中国では11月11日を独身の日とし、インターネット上で大規模なセールが実施されます。しかし、独身の日のセールは古くからある風習ではありません。2009年から始まった比較的新しいイベントなのです。独身の日の由来と日本に与える影響についてまとめました。

そもそも独身の日ってなに?

「1」という数字は棒に見えますよね。11月11日は光った棒が並んでいるイメージです。そのため、いつの頃からか中国では11月11日は光棍節(こうこんせつ、光った棍棒の日の意味)と呼ぶようになりました。

光棍には独身者という意味もあるため、11月11日は独身者の日とも呼ばれています。近年では、11月11日に独身者が集まってパーティーをしたり、結婚相手を探したりすることも珍しくなくなりました。

2009年にアリババが開催

中国Eコマースの最大手であるアリババグループが運営するECサイト、「天猫(T-mall)」では、2009年から、「デートに行けない人たちは買い物をしよう」というコンセプトで11月11日に光棍節セールをスタートさせました。11月11日の24時間は価格が驚くほど下がるため、光棍節を祝う方も光棍説とは無関係な方も、皆セールに夢中になったのです。

それ以降、中国の各ECサイトが11月11日に光棍節セールを大々的に行うようになりました。現在では、11月11日は独身の日というよりも、インターネットショッピングがお得な日として人々に認識されています。

日本でも独身の日が存在する!

大手スーパーであるイオンでは、11月11日はポイントが11倍になったり、特定の商品が1万1,111円になったりと、「1」に絡めたセールやキャンペーンを実施しています。日本では、11月11日は独身の日と言う本来の由来に関係なく、単に「1」が揃う日、スーパーなどでセールを開催する日として認識されつつあるのです。

独身の日に大活躍する中国を代表するECサイトとは?

以下のECサイトでは、大規模な独身の日(光棍節)セールを実施しています。海外発送を実施している業者も多数ありますので、11月11日にネットショッピングをしてみるのはいかがでしょうか。送料を差し引いてもお得な掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

天猫(T-mall)

光棍節セールを始めた中国最大のアリババが運営するECサイト、天猫。2016年時点では中国のインターネットショッピングにおけるシェア率は2位を大きく引き離して1位(約60%)。

Amazonや楽天市場のように、出店側から出店料を集めて消費者との間に仲介するビジネススタイルが特徴です。売れている商品は家電やスマホ、アパレルなど。海外製品を扱っている『天猫国際』もあり、日本製品も同サイトで人気を集めています。

京東(ジンドン)

自社で商品を仕入れて直接販売するビジネススタイルが特徴のECサイト、京東。仲介手数料が入らない分、お得な価格設定になっている商品も少なくありません。中国では天猫に次ぐシェアを誇っています。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

中国の独身の日には日本が大活躍!?

中国では一大イベントとなっている独身の日ですが、実は日本も無関係ではないのです。独身の日セールの発案者でもある天猫では、独身の日1日だけでも莫大な数の日本商品が売れるため、日本のメーカーにとっては1年の中でも有数の売上高が期待できる日でもあるからです。

なぜ中国のECサイトでこんなに日本製品が売れているの?

中国人観光客がスーパーやドラッグストア、デパートなどで日本製の商品を大量に購入する「爆買い」が話題になりましたが、爆買いは日本国内だけでなくインターネットショッピングを通じて中国本土でも実施されています。中国人消費者の日本製品に対する関心は、ますます高まっていると言えるでしょう。

また、日本企業が直接独身の日セールに参戦するケースも増えてきました。2018年に公表されたJETROによる『中国の消費者の日本製品等意識調査』では、日本製品を納入する理由として『中国の店頭では売っていない商品があるから』を挙げている企業がもっとも多かったのです。このことからも、中国にない商品を見つけては輸出したりインターネットで販売したりする日本企業が多いことがうかがえます。

出典:JETRO『中国の消費者の日本製品等意識調査』

独身の日で反響が大きかった日本企業とは?

