こんにちは。

東京都内でワンルームマンション投資をしている、

個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

スマホの通信料を大幅に下げることのできる【格安SIM】

初めて大手キャリアから格安SIMに乗り換えをした時は、毎月の通信料の安さに感動したことを覚えています。

ところが今年、大手キャリアから非常にお得な新料金プランが発表されました。

 

「格安SIMから大手キャリアに戻す」

「大手キャリアから大手キャリアの新料金プランに見直す」

 

皆さんはもう検討しましたか?

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

月2,480円~大手キャリアが使える

大手キャリアとは、

・NTTドコモ

・ソフトバンク

・au

の3社のことを指します。

菅総理大臣が就任されてすぐに、

「大手キャリアの通信料は値下げの余地がある」とスマホの通信料金の改革を打ち出しましたが、実際に各社の新料金プランが発表されました。

正直驚きました。

早速その内容を見てみましょう。

※詳細は各社ホームページでご確認ください

 

NTTドコモ

ahamo(アハモ)という名前の新料金プランは、月額料金2,980円でデータ容量20GB、4G、5G回線が利用できます。

通話料金は1回5分以内の国内通話は何度でも無料。

月額料金に1,000円プラスすると、時間制限なしのかけ放題になります。

以前は大手キャリアに多かった、「2年縛り」などと言われていた契約期間の定めはなく、いつでも解約でき、違約金もかかりません。

契約事務手数料、MNP転出手数料も無料です。

 

ソフトバンク

LINEMO(ラインモ)という名前の新料金プランは、

月額料金2,480円でデータ容量20GB、4G、5G回線が利用できます。

無料通話はオプションで、月額料金に500円プラスすると、

1回5分以内の国内通話は何度でも無料。(NTTドコモの基本プランと同じ内容になります)

月額料金に1,500円プラスすると、時間制限なしのかけ放題になります。

そして、SNSアプリ【LINE】の利用に、データを消費しません。

通話はLINEなどのSNSしか使わないという人は、無料通話を外せるので非常にお得ですね。

また、2021年夏からLINEクリエイターズスタンプが無料で使い放題になる予定です。

乗換コストは、SoftBank、Y!mobile、SoftBank on LINEの三者間は無料で、

契約事務手数料や契約解除料、MNP転出手数料がかかりません。

 

au

povo(ポヴォ)という名前の新料金プランは、

ソフトバンクと同様、月額料金2,480円でデータ容量20GB、4G、5G回線が利用できます。

無料通話はオプションで、月額料金に500円プラスすると、

1回5分以内の国内通話は何度でも無料。(NTTドコモの基本プランと同じ内容になります)

月額料金に1,500円プラスすると、時間制限なしのかけ放題になります。

乗換コストは、au、UQ mobile、povoの三者間は無料で、

契約事務手数料や契約解除料、MNP転出手数料がかかりません。

「これは乗換すべき」と思った人も多いと思います。

 

実際に私が今使用している格安SIMの通信料は月2,000円台前半ですが、

データ容量は20GBもありません。

回線は5Gを利用できません。

5分の無料通話もありません。

キャンペーンで一定期間割引されているのでこの料金ですが、

割引が終了すると大手キャリアと殆ど差がなくなります。

ご自分の今の料金プランと比較していかがでしょうか?

契約手続きはどのキャリアもオンラインのみ

各社の新料金プランに共通した、今までにない特徴があります。

「申込はオンラインのみ」

各キャリアのショップでの申込には対応していません。

人件費、テナント料、契約書類などの印刷代を掛けないことで実現できたお得な料金プランです。

コロナ禍で外出自粛が続いている状況ですので、オンライン申込は今の環境にも合っていると思います。

オンラインに慣れている人には何も不便はありませんが、慣れていない人や、高齢の方には新料金プランへの乗換はハードルが高いです。

「無知は損」とよく言いますが、オンライン化に対応できないと、今後も生活の中で損する場面が増えていくのではないかと思います。

学割・家族割などの割引サービスはなし

新料金プランには注意点もあります。

それは、割引がないことです。

学割、家族割、インターネット回線とのセット割など、大手キャリアの料金プランには様々な割引があり、これらの割引を複数活用している人にとっては、新料金プランの方が高くなることもあります。

自分一人だけでなく、家族のトータルの通信費で比較すること。

スマホ代だけでなく、インターネット回線の料金と合計して比較するなど、

割引を使っている人はよく調べてから乗換を検討することをおすすめします。

通信費は月数千円の差でも、10年、20年、30年と使い続けると100万円以上の差になる可能性があります。

これを機に家計の固定費もあわせて見直しをすることをお勧めします。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