近年、SDGsやESGをテーマにした株式投資が人気を集めています。しかしこれらの投資が地球環境に良いものだと理解していても、SDGsとESGには違いがあるのです。また企業が行っているSDGsやESGへの取り組みを、どのように調べれば良いのでしょうか。

そこで今回の記事ではSDGsとESGについて解説します。そして個人投資家でもできるSDGs/ESG投資法とメリット・デメリット、そしてSDGsやESGに取り組む企業の事例を紹介します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

SDGsとは国連が決めた地球人全てが目指すべき項目

SDGsは2015年9月、ニューヨークにある国連本部で開かれた「国連持続可能な開発サミット」にて決められました。そこでは2030年の達成を目標にして、17のテーマと169の具体的な行動基準(ターゲット)が決められたのです。

※SDGsでは地球環境だけで無く、経済的格差や多様性を認める社会など世界中の人が幸せな生活を送られることを目指しています。

SDGsが採択される前、国連ではMDGsと呼ばれる目標を採択していました。MDGsは貧困やそれに伴う低教育や衛生問題、それから環境破壊といった開発途上国の問題を、政府間で取り組む目標でした。しかし地球環境の急速な変化に、政府だけの取り組みでは対応できなくなってきたのです。

世界は企業の力で地球と世界の環境改善を目指している

そのような流れを受けてSDGsでは、民間企業や個人にも目標達成へ協力してもらう形になっています。特に企業に対しては、豊富な資本と人財を活かして、地球と世界が抱える問題を解決できる技術やサービスの開発することを期待されているのです。

ESGは企業ができるSDGs

企業が取り組むESGとして具体的には以下のようなものがあります。

 

・二酸化炭素の排出量を抑えた製造法や製品の開発

・環境破壊や社会的秩序を乱す製品やサービスの排除

・地域社会とのつながり・交流活動

・女性や障がい者、そして外国人など多様な人材登用

・社外取締役の採用

・ESG優良企業への投資は立派なSDGs

 

つまりSDGsとESGは別物ですが、切っても切れない関係です。SDGsは企業も行わなければならない取り組みです。そしてESGは企業が行うべきSDGsに向けた活動になります。そしてSDGsは地球に住む各個人も取り組むべき課題です。したがってESGの取り組みに積極的な企業に投資することは、間接的にSDGsに協力していることになるのです。

個人投資家もできるSDGs/ESG投資

では、個人投資家がSDGs/ESG投資を行うとき、どのような方法をとるべきでしょうか。個人投資家の場合、日々の消費や活動の中から、良い企業を見つける方法をおすすめします。なぜならすでに社会貢献していることが明らかな企業に投資する方が、安心して株式を買うことができるからです。

環境を考慮した製品を販売している企業を見つける

例えば日常の買物で買っている商品や見かけた製品で、環境問題に取り組んだものが多数あります。そのような商品やサービスを見つけたら、提供している企業を調べてみましょう。もしSDGs/ESGに積極的な企業であればホームページ上に自社の取り組みを掲載しているはずです。

統合報告書を読んでみよう

SDGs/ESGに取り組んでいる企業では、ホームページ上に統合報告書(統合レポート)やアニュアルレポートと呼ばれる資料が掲載されています。これら資料には業績や財務の情報だけで無く、SDGsやESGに対する自社の取り組みについても書かれているのです。

ESG指数から投資先を確認する

※日本の年金機構でもすでにEGS投資が採用されています。

より手軽にSDGs/ESG投資を行いたい方には、機関投資家が参考にしている指数を見られることをお勧めします。例えばGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)では以下の指数を元にしたESG投資を行っているのです。

 

・FTSE Blossom Japan Index

【構成銘柄は下記サイトからご覧いただけます】

https://www.ftserussell.com/ja/index/spotlight/ftse-blossom-japan-index

・MSCIジャパン ESGセレクト・リーダーズ指数

【構成銘柄は下記サイトからご覧いただけます】

https://www.msci.com/msci-japan-esg-select-leaders-index-jp

・S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数シリーズ

【構成銘柄は下記サイトからご覧いただけます】

https://www.jpx.co.jp/markets/indices/carbon-efficient/

・MSCI日本株女性活躍指数

【構成銘柄は下記サイトからご覧いただけます】

https://www.msci.com/msci-japan-empowering-women-index-jp

 

