» プリベイド型クレジットカードって何?クレジットカードとの違いや特徴を解説のメインビジュアル  » プリベイド型クレジットカードって何?クレジットカードとの違いや特徴を解説のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.10.17

プリベイド型クレジットカードって何?クレジットカードとの違いや特徴を解説

 

 

クレジットカードは、すでに多くの方が持たれていますが、意外とプリペイド型のクレジットカードは知られていません。浪費癖のある方などが、使い過ぎを防止できるクレジットカードとして利用されている場合がほとんどです。

 

このプリペイド型のクレジットカードと普通のクレジットカードの違いや特徴についてご説明します。

 

プリペイド型クレジットカードの基礎基本

 

 

プリペイド型クレジットカードは、ご存知の方もいらっしゃいますが、お金を先に入金してから、その範囲内で使うことのできるクレジットカードのことを言います。電子マネーである交通系のSuicaや流通系のnanacoなどはクレジットカードとは言えませんが、似た存在と言えます。

 

最近では、交通系カードではクレジットカード一体型のカードも売り出されており、クレジットカード機能で自動チャージができるようになっているのです。いずれにしても先にお金を入れておくのがプリペイド型の特徴であり、基本です。さらに詳しく見てみることにしましょう。

 

プリペイド型クレジットカードとは?

プリペイド型クレジットカードは、一般にはプリペイドカードと呼ばれるもので、先にカードに入金(チャージ)してから使う形になるカードです。事前に入金しないと使えないため、審査はなく、口座振替などの登録もしなくても済みます。年頃のお子さんなどに小遣い程度をチャージして持たせても安心です。年会費なども必要とされません。

 

クレジットカードとの違いは「支払い方法」

通常のクレジットカードの場合には、お店やネットショップではカードを提示してサインしたり、会員番号と暗証番号を登録して使用し、その時点ではお金のやり取りはありません。

 

しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、商品を購入した時点でチャージされた金額から自動的に引き落としされる形になります。購入時点で引き落としされる点では、デビットカードと似た形態になります。

 

プリペイド型クレジットカードの使い方

プリペイド型クレジットカードは、通常のクレジットカードと同じように、商品を購入した時にカードを提示して、店側で端末機器で読み取り決済をします。ただ、通常のクレジットカードのようにサインをしたり、暗証番号を入力したりすることはありません。

 

プリペイド型クレジットカードの手数料

プリペイド型クレジットカードの場合には、実際の買い物の際の手数料は利用者側には一括払いと同じでかかってきませんが、年会費はかからないものの、発行手数料やチャージ手数料が必要になります。

 

発行手数料はクレジットカード会社や発行機関によって違うため、一概には言えませんが、通常、銀行の送金手数料程度(600円~700円程度)がかかります。また、チャージ手数料は通常200円程度ですが、カード会社によってはかからない場合があります。

 

3種類のプリペイド型クレジットカード

 

プリペイド型クレジットカードの場合には、主に3種類のカードが発行されています。

 

通常の電子マネー的に発行され、ほぼクレジットカードと同様に使うもの、ネットショップなどに限定されているもの、海外旅行などの際に利用できる国際ブランドカードでのプリペイドカードもあります。

 

①通常型

通常型のプリペイド型クレジットカードは、クレジットカード会社や交通機関などが発行している一体型カードで、クレジットカードの加盟店で使うことができます。また、ネットショップなどでも利用可能です。

 

クレジットカード会社の決済システムを使って、チャージされたカードから引き落とされます。

 

ネット専用型

ネット専用プリペイドカードは、amazonなどのネットショップ自身が発行したり、V-プリカのようにネット専用に発行されるカードになります。amazonの発行するカードの場合はamazonでの購入にしか使えませんが、V-プリカなどは、VISA加盟店であれば、どのネットショップでも使えます。

 

旅行用

旅行用のプリペイド型クレジットカードは、海外旅行などの際に、通常のクレジットカードでは盗まれるのが怖いという方向けに発行されるプリペイドカードです。VISAなどのトラベルプリペイドカードがあります。

 

通常のクレジットカードと同様にお店の買い物に使えるほか、旅行先の国のATMでその国の現地通貨で引き出すこともできるため、現金を持っていく必要がありません。

 

プリペイド型クレジットカードは、盗まれたとしてもチャージした金額の範囲内での被害で済みます。通常のクレジットカードであれば、限度額いっぱいまで不正利用される可能性もありますが、プリペイドカードであれば、被害の範囲は狭いといえるでしょう。また、スマートフォンなどでいつでも簡単に利用をロックすることができるため、盗まれても不正利用される可能性は低くなります。

 

さらに海外に行って、財布のひもが緩んで、買い過ぎるということも防げるでしょう。

 

プリペイド型クレジットカードの特徴

 

