賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

ゴルフは、ただスポーツとして楽しむだけではなく、人脈を広げたり、社内での人間関係を円滑に進めてくれたりたくさんのメリットを持っています。そのためお一人様にも人気のスポーツです。しかし、始めるにあたっては、いくつか不安な点があることも事実です。その中の1つに数えられるのが、道具の多さです。

ゴルフを始めるにあたっては、パターやゴルフシューズ・グローブなど、色々な道具を準備しなければなりません。最低限どんなものを揃えておけばラウンド時や練習時に困らないか、必要なものをいくつか挙げてみます。

まずは何と言ってもゴルフクラブの調達


 

ゴルフの道具と聞いて真っ先に思い浮かぶのがゴルフクラブです。どんなものを揃えればいいのかわからない、という人はとても多いです。

初心者が揃えておきたいのは、まずドライバーと呼ばれる1番ウッド、スプーンと呼ばれる3番ウッド、5番から9番アイアン、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジ、パターです。

これだけあれば、とりあえずラウンドには困りません。これで始めて、必要であればウッドやウェッジ、アイアンを足していけば良いです。14本以内であればどんな組み合わせでもOK。

選び方はあなた次第なので、自分なりのアレンジを考えるのもゴルフの楽しみの1つです。揃えるのが面倒な場合はフルセットで販売しているものを、価格を抑えたい場合半は分の本数が入っているハーフセットを購入するのもいいでしょう。

近年では、簡単に遠くに飛ばせるユーティリティーと呼ばれるクラブを多く使う人が増えています。またシャフトの硬さや長さを調整するのもおすすめです。シャフト選びによって、ヘッドスピードや飛距離は大きく変わります。またスイングがしやすいものなどもあるので、慣れてくれば、スコア上達のために自分に合った形のもの探すのも面白いです。

クラブを選ぶ時は、ショップの人にアドバイスをもらうのが手っ取り早いです。中古市場も充実しているので、あまりお金をかけたくない場合や新品にこだわらない場合の選択肢として検討するのも良いです。

ボール選びも重要なポイント


 

ショップに行って見てみるとよくわかりますが、ゴルフボールにも色々な種類が存在します。大きさこそ同じですが、メーカーやブランド、色など様々です。プロが使用しているような高級なボールから、安価なロストボールまで、たくさんのボールが販売されています。

ボールは大きく分けて2種類存在します。スピン系とディスタンス系です。プロのトーナメントを見ていると、グリーンの上でぴたっと止まる球筋をよく見かけます。このようにボールにスピンをかけてコントロールしたい人が選ぶのがスピン系です。

逆に、とにかく遠くにボールを飛ばしたいという人はディスタンス系を選ぶ傾向があります。どちらも一長一短で、どんなふうにゴルフコースを責めたいかによって選ぶボールは変わってきます。

初心者のうちは正直、違いがわかる人はあまり多くないです。ただ、どんなボールを自分が使っているかは理解しておくべきなので、ゴルフ場デビューの前には、きちんと選んで購入してください。

アパレル関係を楽しんで選ぶ


ゴルフは、プレー以外でファッションでも楽しむことができるのが大きな特徴の1つです。襟のあるシャツを着用すること、ジーパンやジャージ等はNGなど、守るべきルール、ドレスコードは存在しますが、その範囲内であれば色や形などは自分の好みに合わせたファッションでラウンドをすることができます。

近年では、若い男性や女性ゴルファーも増え、それに伴いおしゃれでかわいいゴルフウェアがたくさん販売されています。人気のアイテムや、自分らしさを表現できるファッションに身を包んでゴルフをすることで、新たなモチベーションを1つ乗せることができます。形から入るタイプの人は、まずウェアから揃えたという人もいるほどです。

男性はポロシャツにパンツスタイルが一般的ですが、女性の場合は、ミニスカートやショートパンツにレギンスを合わせたり、インナーにもこだわってみたり、帽子やバイザーにも一工夫することで、自分だけのファッションを楽しむ幅が広いです。またキャディバッグや長い距離を歩けるシューズ、急な雨の際に必要なレインウェアを調達するのもおすすめです。

 

その他揃えておきたい小物類


クラブやアパレルのほかに揃えておきたいものとして、ラウンドで使用する小物類があります。ドライバーショットを放つ際、地面にさしてボールを乗せるティーもその一つです。ドライバーを打つ時とアイアンショットをする時は高さが違うので、2種類をいくつか用意すると良いです。

ラウンド中は、OBなどでボールを紛失したときに備えて、1つか2つ予備に持っておくと便利ですが、ポケットに入れるとかさばるので、ボールを入れて腰からぶら下げるような小さな袋を持っておくと便利です。専用のものもたくさん販売されているので、好みで選ぶと良いです。

グリーンの上で自分のボールの位置に置くためのマークも、たくさんのデザインから選ぶことができます。マグネットを使って帽子にクリップで留めておくタイプが便利です。

同じくグリーン上で使う小物として、グリーンフォークがあります。ボールが落ちて凹んだ穴を直すため、マナーとして1本持っておくと良いです。

一つずつ挙げてみると、ゴルフを始めるにあたって揃えておきたい道具には、たくさんのものがあることがわかります。ゴルフ場や練習場に足を運ぶ際には、まずは最低限のものを揃え、そこからは自分に必要なもの選び、足していく揃え方がおすすめです。

実際に選び始めると、それぞれに本当に多くの種類があることがわかります。どうせ選ぶなら、楽しみながら選びたいです。必要な道具を揃えていくこともゴルフの楽しみ方の1つとして捉えることができれば、さらに深く、ゴルフにハマることができます。

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加