マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » ヨガ好き必見!約4500年前から存在するヨガの歴史のメインビジュアル  » ヨガ好き必見!約4500年前から存在するヨガの歴史のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.2.12

ヨガ好き必見!約4500年前から存在するヨガの歴史

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック! 

友だち追加

 

近年流行しているのが、ヨガ!

現在では、日本で350万の人々がヨガをしています。

 

今回は、より多くの人にそんなヨガの素晴らしさを知って頂くために、ヨガの歴史についてご紹介していきたいと思います。

 

ヨガの発祥


 

ヨガは、今から約4500年前に、インダス文明が起源と言われています。
インダス文明の遺跡、世界遺産に登録されている「モヘンジョ・ダロ」から座方を組み、瞑想する神像、またヨガのポーズをとっている像が発見され、そのことからヨガが歴史ある修行法だということが分かりました。

 

 

ヨガという言葉は、サンスクリット語の「ユジュ」が語源であり、「体」「心」「魂」を神に結びつける行法(修行)として世に広まっています。
始まりは、”心”よりの修行だったのですね。

 

その後、「ハタ・ヨガ」が誕生しました。現代の馴染みのあるポーズは、この「ハタ・ヨガ」から来ています。

 

「ハタ・ヨガ」にも意味が込められていて、“ハ”が太陽の陽、吸う息を意味しており、タ”は月、陰、息を吐くという意味になります。
“ヨガ”は、繋がり、結ぶという意味を持ちます。これらの意味を合わせ、陰陽のバランスをとり、自我や自分と宇宙を結びつける。というものが「ハタ・ヨガ」になります。

 

 

 

日本のヨガの歴史


 

日本でヨガが広まったのが、平安時代になります。「瑜伽(ゆが)と呼ばれる瞑想中心のヨガが浸透していきました。日本でヨガを初めて行ったのは、「中村天風」という人物です。1919年に天風会を創設し、心身統一法を広めました。

 

一般的には、「ヨーガ」と表現されていましたが、中村天風は、「ヨガ」と表現しました。心身統一法は、人間の潜在能力やエネルギーを引き出し、身も心も健康になるために、人間の思考を調和させるという方法です。

 

 

日本にヨガブームをもたらしたのが、「沖正弘」という人物になります。日本のヨガの父とも呼ばれており、沖ヨガの創始者の沖正弘が「日本ヨガ協会」を設立します。1970年には、エクササイズを取り入れたヨガが流行し、その10年後には、国際総合ヨガッ世界大会が開催されるほどになりました。

 

 

1990年代に入ると、若い女性を中心に人気が集まり始めます。ファッショナブルなスポーツとして注目が次々と広まっていきました。2000年代初旬、一旦ヨガ人口が減ってしまったものの、ハリウッドセレブを中心にヨガブームが再度訪れ、再び、若い女性に人気を集め、第2次ヨガブームへと進出しました。

 

徐々に人気を集め、2010年にはヨガ人口が100万人以上になり、2015年には、冒頭でも申し上げましたが350万人を超えています。

 

日本におけるヨガは、現在一番急成長していて、「パワーヨガ」や「アシュタンガヨガ」、「シヴァナンダヨガ」、「マタニティヨガ」等、あらゆるニーズに合わせたヨガが存在します。

 
自分に合うヨガを見付けて、「体」「心」「魂」を整え、健康に健やかに暮らしたいですね。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る