マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 飛距離アップに必要な「バックスイング」の正しい方法!のメインビジュアル  » 飛距離アップに必要な「バックスイング」の正しい方法!のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.7.13

飛距離アップに必要な「バックスイング」の正しい方法!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック! 

友だち追加

 

 

ゴルフはスコアを競う競技なので、いくつのスコアで上がるかが大切です。距離と方向性の正確さがモノを言うスポーツで、飛ばしてなんぼ、ではありません。

 

しかし、それは十分理解しつつも、飛ばしの魅力は多くのゴルファーを惹きつけて止みません。飛ばしっこのスポーツではないけど、飛ばないよりは飛んだ方が良い、と考えるのは自然な発想と言えます。飛ばしの鍵を握る要素の一つが、バックスイングです。正しく振り上げることで、飛距離アップを狙いたいです。

 

 

まずは基本のアドレスから


 

飛距離アップに向けて正しく振り上げるために、アドレスは大事です。足でしっかり地面をつかみ、体がスムーズに動く土台作りをします。上半身はできるだけリラックスさせ、力を抜きます。ゴルフにおいては、力を入れることよりも、抜くことの方が難易度は高いです。努めて力まない意識が必要です。

 

猫背にならないように、背筋はまっすぐ伸ばします。ただ、力が入りすぎて背骨が反るようなアドレスはおすすめできません。自然とまっすぐと伸びた背筋が理想です。お尻が少し上向きになるようなイメージを持てば、腰と背中の位置が決まりやすいです。

バックスイングの時は肩を大きく回していく動きになるので、顎を引きすぎるのは良くありません。少しボールを見下ろすような顔の角度が良いです。顎の下に右利きの構えであれば左肩が収まるようなスペースを持つことです。
スムーズな動きを実現するため、特に利き手の右手に力が入らないように注意が必要です。

 

 

始動のタイミングを掴む


 

アドレスが決まったら、始動を開始します。何をきっかけに動かし始めるかは、とても重要なことです。飛距離アップのトップを作るために1番やってはいけないことが、手の力に頼ってクラブを上げていくことです。

 

手や腕の力だけでクラブを上げることが実際は簡単な動きですが、これでは飛距離アップに必要な体全体のねじれが生まれません。肩や腰の回転も不十分な、不格好なトップになってしまいます。

 

多くの人にとってイメージしやすいのが、肩の回転です。腕の力みを排除して、肩のみを右向け右するような動きです。この時、上半身と下半身のねじれをできるだけ大きくするため、下半身は固定するように意識します。

 

右足のかかとと、親指の付け根に位置するいわゆる母子球で体重を受け止め、右膝が伸びないように我慢をすると飛距離アップのためのパワーが溜まりやすいです。肩が回転した後、右肘を自然に曲げていきます。左足に体重が残りすぎないよう注意してください。

 

 

トップオブスイングでの形


 

振り上げていってゴルフクラブが一瞬止まる箇所、トップオブスイングでの形はとても重要です。インパクト時にボールに伝えるパワーをできるだけ溜め込めるようなトップを目指したいです。

体が硬い、柔らかいの個人差はありますが、できる限り上半身と下半身の角度に差がついた方がパワーは溜まります。顎の下に左肩が収まるような形が良いです。

ただし、オーバースイングは禁物です。トップの行ったときのゴルフクラブが、飛球線を刺すような角度がちょうど良いです。地面を指しているようなトップをよく見かけますが、これでは正確な位置にゴルフクラブを戻してくることが難しく、インパクトで方向性を失いがちです。

 

一般的に、自分が頭に描いているよりもオーバースイングになりがちな傾向があるので、鏡などを見ながら理想的な位置を探すことが大事です。

トップオブスイングでは、左手の親指でクラブの重さを感じることが1つの目安です。理想の形に近づきます。

 

 

トップオブスイングからの切り返し


 

インパクトを迎えるために、ゴルフクラブを振り下ろすきっかけも大切です。ここでもやはり、手や腕の力に頼って振り下ろすのは避けるべきです。手や腕の力で振り下ろすと、力の入るべきポイントがずれます。インパクトで最大限の力を発揮するためには、下半身リードが肝要です。下半身が動き出すことによって上半身が自然についてきた、という位のイメージがちょうど良いです。

腕の力に頼ると体全体が左方向に開やすくなってしまいます。せっかくため込んだパワーは逃げ、飛距離が落ちます。左足の母子球に体重を移動することで始動のきっかけにすると良いです。この時左肩が飛球線方向に流れないよう注意してください。パワーロスの原因になりますし、ボールが曲がる要因にもなります。

少しハイレベルな話になりますが、トップオブスイングに行くほんの一瞬手前に切り返すことで、上半身と下半身のねじれは最大になります。力まず行うことがマスターの鍵です。

 

 

 

華奢な、小柄な女子プロゴルファーが250ヤードを超えるドライバーショットを打っているのはしばしば見かける光景です。それは理想的なスイングで的確にボールを捉えているからに他なりません。

バックスイングを正しく行えば、その理想に大きく近づくことができます。体全体のパワーをしっかりと溜め込み、一気に解放する準備ができるようなバックスイングを身につけることで、飛距離アップを狙うことができます。真の飛ばしが身につけば、ゴルフはもっと簡単に、面白くなります。

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る