転職中、専業主婦、学生など様々な理由で職についていない、いわゆる『無職』の状態の方は沢山いるかと思います。せっかく職に縛られていない状況なのですから、これを機会に旅行やレジャーなど普段できない事を思いっきり楽しみたいですよね。


普段の生活を充実させるには、『クレジットカード』があった方が便利ですが、クレジットカードは無職の状態だと審査を通過しにくいです。そこで、無職でもクレジットカードを作る方法と、審査基準、その対処方法について解説します。

目次

無職でもクレジットカードを作れる場合、作れない場合がある

クレジットカードに申し込むと最初に、年齢、勤続年数、職種、勤務先の規模、年収、家族構成、居住年数、居住形態など申告内容に沿って『スコアリング審査』が行われます。

スコアリング審査では、勤務先関連の情報と年収がとても重要視され、『職がない』という状態は審査の合格・不合格に大きく影響しますが、それでも審査に通過するケースは少なからずあります。

無職の状態でもクレジットカードを作れるケース、作れないケースについて確認しましょう。

無職でもクレジットカードを作れるケース

「無職だったけどクレジットカードが作れた!」と言う人に多い共通点として、『扶養してくれる家族がいる場合』と『資産がある場合』の2つのケースがあげられます。

扶養してくれる家族がいる

専業主婦の方は旦那さんの扶養に入っていると思います。カード会社は『扶養してくれる家族がいて同居しているなら、いざと言うときは扶養者が支払いをしてくれるだろう』と考え、審査に通してくれる場合があります。
申し込みのときに家族構成の項目はキチンと申告するといいでしょう。


潤沢な預貯金や資産がある

幅広い働き方がある現在、若いうちに巨額の資産を作る事が出来たので仕事を辞めて『アーリーリタイヤ』をした方も要るでしょう。そんな成功者も現在の職業は何かというと無職という位置づけになります。

ただし、潤沢な預貯金や資産があればクレジットカード会社は資産についても考慮してくれるのです。潤沢な預貯金や資産がある方は、無職の状態でも審査に通る事があります。

無職でクレジットカードを作れないケース

今度は無職の方でクレジットカードが作れないケースについて見ていきましょう。クレジットカードが作れない場合のケースとして、「信用情報」や「住所不明」と言ったケースがあります。


信用情報に傷がある(ブラックリスト)

過去、金融機関とのローン契約や、クレジットカード、キャッシングの返済を延滞した事がある方は信用情報機関に傷が付いている場合あります。概ね3か月以上の延滞が続くと、いわゆる『ブラックリストに載った』と言われる状態になっており、クレジットカード審査において大きなマイナスです。

さらに無職の状態で返済できるか極めて怪しいので、クレジットカード会社の審査結果も悪くなり、審査落ちの可能性が高まります。

住所が特定できない

クレジットカード会社はクレジットカードを発行するとき、必ず居住地の住所を確認します。カード郵送の際、転送不要郵便などで送りますので、住所が特定できないときはカードを発行する事が出来ません。

引っ越しを行っていて、本人確認書類の住所と現住所が違う方は気を付けましょう。

無職の場合クレジットカードの審査はどのように行われる?


無職の場合、クレジットカードの審査はどの様に行われるのでしょうか。クレジットカードの審査は基本的な審査の他に、信用情報機関、クレヒス、資産のチェックが行われます。

無職の場合のクレジットカード審査はどのように行われるか、解説します。

信用情報機関で本人情報が照会される

審査では申し込んだときの入力情報を点数化し審査を行った後、信用情報機関に登録されているあなたの情報を確認します。

信用情報機関にはクレジットカード、キャッシング、カードローン等の『金融機関とあなたが結んだ契約状況』や『支払い状況』の記録があり、記録に問題がないか審査されるわけです。

借金まみれだとクレジットカードの審査において大きなマイナスの影響を与えます。

無職でもクレヒスに問題なければ審査に通ることも

クレヒスとは『クレジットヒストリー』の略で、クレジットカードやキャッシング等、金融機関との支払・利用実績のことを指します。このクレジットヒストリーに重大な問題を起こしたと記録されている方は『ブラックリストに載っている』ともいわれます。


無職であってもクレジットヒストリーに問題が無ければ、資産等の状況次第で審査に通る事はありますが、逆にブラックと呼ばれるような深刻な状態にある方は審査に通らなくなります。


