賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

経験のない人は、ゴルフは地面にあるボールをただ打つだけ、と考えがちです。しかし、遠くにあるターゲットをピンポイントで狙わなければならないという性質を持つスポーツなので、その難しさがまずあります。

そして、アドレスをとってフィニッシュまで、スイングには1000を超える理屈があるとも言われるほどゴルフは奥深いものです。それだけに難しく、かつそこが面白いところだとも言えます。初心者が楽しみながら上達する場合に必要なポイントやおすすめの練習方法をいくつか挙げてみます。

基本はクラブの芯でボールを捉えること


 

華奢に見える女子プロゴルファーが、ドライバーで250ヤードから260ヤードのショットを打つというシーンは珍しくありません。飛距離を伸ばすためには、体を鍛え、正しいスイングを意識していることはもちろんですが、それよりも大切なポイントは、クラブヘッド、フェースの芯でボールを捉えていることです。

初心者のうちから芯で捉える癖をつけることはとても大切です。まずは芯を食った時の感覚を覚えましょう。繰り返すことで、芯を食った時とそうでない時の違いが分かるようになります。

ゴルフクラブは、芯で捉えた時ほど距離は遠く、またまっすぐ飛ぶようにデザインされています。この芯に近い位置であればあるほど、抜けるような心地良い感触が手のひらに残ります。手が痺れるような強い手応えがある時は芯で捉えていない証拠です。ボールの飛び具合でも判断できますし、気持ち良い感触はわかりやすいです。まずはここを目指して練習すると良いです。

初心者にとって、フルスイングしてボールを芯で捉えるのは至難の業です。きちんとコンタクトするためには工夫が必要です。

芯を食わせるための練習法


 

クラブフェースの芯で捉えるために一番簡単な練習法は、振り幅を狭めることです。最初はできるだけコンパクトに、クラブヘッドを左右の膝の高さくらいまでに抑えて振ってみるイメージで練習すると良いです。

膝から膝までのスイングとなると、感覚としてはかなり狭いです。それだけに初心者でも芯で捉える可能性は上がるので、感覚を身につけやすいです。

慣れてきたら、少しずつ振り幅を広げていきます。腰から腰まで、肩から肩までと徐々に振り幅を大きくしていきます。ここで一つチェックすべきポイントは、スイング幅を広げる一方ではなく、当たりが減ってきたら幅を小さく戻してみることです。広げて戻してというやり方を繰り返すことで、少しずつ自分のものにしていくのが確度を上げるコツです。まずは素振りで練習しましょう。

この練習は少し退屈です。この動きの反復が退屈だと感じるようなら、たまにドライバーを思い切り打ってみたりする気分転換も大事です。またアイアンなど自分の好きなクラブで練習するのもよいでしょう。楽しみながら上達するのが理想なので、ストレスを溜めないようにしてください。

ヘッドアップは初心者最大の敵


初心者が陥る最も多いミスの一つが、ヘッドアップです。ヘッドアップとは、スイングをしていく中で、スイングの途中で頭が飛球線方向へ上がっていってしまうミスのことです。ボールの行方を気にするあまり追いかけてしまうと、ネガティヴな結果を招きがちです。

頭が上がることで体が開き、力が逃げます。せっかく溜めたパワーはボールに正しく伝わることなく、曲がる原因にもなります。飛ばずに曲がる、というゴルファーにとっては最もスコアになりにくい球筋になってしまっては、面白くありません。

そのためには、兎にも角にもボールがある位置をインパクト以降も見続けることです。ただ、フィニッシュまで下を見続けると窮屈なスイングになってしまうので、クラブヘッドが通過したのを確認してから顔を上げる癖を、徹底してつけましょう。最初に徹底して癖をつけておけば、その後のゴルフ人生でずっと役に立ちます。後から矯正するのは大変なので、はじめが肝心です。

 

 

スイングはフィニッシュまで


遠くへ、正確に飛ばすための基本は、コンパクトなトップから大きなフィニッシュ、です。振り切ることはとても重要です。ボールに当たった後はさほど大事ではない、と初心者ゴルファーは思いがちですがそうではありません。

インパクトで最大限の力を、正しくボールに伝えるためにはフィニッシュまで振り切ることが近道です。最後まできちんとスイングしたらたまたまボールがあった、くらいの感覚で良いです。

芯で捉える感覚が身についてきたら、フルスイングの練習も取り入れていきましょう。体が左側に流れないようにしてパワーロスを防ぐためには、フルスイングの状態で左膝の角度を変えないよう気をつけると良いです。またバックスイング時やフォロー時にシャフトとターゲットラインが平行になっているかどうかも確認しましょう。

振り終わったゴルフクラブが背中を叩くくらい、または首に巻き付くくらい振り抜くよう心がけてください。ヘッドアップと一緒で、最初が肝心です。スイングの中でボールを捉える癖がついていないと、腕の力に頼った小手先のスイングになりがちです。

ゴルフの初心者が気をつけるべき練習法は反復と、それを飽きずに楽しめる工夫です。その中で、芯でボールを捉える感覚を身につけ、ヘッドアップしない癖をつけ、きちんと振り抜くようにできれば、初心者としては十分です。

あまり細かいことまで考えず、練習場などでは気持ち良くボールを打つことを楽しむと良いです。余裕があれば手首に力を入れない正しいグリップやアプローチについても覚えると良いでしょう。

ゴルフはとても奥深く、効果が出れば出るほどハマっていくタイプのスポーツです。また老後も楽しむことができます。ただ、ある程度基本となるスイングが自然に実践できないと、打ちっぱなしはもちろんラウンドも楽しむことができないので、最初は肝心です。正しい練習法で、時間をかけて正しいスイングを身につけ、コースデビューを果たしましょう。

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加