これら指数に選定されている企業であれば、企業としてSDGs/ESGに積極的に取り組んでいる企業だと評価できます。

ESGランキングも参考になる

SDGs/ESG投資は関心度の高いテーマです。そのため民間企業でも独自の調査でランキングしています。例えば会社四季報などを出版している東洋経済新報社では、自社のサイトにて「ESGに優れた企業ランキング」を毎年発表しているのです。

SDGs/ESG投資のメリット

では、個人投資家がSDGs/ESG投資を行うことに、どのようなメリットがあるのでしょうか。SDGs/ESG投資は株式市場の長期的なトレンドになるため、個人投資家もその恩恵を受けられるのです。

機関投資家の買い支え⇒株価の安定が期待できる

株式市場で資金力のある機関投資家では投資先の選定基準としてESGを考慮することが主流になっています。それはESGが企業の長期的な収益向上に必要なものと認識されているからです。

またこの流れは2006年に国連が提唱したPRI(責任投資原則)で、金融機関に対して、投資先の選定にESGの視点を入れることを推し進めたことが背景になっています。そして世界の機関投資家は次々にPRIに対して署名を行ったのです。

そのためSDGs/ESGに積極的な企業に投資すると、機関投資家による支持があるため、株価の大きな下落を防ぐ効果が期待できます。

倫理的に正しい経営を行っている企業に投資できる

株式投資とは企業の所有権を得ることです。そのため長期的な投資では株主として他人に話せる企業に投資したいものです。そのときSDGs/ESGに積極的な企業であれば、お金儲けだけの投資では無く、世界を良くする企業を株主として支えていることになります。

長期的なリターンが望まれる

不正な経営を行っている企業は短期的には利益を上げても、長期的には成長できません。一方でSDGs/ESGに積極的な企業は、短期的には低い成果であっても利害関係者(ステークスホルダー)から支持を受けることになるのです。そして長期的には持続成長を実現し、株価や配当金の上昇として反映されるのです。

SDGs/ESG投資のデメリット・注意点

逆にSDGs/ESG投資にもデメリットがあります。SDGs/ESGは非財務的要素が多分に含まれるため、分析や評価の水準が分かりにくいのです。

短期的な業績に反映しにくい

そもそもSDGs/ESG投資は長期的な目標達成が前提の投資法です。したがって場合によっては先行投資がかさみ、業績が低迷する可能性があるのです。そして株価や配当金と言ったリターンもすぐに反映できないかも知れません。

財務的なリスク管理は考慮されていない

SDGs/ESGの取り組みは財務的な要素が含まれていません。そのため財務的にリスクの高い企業でもSDGs/ESGの観点だけで高い評価を受ける可能性があるのです。したがって個人投資家であっても財務リスクを確認してから投資すべきです。

投資先の活動を詳しく調べる必要がある

SDGs/ESG投資では、企業が行っている様々な取り組みを調べる必要があります。そのため企業のホームページを読み、統合報告書を読むとなると個人投資家にとっては重荷です。しかし今後はデータの開示が進むことで、デメリットの軽減が期待されます。

事例紹介:【8630】SOMPOホールディングスはESGデータを積極的に開示

最後に、SDGs/ESGに積極的な企業について紹介します。今回挙げる【8630】SOMPOホールディングスは、先ほど解説したGPIFが使用するESG指数全てに採用されています。さらに前述した東洋経済新報社によるESGランキング(2020年版)にて1位を獲得しているのです。

同社は国内保険会社の大手として、ESG投資が注目される前から企業の社会的責任に高い意識を持っていました。さらに同社は金融機関として、お客様から集めたお金を運用するに当たって、ESGの視点を組み入れた投資を積極的に行ってきたのです。

そのような取り組みもあって同社は、自社のホームページにて「主要ESGデータ」を公表しています。同社のESGデータでは環境(E)、社会(S)、そして企業統治(G)の3点から様々なデータを数値化し、時系列にしているのです。公表されているデータには以下のような項目が掲載されています。

ESG投資で投資家もSDGsに協力しよう

このように企業にとってESGはSDGsの達成に必要な取り組みです。そしてESGを受け入れない企業は、長期的に淘汰されていくでしょう。したがって個人投資家も株式投資をするさい、個人としてSDGsについて考慮し、自身の考えに見合った企業に投資されることをお勧めします。

※投資はあくまでも自己責任となります。利益を保証するものではありませんので、ご注意ください。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