にいつどのように受け取るのか、どのような手続きが必要なのか見ていきましょう。

 

年金は指定名義の口座で受け取る

年金は65歳になったからといって自動的に支給が始まるわけではなく、自分で手続きする必要があります(年金請求といいます)。

 

この手続き時に年金をどの口座で受け取りたいかを知らせます。口座は本人名義で、カナ氏名、金融機関名、支店番号、口座番号が記載された預金通帳またはキャッシュカード(コピー可)などを添えて請求書を提出します。 請求書に金融機関の証明を受けた場合は不要です。

 

なお、請求書提出時には、戸籍や住民票など生年月日が明らかにできる書類も同時に提出します。単身者の方でマイナンバーを登録している人は、請求書にマイナンバーを記入することで戸籍や住民票が不要になります。

 

提出先は近くの年金事務所や年金相談センターです。郵送でも構いません。

 

ゆうちょでの受け取りは年金事務所で行うこと

年金の受け取りには「ゆうちょ銀行の窓口による受け取り」というものがあります。預貯金の口座を持っていない場合や、口座での受け取りが難しい事情がある人は「ねんきんダイヤル」や近くの年金事務所に相談しましょう。

 

年金受給日は毎月偶数月の15日

年金は年に6回に分けて支払われます。偶数月の15日が受給日です。支払い月にはその前月までの2ケ月分が支払われます。例えば、4月には、3月までの2ケ月分つまり2月と3月分が支払われます。

 

年金の受給日の15日が、土曜日、日曜日または祝日のときは、その直前の平日に支払われます。

 

年金の受け取り見込み額は「ねんきん定期便」でチェック!

自分は老後にいくら年金がもらえるのか気になりますね。毎年、誕生月に日本年金機構から「ねんきん定期便」が郵送されることになっています。「ねんきん定期便」では、50歳未満ではこれまでの加入実績に応じた年金額、50歳以上では老齢年金の年金見込額が分かります。

 

郵送ではなくネットで知ることもできます。「ねんきんネット」のユーザIDを取得すれば、電子版「ねんきん定期便」が利用できます。ダウンロードして管理できるなど便利です。

 

年金を受け取る口座を変更したいときは…

引越しして新しい住所の近くの金融機関に受取口座を変更したいときは、手続きして口座を変更することも可能です。

 

口座変更に必要なもの4つを準備する

年金の口座を変更するには、まず「年金受給権者 受取機関変更届」という用紙が必要です。記入しなければならない項目は、基礎年金番号、変更後の金融機関の名前と支店名、口座番号などです。それから、変更先の預金口座の証明を、変更先の金融機関で行ってもらいます。

 

口座変更するには、受取口座変更の用紙、基礎年金番号、変更後の口座、金融機関の証明の4つを準備しておきましょう。

 

口座変更窓口にて手続きを行う

「年金受給権者 受取機関変更届」の提出先は、近くの年金事務所か年金相談センターです。通帳を持参して年金事務所などの窓口で見せたり、通帳のコピーを書類に添付したりする場合は金融機関の証明はなくてもだいじょうぶです。

 

郵送での変更も可能

「年金受給権者 受取機関変更届」は窓口に持参しても郵送でも構いません。どちらにしても変更手続きに時間がかかるので、変更後の口座に入金があったことが確認できるまで、旧口座は解約しないようにしましょう。

 

最後に

 

 

日本の年金は20歳から保険料を納付し始め、65歳から老齢給付を受け始めるのが原則です。受給開始年齢を前後5年ずらすことは可能です。ただし「繰り上げ」では減額され、「繰り下げ」では増額されます。70歳まで繰り下げると約40%増やすこともできます。将来の受取額は「ねんきん定期便」が参考になります。

 

受け取りは2ケ月に1回、偶数月の15日に指定の口座に振り込まれます。口座の変更なども手続きすれば可能です。

 

具体的なイメージをつかめば「なんとなく心配」という気持ちも解消できます。老後に備えての情報収集をしておきましょう。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る