普段からクレヒスは汚さないように気を付けましょう。

資産や預貯金が潤沢であれば審査に通る可能性が高い

クレジットカードの審査は年収、勤務先情報等様々な情報を申告し、申告内容をカード会社が点数化して総合的に判断を行います。

無職であると年収等の点数が悪くなるため審査に落ちやすくはなりますが、資産や預貯金があれば貸し倒れリスクが低くなるとカード会社はみなし、審査に通る可能性が高くなります。

自己所有マンションや不動産がある、直ぐに売れる金融資産があるなどの方は審査に通るかもしれません。

クレジットカードの利用期間中に無職になった場合の対処方法

クレジットカードを利用中に、退職や解雇などで無職になる事もあるかと思います。クレジットカードの利用期間中に無職になった場合の対処方法について解説します。

退職して無職になった場合について

退職した場合、必ずカード会社に連絡して、『会社を退職したこと』を伝えてください。勤務先を退職した連絡は、クレジットカードの会員ページやコールセンターで承っています。忘れずに連絡しましょう。

無職になったことをクレジットカード会社に報告しなかったら?

クレジットカードを作るときに同意しなければいけない規約(ルール)には、必ず『届出事項の変更』についてのルールが定められています。届け出事項に変更が生じた場合は、遅延なくクレジットカード会社に報告する義務があるので、必ず報告しましょう。


意図的に報告を怠ったりすると、カード会社に退職した事が把握されたとき、強制解約などの罰則を受ける場合があります。

クレジットカードの更新時に審査に通らない可能性がある

退職して無職になったとしても、すぐにクレジットカードが停止するわけでは有りません。ショッピング枠やキャッシング枠など使える枠が減る事はありますが、延滞等をしていなければ基本的にそのまま使い続ける事が出来ます。

むしろ、クレジットカードの利用停止を恐れて退職を伝えなかった場合、クレジットカード更新時にバレて審査落ちする場合があるのです。退職した場合は正直にカード会社に伝えましょう。

無職でも収入がある場合のクレジットカードの申し込み方法

働き方が多様化している現在、収入源も多様化しています。無職で給料をもらっているわけではないが、収入がある場合のクレジットカードの申し込み方法を解説します。

不動産収入がある人

親から引き継いだ不動産があり、不動産収入で働く必要がない方も要るでしょう。そんな方は、職業を自営業・自由業などにして申し込むようにしてください。
カード会社によっては迷わないように『不動産収入がある人も含む』と記述がある場合もあります。正しい申告をしましょう。

アフィリエイトや転売による収入がある人

アフェリエイト、転売は上手く行えばサラリーマン並みの収入を稼ぐ職業です。収入があるのですから、正確には『無職』とは呼べない状態でしょう。
この場合も自営業・自由業と職業選択欄に入力すると、審査結果が変わってきます。

株式投資やFXで収入がある専業トレーダーの人

株式投資、FXで巨額のお金を稼いでいるという方も増えてきました。そんな人も、自営業・自由業として申し込みを行ってください。
稼いでいる金額を証明するために、納税証明書などが用意出来れば、なお信頼度は増していきます。

学生や主婦など無職でも作りやすいクレジットカード

クレジットカードの審査は各社ごとに違い、学生や主婦等無職の方でも作りやすいカードは数多くあります。
インターネットの口コミなどから、無職の方でも比較的審査に通してくれるオススメクレジットカードを紹介します。

楽天カード

インターネットショッピングモール運営の大手となる楽天ですか、クレジットカード会社の楽天カードも人気です。『新規入会の際、楽天ポイントがもらえるキャンペーン』を行っていたり、買い物のたびに楽天ポイントが貯まり、楽天市場での支払に利用できたりと使いやすいカードになっています。

楽天カードは手軽な普段使いに向いたカードとされ、学生、主婦など無職の方でも審査に通りやすいカードです。

参考:https://www.rakuten-card.co.jp/

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードはポータルサイト運営のYahooが提供するクレジットカードです。新規入会をしたときにTポイントがもらえるキャンペーンが用意されていて、お得に使う事が出来ます。

こちらも敷居は低いクレジットカードになりますので、主婦・学生でも審査に通る可能性があるカードです。

参考:https://card.yahoo.co.jp/

イオンカード

イオンカードは大型ショッピングモール運営のイオンが作るクレジットカードです。イオンの客層は主婦層が多いので、『専業主婦で無職』といった方も作りやすくなっています。