もう少し、プリペイド型クレジットカードの特徴について見てみることにします。プリペイド型クレジットカードの特徴としては、前払いであること、セキュリティが万全であること、チャージすることで何回でも使えること、通常のクレジットカードと同様にポイントを貯めることができるなどがあります。

 

前払い式

プリペイドという言葉通り、前払いで使うクレジットカードになります。決済機能としては同じですが、その決済に使われるお金は、ご自身が入金(チャージ)した金額から引き落とされるのです。通常のクレジットカードの場合には、カード会社が代払いして、後から銀行などから引き落とす形になります。

 

万全なセキュリティ

プリペイド型クレジットカードのセキュリティは、通常のクレジットカードよりも万全です。

 

通常のクレジットカードの場合には、カードは盗まれていなくてもカード番号と暗証番号が盗まれれば、容易に不正利用が行われ、基本的には限度額いっぱいまで使われるか、知らない間に少しづつ使われることになります。

 

しかも、気がつくのはクレジットカード会社から利用明細書が送られてきて初めて気づくことが多く、請求を止めることはできません。

 

しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、盗まれたとしてもチャージした金額以上は使われることはありません。気がついた段階でパソコンやスマートフォンから簡単に利用にロックをかけたり、また、アンロックしたりすることができるのです。

 

チャージ機能で繰り返し使用可

プリペイド型クレジットカードの場合には、一度チャージした金額を使い切っても、すぐにパソコンやスマートフォンでチャージをすることができ、繰り返し使うことが可能です。

 

昔のプリペイドカードはテレフォンカードのように使い切り型が多かったのですが、現在では何度でも使うことができるようになっています。そのため、毎月1ヵ月分の使用限度をご自身で決めてチャージするという家計の予算管理もし易くなっているのです。

 

利用金額に応じてポイントが貯まる

プリペイド型クレジットカードは、通常のクレジットカードと同じようにポイントを貯めることができます。ポイントの還元率は発行会社によって違っていますので、還元率の良いプリペイド型クレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

 

すごい!プリペイド型クレジットカードのメリット

 

プリペイド型クレジットカードの特徴を活かしたメリットはいくつもあります。資金管理面、審査がいらない点、そのため即日で発行ができる点、旅行先で使えるなどさまざまです。

 

①資金管理がしやすい

やはり、プリペイド型クレジットカードのメリットとして大きいのは、チャージできる金額がご自身で決められるため、家計の資金管理がしやすい点にあります。

 

通常のクレジットカードであれば、簡単に使えるため、つい浪費してしまいがちになります。しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、チャージ額を越えて使うことができないため、無駄に使うことはできないのです。

 

②審査不要、未成年でも利用可能

プリペイド型クレジットカードの場合には、審査がありませんので、ご家族、特に未成年のお子さんなどに持たせることも可能です。お小遣いとして、或いは仕送りとして毎月定額をチャージすることにより、お子さんはその範囲内で自由に使うことができますが、それ以上には使えません。

 

③旅行先でも使用できる

ブランドカードの付いたプリペイド型クレジットカードの場合には、海外旅行などの際に大きなメリットがあります。セキュリティも万全であるため、治安の悪い国に行っても不安は少ないのです。

 

海外でも使用可能

海外旅行などで使用する際には、買い物だけでなく、現地通貨をATMで引き出すことができるため、キャッシュレスの状態で海外旅行に出かけられます。

 

国内や空港内の両替所で事前に通過交換しますと、手数料がかかってきますが、プリペイド型クレジットカードの場合には、一切手数料はかからないのです。窓口で待つこともありません。

 

即日発行ができる

プリペイド型クレジットカードの場合には、審査がありませんので、申請すれば、即日でカードを発行してくれます。従って、通常のクレジットカードのように何日もカードが送られてくるのを待つということはなく、チャージすればその日でも使うことができるのです。

 

プリペイド型クレジットカードのデメリット

 

便利に使えるプリペイド型クレジットカードですが、デメリットがないわけではありません。通常のクレジットカードにはない手数料がかかったり、分割払いやリボ払いができない、公共料金のような定期的な支払には利用できないなどのデメリットもあるのです。

 

手数料が高い

通常のクレジットカードであれば、カードを申込んだ際には一切費用はかかりませんし、一括払いであれば、手数料はかかりません。しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、発行手数料がかかってきますし、毎回チャージをする際にもチャージ手数料がかかってくるのです。

 

従って、通常のクレジットカードよりも手数料が余分にかかると言えます。

 

分割払いができない

プリペイド型クレジットカードの場合には、当然ですが、分割払いやリボ払いというものは使えません。そのために、分割手数料はかかりませんが、大きな買い物をする際には利用が難しいと言えます。

 

定期的な支払いや引き落としはできない

通常のクレジットカードの場合には、公共料金や携帯電話の料金をカード払いにすることができ、それによってポイントも付いてきます。しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、それらの支払をカードで行うことはできません。

 

従って、ポイントが貯まるのは、買い物をしたり、チャージをした場合に限られ、ポイントの貯まり具合は通常のクレジットカードよりも遅くなります。

 

デビットカード、電子マネーとの違いは?

