こんにちは。
東京都内でワンルームマンション投資をしている、
個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

「ペイペイで買ったら必ず20%キャッシュバックになる」
「40人に1人は全額キャッシュバックになる」

2018年末に話題になったPayPayのキャッシュバックキャンペーン、
記憶に新しいですね。

期間限定のキャンペーンとはいえ、
預金金利の0.001%や、ポイントカード、クレジットカードのポイント還元率の1%前後と比較すると、20%という非常に高い還元率で、
PayPayの登録者数はあっという間に400万人を超えました。

このPayPayキャンペーンの第二弾が、2019年2月にスタートします。
※内容は第一弾と異なります

PayPayに限らず、スマホ決済とはどのようなものなのでしょうか?
利用した方がお得なのでしょうか?

スマホ決済は今が一番お得

PayPayで話題になったスマホ決済ですが、
他にもLINE pay、楽天ペイ、Apple Payなど複数の決済サービスがあります。

日本人は現金の利用率が他の先進国と比較して非常に高いですが、
最近になってクレジットカード、カード型電子マネー、デビットカードなどの利用が増え、
キャッシュレス化が進んでいます。
そして最近登場したのが、現金もカードも要らない【スマホ決済】です。

スマホのオンライン環境を利用して、
予め登録したクレジットカードで決済をしたり、
予め登録した銀行口座からお金をチャージして決済します。

店舗のレジでスマホをかざしたり、
バーコードやQRコードを読み取るだけで支払いが完了します。

スマホ決済に興味がある人は、
今すぐ利用してみるのが一番お得です。

なぜなら、昨年末に話題になったPaypayのキャンペーンをはじめ、
多くの業者が普及させるためのキャンペーンをしているからです。

自分が普段利用する店舗やサービスで、
スマホ決済ができるところを探してみることをお勧めします。

例えば、
コンビニのファミリーマートは、PayPayが利用できる店舗です。
コンビニでスマホ決済のキャッシュバックキャンペーンを受けられるのは大変魅力的です。

例えば、
ディズニーリゾートのワンデーパスポート。
ファミリーマートのファミポートという端末で購入することができます。
ファミポートでレシートを発券し、
レジでPayPayで支払うと、キャッシュバックが受けられるのです。

割引ではなく、キャッシュバックなので、
今後PayPayを利用するときに使えるお金として還元されるという制限はありますが、ディズニーランドのチケット購入でもキャッシュバックされるのはお得ですね。

昨年PayPayのキャンペーンが話題になったときは、タブレット端末や大型家電などの高額商品の購入の利用がお得と言われていましたが、第二弾のキャンペーンは、キャッシュバックの上限額が第一弾に比べ低く設定されています。

そのため高額の買物よりも、日常的な買物に適しています。

コンビニでキャッシュバックを受けられると、ディズニーランドのチケットや、
お酒やたばこなど、通常割引して販売されないものもキャッシュバックの対象になるので、いつも定価で買っているものをお得に購入するのに活用することもお勧めです。

利用者を増やし、スマホ決済を普及させるためのキャンペーンですから、初期の方がキャンペーンの内容も充実します。
また、還元率の高いキャッシュバックは、やはり資金力のある大手の業者にできることなので、
それも踏まえて【キャンペーンの内容】【大手】の中から探して登録してみるとよいと思います。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

スマホ決済のメリットは【時短】と【お財布いらず】

高額キャッシュバックのキャンペーンが魅力的なスマホ決済ですが、
キャンペーン期間外でも利用するのにメリットはあるのでしょうか?

スマホ決済には、いくつかメリットがありますが、
やはり手間がかからないのが最大のメリットです。

具体的には、【時短】になります。
SuicaやEdyなどの電子マネーとの大きな違いは、チャージの手間がかからず時短になることです。

このような経験はありませんか?
Suicaの残高が少なくなって券売機に現金を入れてチャージする。
チャージに時間がかかり電車を一本逃してしまう。

スマホ決済の場合、
スマホアプリを利用していつでもどこでもチャージが可能です。
券売機やチャージ機を探す必要も、並ぶ必要もありません。
そのため、余計な時間がかからないのです。

時短に加え、【お財布いらず】で外出できるようになります。
スマホでチャージできれば現金を持ち歩く必要はありません。
クレジットカードや電子マネーのようにカードもないので、
それらを収納するお財布がいらなくなるのです。

お財布がいらなければ、お財布を落としたり盗まれたりする心配もありません。
「ちょっと近所のコンビニへ」という程度であればスマホさえ持っていれば何も不便はありません。
将来は、旅行など遠出をするときもお財布の要らない世の中になるかもしれませんね。

スマホは顔認証やパスワードロックをかけておけば、
紛失しても本人以外が悪用する可能性は極めて低いので、
セキュリティ面でもお財布を持ち歩くより安心です。

スマホ決済のデメリットは【充電切れ】【ネット環境】

お得でメリットの多いスマホ決済ですが、
当然デメリットもあります。

初歩的な話ですが、今まで以上に【充電切れ】に注意する必要があります。
スマホが使えないとスマホ決済はできません。
つまり、充電切れになるのは一文無しになるのと同じような状態ということです。

また、常に充電がある状態に管理できていても、
【ネット環境】がなければ意味がありません。
通信障害などでインターネットに接続できなくなってしまっては
スマホ決済は利用できないのです。

このようなイレギュラーに備えて、

・遠出するときはお財布を持ち歩く
・近場でも、スマホ以外にクレジットカードや電子マネーを一枚持ち歩く
・モバイルバッテリーを携帯する
・モバイルWiFiを携帯する

などの対策が今は必要です。
将来、さらに便利になることを期待したいですね。

利用するなら早い方が◎

スマホ決済のメリット、デメリットを踏まえ、利用するのであればやはり早い方が良いです。

今は各社が競ってキャンペーンを打ち出しているので、このタイミングで利用し始め、キャンペーンのメリットを受けながらスマホ決済の便利さを体験するのがおすすめです。

ちなみに、スマホ決済に限らずこのような新しいサービスが始まるときは、
サービスを利用するのも良いことですが、そのサービスの運営会社に投資をする、つまり株を買うのも非常におもしろいです。

ちなみにスマホ決済の事業は現在どこも赤字です。
理由は、高額なキャッシュバックキャンペーンにたくさんのお金を使っているからです。
この赤字を、将来への投資とポジティブに捉える人は、株式投資に向いているかもしれません。

新しいサービスだし、赤字の会社に投資をするのは気が進まない。
という保守的な考えの人は、
ユーザーとしてキャッシュバックキャンペーンのメリットだけをしっかり享受するのが確実です。

まずは、
どんなお店でスマホ決済が利用できるのか、
普段利用している店舗がスマホ決済に対応しているかみてみましょう!

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