マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 美景・美食が揃った北の大地へ!北海道・道央贅沢ひとり旅のすすめのメインビジュアル  » 美景・美食が揃った北の大地へ!北海道・道央贅沢ひとり旅のすすめのメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.7.28

美景・美食が揃った北の大地へ!北海道・道央贅沢ひとり旅のすすめ

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

北海道は女性の一人旅には実はうってつけの場所です。その理由は海産物やスウィーツ等の美食や広大な大地や自然などの美景が全てそろっているからです。特に道央圏は観光地同士の移動距離が短いのと、道内のあらゆる味覚が集まっているのでフラっと出向くには最適な場所です。

 

 

 

札幌の観光名所


 

道央の観光地というとまずは北海道の中心札幌があります。札幌は千歳空港より快速で約36分、雪のない時期ならばレンタカーを借りても道央自動車道を通ると一時間ほどで着くので気軽に行ける場所です。

 

 

そんな札幌市内には多数の観光地があり市内中心部には札幌雪まつりやよさこいソーラン祭りのメイン会場と御馴染みの大通り公園、そして大通り公園と市内中心部を一望できるテレビ塔があります。

 

 

またテレビ塔より徒歩5分以内の場所には重要文化財札幌農学校の演舞場「時計台」や、「赤レンガ」でお馴染みの北海道庁旧赤レンガ庁舎、さらに地下道を通り札幌駅に行くと市内のランドマークの1つJRタワーからの景色を堪能する事も出来ます。

 

 

このように中心部だけでも見どころ満載なのですが、中心部から車で15分から20分ほどの場所には数々のドラマを残した大倉山ジャンプ競技場や札幌冬季オリンピックの際に金野・笠谷・青地の3人が金銀銅のメダルを独占した宮の森ジャンプ競技場といったウィンタースポーツのメッカもあります。

 

 

特に大倉山シャンツェはウィンタースポーツの疑似体験施設やジャンプ選手の実際のスタート目線でお茶が出来るカフェなど見るだけではなく遊んで楽しい競技場として知られています。

 

 

また市内より車で20分ほどの場所にはクラーク先生の銅像が立つ羊ケ丘展望台やサッポロドームもあり羊ケ丘展望台からは北海道らしい牧歌的な美景と羊の姿が楽しめ、サッポロドームでは試合のない日はドームツアーも行っていますので市内観光にいかがでしょう。

 

 

グルメもたくさん


 

道央は日本海、太平洋に挟まれ、さらに物資の流通の通過点という事で道央圏の味覚以外にもオホーツクや十勝の味覚も楽しめます。特に札幌市内には道内各地の新鮮な海産物や採れたての農作物、乳製品、そして道内各地のスウィーツ等の美食の宝庫です。

 

 

ちなみに道央圏の味覚としては小樽や積丹にかけての日本海で採れるエゾバフンウニやムラサキウニ、アワビなどの海産物が挙げられます。ウニの味というと独特の風味が特徴ですが、実はあの風味はウニの形を崩れないようにする明礬の味だったりするので採れたての塩水ウニの濃厚な甘みと旨味を是非楽しんでいただきたいものです。

 

 

他にも札幌のお隣石狩市や太平洋側で水揚げされる鮭や登別のお隣伊達市が有名なホタテ等も美食としては忘れてはいけません。鮭はそのまま凍らせてルイベというお刺身でいただいたり、石狩鍋やちゃんちゃん焼きにしても絶品ですし、鮭の鼻から口にかけての軟骨をスライスし酢漬けにした氷頭生酢 (ひずなます) や血合いだけを塩辛にしたメフンなどの郷土料理も日本酒や白ワインにとても合うのでお勧めです。

 

 

またこういった海の幸だけではなく北海道の三大鍋料理の1つジンギスカンも道央だけは2種類味わえます。

 

 

1つ目は札幌ジンギスカンと言われる焼いてタレを付けて食べるタイプ2つ目は滝川ジンギスカンと言われるタレに漬け込んだお肉を焼いて食べるタイプなのですが、専門店がこぞってオリジナルのタレを開発し道外では味わえない絶品ジンギスカンを楽しめます。

 

 

レトロな港町・小樽


 

札幌のお隣街でありながら異国情緒あふれるレトロな建物と、ニシン景気で栄えた頃の古い和風建築物が有名な港町小樽は女性の道央一人旅に最もお勧めの土地です。ちなみに札幌からはJR快速で30分~40分、千歳空港からも快速で1時間15分ほどで行くことが出来ます。

 

 

そんな小樽でお勧めの観光スポットとしては小樽運河周辺が特に人気で、運河の横に立ち並ぶ古い石造倉庫はそのままカフェや居酒屋、雑貨店にした店舗が立ち並び、さらにガス灯がともる夜はロマンティックさが倍増するので運河周辺の洋風ホテルに宿泊しつつフラっと出かけるのも良いでしょう。

 

 

また運河から一本奥にある色内から堺町にかけての色内大通りも情緒があり人気の場所です。こちらは小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所・旧越中屋ホテル・旧三井銀行小樽支店・旧日本銀行小樽支店などが今も北のウォール街と言われた雰囲気をそのまま残し、そのままメルへン交差点へ進んでいくと有名な北一ガラスやオルゴール堂、人気のスウィーツ店LeTAO 、六花亭小樽運河店もあり、美食スウィーツも堪能できます。

 

 

他にも小樽と言えば市内から車で約15分の場所にある天狗山からの景色や小樽港より出航しているクルージングもお勧めです。こちらは通常のバスツアーでは中々行くことが出来ないので是非一人旅で行ってみてください。ちなみに最近特に注目されているクルージングは青の洞窟へのコースで、透明度の高い小樽の海を満喫できます。

 

 

札幌・小樽を中心とした道央観光はここ数年さらに観光のお客さんの数が増えているそうです。特に6月から9月の観光シーズンには全道合わせて6710万人が訪れているという統計や、性別では男性が47.5%に対し女性が52.5%と5%以上男性より多いという事で女の人にとても人気の観光地です。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る