 

最近はほとんどの銀行がデビットカードを発行しており、特にネット銀行などは熱心です。また、交通機関系のSuicaや流通系のnanacoなどの電子マネーが発行されており、これらについても、ほぼプリペイド型クレジットカードと似たような構造になっています。

 

これらとプリペイド型クレジットカードとはどう違うのかについて見てみることにします。

 

プリペイド型とデビットカードの違い

プリペイド型クレジットカードとデビットカードは、お店などの買い物にクレジットカードと同様に使える点では似ています。しかも、買い物時点ですでにお金は引き落としがされる点までは同じです。デビットカードも審査がなく、本人確認さえできれば、すぐに発行してもらえる点も似ています。しかし、決定的に違うのは引き落としをされる方法です。

 

引き落とし方法が異なる

どちらもまずクレジットカード会社に取引情報がきて、加盟店にカード会社から支払が行われるのは同じですが、実際にお金が引き落とされるところが決定的に違うのです。

 

すなわち、デビットカードの場合には、銀行のご自身の口座から引き落とされます。従って、口座に入っている預金量が使用の限度となります。

 

それに対して、プリペイド型クレジットカードの場合には、チャージしたカードそのものから引き落とされます。従って、チャージしていなければ利用することはできないのです。

 

電子マネーとの違い

最近はやりの電子マネーとはどう違うのでしょう。

 

昔のプリペイドカードはテレフォンカードのように使い捨てでしたので、何度でもチャージできる電子マネーとは明らかに違いました。しかし、最近のプリペイドカード型クレジットカードの場合には、電子マネーと同様に何度でもチャージできるようになっており、境い目はあいまいになりつつあります。

 

管理方法が異なる

プリペイド型クレジットカードと電子マネーの違いは、決済の管理方法に違いがあるのです。すなわち、電子マネーではチャージやその引き落としはすべてカード内にあるICチップによって管理されています。

 

しかし、プリペイド型クレジットカードの場合には、カード会社内のサーバーがチャージ金額や引き落としを管理しているのです。

 

従って、電子マネーは非接触型のカードが中心ですが、プリペイド型クレジットカードの場合には、クレジットカード会社の決済端末に通す必要があります。お店の決済端末機器を通してクレジットカード会社と回線で通してから出ないと、決済ができないのです。

 

クレジットカードにもICチップが入っていますが、このICチップにはセキュリティのため、顧客情報などしか入っていないのです。

 

プリペイド型クレジットカードならこれ!おすすめのカード3選

 

プリペイド型クレジットカードにもそれぞれの発行会社によって、特徴があります。それらの特徴を知った上で選ぶ必要があります。代表的なプリペイド型クレジットカードをご紹介します。

 

三井住友VISAプリペイド

三井住友VISAカードが出しているプリペイド型クレジットカードは、VISAカードというブランドだけに海外旅行などに強い特徴があります。海外でのサービスも充実していますし、ポイントも通常のクレジットカードと同様に貯まります。

 

【参考】https://www.smbc-card.com/prepaid/merit/index.jsp

 

ANA VISAプリペイドカード

航空会社であるANAのVISAプリペイドカードも、海外での使用に強いとともに、マイルが貯まるため、海外出張や国内出張で航空機を使用される頻度の高い方にはおすすめのカードです。

 

【参考】https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/ana-prepaidcard/

 

dカードプリペイド

dカードのdカードプリペイドは、ドコモが発行しているプリペイド型クレジットカードです。これまでのように、ドコモの携帯電話を持っている方に限らず、誰でも持つことができるようになっています。

 

マクドナルドなどで使えば、ポイントが1%の還元率で付いてくるほか、ローソンでは3%割引を受けられ、マツモトキヨシや高島屋では2.5%のポイント還元を受けられるなど、特典が多いのが特徴です。

 

【参考】https://d-card.jp/prepaid/

 

最後に

 

プリペイド型クレジットカードは、最近はやりの電子マネーと同様に事前にチャージして使うカードです。審査はなく、セキュリティも万全で、浪費癖のある方などには使い過ぎにならないクレジットカードとして人気です。

 

また、海外などでもクレジットカードと同様に使える上、現地通貨をATMで引き出しても手数料がかかりませんし、盗まれた場合もスマートフォンですぐにロックをかけられるなど、便利に使えるカードです。

 

公共料金や携帯料金のカード払いができない点や、分割払いができないなどの欠点はありますが、うまく使うことで健全な消費生活を送ることができる。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る