入会時にポイントを貰えるキャンペーンはもちろん、ポイントを電子マネーWAONに交換することもできます。

参考:http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/aeoncardwaon.html

ACマスターカード

ACマスターカードは消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。大きな金額のキャッシング機能を付けるには総量規制の関係で無職の方の場合難しくなりますが、ACマスターカードは『キャッシング機能なし』で申し込むことも可能です。

消費者金融のクレジットカードになるため、審査が比較的甘く、主婦、学生など無職の方でも作りやすいクレジットカードになっています。

無職が原因でクレジットカードを作れない人におすすめの解決策



普段の買い物は現金払いにするとしても、インターネットが発達してきた現在、『クレジットカード支払い以外に対応していない』場面も増えてきましたね。

特に海外旅行をするときは、ホテルにチェックインする際にクレジットカードを求められる事も多いですし、現金払いをする人も少ないのでクレジットカードを使う場面はどうしても出てきます。

一方で、無職の人はクレジットカードを作る際に、審査に苦戦を強いられがちです。無職が原因でクレジットカードを作れないけど、クレジットカードを作りたい方に向けて、おすすめの解決策をお教えします。

無職でも作れるデビットカード

デビットカードとは預金口座と紐づけられた決済用カードの事を言います。カードを使うと、リアルタイムで代金の引き落としが行われるので、使いすぎ防止にもなり一石二鳥です。

預金口座の残高以上のお金を使う事は出来ませんし、分割払いやリボ払いも出来ませんが、代わりに審査が無く誰でも作る事が可能です。

無職でも作れるプリペイドカード

プリペイドカードとは予めコンビニなどで現金を入金しておいて、決済に使うカードです。使うために現金チャージが必要ですが、インターネットの決済などで安全な取引が出来るため根強い人気があります。
先払い方式になるため審査は勿論なく、無職の方でも作る事が可能です。

無職でも作れる家族カード

専業主婦の方は旦那さんの扶養に入っている方が多いと思います。そんな方が作れるのが家族カードです。

旦那さんの作っているカードに、家族が使える子カードを追加していく形式のクレジットカードが『家族カード』と呼ばれ、支払いは親カードに請求が行きます。
審査を受けるのは親カードの持ち主になるため、主婦の方、大学生の子どもなど、職業についていなくても誰でも利用する事が可能です。

無職でもクレジットカードを作るために虚偽の申し込みをするのはNG

 

無職だからといって、「職業を偽る」というのはNGです。虚偽の申し込みをした場合における問題点を見ていきましょう。

嘘の申告をした会社に在籍確認されることがある

クレジットカードを作るときに勤務先に電話をして在籍しているか確認する、『在籍確認』を行う場合があります。在籍確認が行われて、その会社に所属していない事が判明すると、嘘の申告をしたことがバレてしまい審査落ちになってしまうでしょう。


以前の勤め先を辞めて無職になったときなど、「審査に不利なので以前の勤め先を登録しようかな?」と思うかもしれませんが、在籍確認が行われるとバレますし、前の職場の人に迷惑がかかります。


カード会社に『虚偽の申告をする問題客』として社内データに記録され、今後そのカード会社が利用できなくなるかもしれません。

申し込み内容に嘘が発覚すると信用情報に傷がつく

申込内容に嘘が発覚すると、カード会社からクレジットカードの強制解約を受ける場合があります。強制解約を受けた場合、信用情報が傷つき、今後そのクレジットカード会社でクレジットカードを作る事が出来ません。

滞納していると更に信用情報が傷つき、『ブラックリストに載った状態』になってしまい、数年間クレジットカードやローン等が組めなくなることもあります。虚偽申請を行うのは絶対にやめましょう。

無職の人でも条件によってはクレジットカードを持つことが可能!

『無職でクレジットカードを持つことが出来るか?』について解説してきました。
無職でクレジットカードを持つことは可能で、

扶養してくれる家族がいる
預貯金など潤沢な資産を持っている
信用情報が汚れていない、クレヒスに問題がない
といった方であれば、無職であってもクレジットカードを作る事が出来る可能性はあるでしょう。

逆に
信用情報機関に傷がある
住所が特定できない

とマイナス要因を抱えている方はクレジットカードを作る事が難しくなります。審査がない『デビットカード』『プリペイドカード』『家族カード』を検討してみましょう。

「無職だと審査に通らない」からと言って、勤務先の虚偽申告はトラブルになりますので、絶対に行わないようにしてください。適切な利用を心がけましょう。