実際に2017年の「天猫国際」に出店した海外企業の中で、最も企業数が多かったのは日本です。実際に大きな反響を得た日本企業をいくつか紹介します。

花王

日本企業の中でトップの売り上げを記録したのは、日常生活の消耗品や化粧品を販売する日本有数のメーカー「花王」でした。実際に花王の商品は中国人観光客にも好まれており、おむつやメイク落としシート、衣料用洗剤、口紅などさまざまな商品を爆買いする光景もよく見かけます。

ユニクロ

日本を代表するカジュアル衣料メーカーの「ユニクロ」も、独身の日セールで大きな反響を得た企業です。2017年のブランド売上の総合ランキングでは日本で唯一トップテン入りし、総合6位の売り上げをたたき出しました。また、天猫の女性服部門では1位を獲得。

ニューリテール政策というアリババの創業者が提唱した戦略を実行し、実店舗で受け取る場合はおよそ170円を値引きすること、サイズ交換や返品にも応じるといったオンラインとオフラインの融合が成功したことも、勝因の1つと言えるでしょう。

グリコ(ポッキー)

10年以上も前から韓国では、11月11日は「ペペロの日」として知られていました。ペペロとは、グリコのポッキーに似たチョコレート掛けのスティック状の焼き菓子で、ポッキーと同様、大抵のコンビニやスーパーで販売されています。

「1」という数字がペペロに似ているため、「1」が並ぶ11月11日は友人や家族にペペロを贈り合う・・・ということが「ペペロの日」のおおよその趣旨です。バレンタインデーはチョコレートを贈り合いますが、ペペロの日はペペロを贈り合うのが特に若い世代を中心に新しい習慣として定着しているのです。

日本でも、ペペロの日をまねて、11月11日を「ポッキー&プリッツの日」として宣伝を開始し、2016年から中国の独身の日セールにも参加するようになりました。元々独身の日は「1」を細長い棒に見立てたことが由来ですから、同じく細長い棒に見立てた「ポッキー&プリッツの日」は中国人にも受け入れやすかったのでしょう。

MTG

美顔器『ReFa(リファ)』で人気のMTGも、独身の日セールで活躍したメーカーです。2017年のセールでは、数ある日本製品の中から最も人気を集めた日本製品としても話題になりました。

ドクターシーラボ

通販化粧品として知名度を上げていた「ドクターシーラボ」は、近年、ショッピングモールやデパート内に実店舗を構えるようになり、日本国内でも勢いを増している化粧品メーカーの1つです。2018年の独身の日セールでは、開始から11分で昨年の売上を超え、化粧品部門の売上ランキングで第1位を記録しました。

ユニ・チャーム

2018年の独身の日セールにてトイレタリー部門第1位に輝いたのが衛生用品メーカーの「ユニ・チャーム」です。毎年人気が高い日本企業の1つでもあります。

資生堂

世界的にも知名度の高い化粧品メーカーの「資生堂」。2018年の独身の日セールにてボディケアとヘアケアの2部門で2位を獲得しています。資生堂の店舗は中国国内のデパートにも入っていますが、扱っている商品がフェイスケアやメイクアップ商品に偏っているため、ボディケアやヘアケア商品をネットで購入する人が多いようです。

「独身の日」ブームはヨーロッパにも?

2016年、スイス国内大手のネット通販会社「Digitec Galaxus」が独身の日セールを導入しました。とはいえ、中国のような大規模なセールではなく、セール対象商品を購入すると11点の商品が大幅値引きされるというささやかなセールでした。

今後、独身の日に対するスイス国内の認知度が高まることで、セールの規模も大きくなることが予想されます。実際に、2017年以降はDigitec Galaxus以外のサイトや小売店でも、独身の日セールを実施するようになっています。

2019年11月11日は世界中が『独身の日』になるかも?

2009年に天猫から始まった独身の日セールも、2019年には11回目を迎えます。11回目の11月11日のイベントとして、今まで以上に盛り上がるのではと予想されています。天猫はAmazonよりも高い売り上げを誇る世界一のサイトですから、独身の日セールは単に「中国国内のイベント」ではなく「世界経済を大きく左右するイベント」なのです。

もちろん、天猫に多数のメーカーが参加している日本も、独身の日セールと無関係ではありません。近い将来、独身の日セールが日本国内に広がるかもしれませんね。