マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 旅行会社とのトラブルを避けるために・・・。確認しておくべきこと!のメインビジュアル  » 旅行会社とのトラブルを避けるために・・・。確認しておくべきこと!のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.7.1

旅行会社とのトラブルを避けるために・・・。確認しておくべきこと!

女性のための知っ得情報を配信!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

航空運賃が下がり、以前に比べてより気軽に国内外へ旅行にいける今、その分の責任を自分でもつ必要があるため、事前に確認をすべき点も増えてきている傾向にあります。たとえば旅行会社は通常平日9時~17時の営業であるため土日はトラブルに対応してもらえなかったり、何かあった時にすぐに対応してもらえないケースも多いので、その点はしっかりと踏まえた上で旅行計画を立てていきたいですよね。

 

そこで今回はせっかくの旅行を楽しむためにも、「トラブルを避けるための確認事項」について考えてみたいと思います!

 

基本中の基本!旅行中の日程と行程


 

旅行計画の際に気をつけたいポイントとしてはまず、日程と行程が挙げられます。

というのも海外旅行の場合、日程の間違いが起こるケースも珍しくないからです。たとえば行程表は現地時間で記載されていることがほとんどなので、「日本時間や日本の日付けに変換すると実は帰国日が違っていた!」といったケースは、実はよくある話だったりします。

 

国内旅行の場合はもちろんありえないことですが、海外旅行の場合は事情が違うということを始めにしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

 

最近では旅行会社の担当者が申し込みの際にきちんと確認をしてくれるケースも増えていますが、うっかりしていると確認を忘れてしまうこともあります。そのようなことがないよう、できるだけ早めに確認しておきましょう。

 

もう一つ忘れてはならないのは、現地に到着してからの行程確認です。最近ではフリープラン(飛行機とホテル、空港ホテル間送迎のみ)で格安のものも増えてきていますが、このようなプランで申し込みをした場合はとくに注意が必要です。

 

たとえば、飛行機によってはホテルのチェックイン可能時間よりかなり前に到着してしまうこともありますし、逆に深夜の飛行機利用でホテルチェックアウトが正午だとしっかりと休むことができず体力的に辛い場合があります。

 

日程と現地の行程をしっかりと確認しておくことで、こういったトラブルはある程度回避することができるので、自分で責任をもって準備をしておきましょう。

 

一読必須!旅のしおり


 

旅行会社でプランに申込みをすると、通常は1~2週間前に旅のしおりが届きます。こちらは旅行の日程や行程がすべて記載されているので、万が一のミスを未然に防ぐという意味でも、手元に届いたら早めに目を通すことをおすすめします。またその際に必ずチェックしたいのが「注意欄」の箇所です。

 

たとえば緊急連絡先は、いざという時のために必ずつながる電話番号を確認しておくようにしましょう。旅のしおりにはほとんど緊急の場合の電話番号が記載されているものですが、実のところ会社の営業時間外は対応していない場合が多いのが現状です。

 

そのため事前に旅行会社に連絡をして、時間外で病気やケガ、盗難などのトラブルに巻き込まれてしまった場合の電話番号について確認するようにしましょう。(この場合、日本の番号と現地の番号、いずれも確認しておくといざという時に頼りになります)

 

もう一つ必ず確認しておきたいのが免責事項についてです。こちらは台風で飛行機が欠航になった場合や空港で荷物が破損してしまった場合などの対処方法が記載されています。

 

通常ですと旅行会社は対応できない旨がしっかりと記載されているので、このようなトラブルが気になるという方は旅行保険など、別の方法で備えておく必要があるでしょう。

 

入っていますか?海外旅行保険


 

さて、ここからはいざという時に備えて、旅行保険の話をしておきたいと思います。旅行保険は各社でさまざまなプランを提供していますが、安いものであれば2~3千円で加入することができるため、入っておくことをおすすめします。

 

なぜかというと、海外旅行では比較的治安のよい地域でも、トラブルや事故に巻き込まれてしまう可能性はあるからです。

 

もちろんトラブルがないに越したことはありませんが、もし起こってしまった場合、旅行会社が対応してくれることは、ほんの僅かしかありません。だからこそ、予約の際には旅行保険についてもしっかりと確認をしておく必要があるのです。

 

たとえば希望しているプランに保険料が含まれているのか、また含まれていない場合はいくらで加入ができるのか、さらにその保険でどこまでカバーできるのかetc…。気になる点は事前に一通り確認しておけば、いざ旅行に出かけたときも安心して楽しむことができます。

 

また旅先が東南アジアやインドであった場合には、腹痛や軟便になってしまうという人も多いので、必ず入っておきましょう。ちょっとした腹痛であればまだよいですが、食あたりだと思っていたらウイルス性腸炎で緊急搬送ということも、アジア旅行では決して珍しくはありません。

 

 

言葉も通じない海外でどこに病院があるのかもわからない状況のなか、少しでも不安を避けるためにも、事前に準備できることはしっかりとしておくことに越したことはありません。

 

ちょっと上級?現地催行会社の確認


さて最後は、旅行の際に気をつけたいポイントの上級編です。

 

個人旅行の場合、海外旅行はほとんどが現地旅行会社への委託であるため、大手旅行会社の社員やスタッフが現地で対応してくれることはごく稀だと言えます。

 

しかしそれゆえに委託先の会社を事前に確認しておくことでトラブルをスムーズに対処できることもあるので、こちらも確認しておくことをおすすめします。

 

よくあるトラブルとしては、「ホテルでチェックインをしようと思ったら予約が無いと言われてしまった」、「宿泊の日付が違っていた」、「朝食・夕食が付いていなかった」といった例が代表的です。もちろんチェックインができない場合はホテル側もすぐ対応してくれますが、その場合は直接交渉になるので、別途超過料金がかかってしまうこともあります。

 

 

このようなトラブルは日本の代理店と委託先の現地旅行会社とのコミュニケーションの行き違いによって起こることが多いですが、クレームを入れても対応してくれなかったり、返金されないケースがほとんどです。そのため個人旅行をする場合はとくに「そのようなトラブルも想定範囲内」という心積もりで、できる限り事前に準備をしておくようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。海外旅行の場合はとくに、旅先で想定外のことが起こる可能性もあるので、事前の準備は欠かせません。そのためには緊急の連絡先をしっかりと確認したり、保険を調べて加入しておくなど、自分でできることは一通り準備しておく必要があるでしょう。旅行を思い切り楽しむためにも心配の種は早い段階で摘み取って、充実の旅プランを謳歌できるようにしましょう。

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

女性のための知っ得情報を配信!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る