» 有名な女性リーダーから学ぶ「観察力」のメインビジュアル  » 有名な女性リーダーから学ぶ「観察力」のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.8.21

有名な女性リーダーから学ぶ「観察力」

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

世の中を動かすのは男性リーダーばかりではありません。女性にも多数の有名な指導者がいて、彼女達から学ぶべきものは多いのです。その中でも特に磨きたいのが観察力。素敵で魅力的な女性は観察力にも優れているのです。

 

 

日本を代表する女性リーダーといえば?


 

現在の日本を代表する有名な女性リーダーといえば、東京都知事の小池百合子氏が一番に思い浮かぶ方も多いでしょう。キャスター経験者で恵まれた容姿と歯切れのよいコミュニケーションスタイルをもつ小池氏は、戦略的コミュニケーションに長けているといわれています。

 

 

言葉の選び方、オーラの作り方、場のさばき方など様々な工夫が凝らされていて、話しをすれば思わず聞きいってしまうのです。普段は落ち着いて笑顔を崩さずに攻撃的な話方はせず、ここぞという演説では声に少し張りを出してエネルギッシュに話すことは有名です。

 

 

そして小池氏は徹底した「感情のコントロール」が素晴らしいということ。少しでも声を荒げたり張り上げたり力をいれすぎたりすると、すぐにヒステリックに怒っているように聞こえてしまう女性の声特有のものをよく判っているのでしょう。

 

 

弱すぎず強すぎず、感情が波打つような質問をされた時でもさらりと流して声を荒げないのが素晴らしいところです。適度な男前加減と女らしい柔らかさが安定感を生み出しているのでしょうか。

 

 

あまり女性らしさを出すと叩かれてしまうことがあるのは政治だけでなくどこの世界でも同じでしょうから、適度というのが大切なのでしょう。女性のキャリアの障壁として表現されるのは有名な「ガラスの天井」ですが、女性リーダーは天井が低いだけではなくガラスで出来た高い床にも迫られた、とても狭い場所で落としどころを探るしかないのが現実なのでしょう。

 

 

日本で女性のリーダーシップが声高に叫ばれながらも中々出てこない背景には、男性のように怒鳴ったり噛み付いたりすれば違和感と捕らえられる、「女性らしさ」という価値観が根強くあるからかもしれません。

 

 

女性リーダーならではの視点


 

では女性リーダー達から学べることは何があるでしょうか。それは、男性たちや他の女性たちとは違った視点をもつ努力をするということです。例えばANAホールディングス・サントリーホールディングス・三井物産社外取締役である小林いずみさんは、「女性であることを一旦忘れ、一個人であることを自覚することが大切です。

 

 

自分でバリアをはらないようにします」と話しています。自分自身が女性であることを意識しすぎてそれが相手に伝わり、そのことが障壁となることもあるのです。男性が応援する姿勢を持つこと、ともに働くパートナーとして尊重しあう関係が築かれていくことが仕事の生産性にもかかわってくるのでしょう。

 

 

女性はもともと同時多発的に色んな考えや行動をすることが得意であることが多いものです。ですから今まで男性ばかりだった世界に女性が入ることで、多様な視点をもって会社、世の中を変えていくことが出来るのだ、ということを男性たちに伝え、彼らにとってもメリットがあるということを判ってもらう必要があるのです。

 

 

女のくせに、といったような言葉が投げかけられることがあれば、自分たちが入ることで会社や世の中が活性化していくということをデータで説明していくことで、男性たちの意識に訴えていくことです。

 

 

現実的な証拠や数字データなどの情報処理能力が得意な男性は、感情的に訴えるのではなく淡々と説明することで納得させることが出来ることが多いのでしょう。

 

 

「観察力」が役立つ場面


 

女性は古来から、子供を産み育てていく中で培った、同時多発的に色んなことが出来る能力と観察力があります。観察力がなければちょこまかと動く子供を危険から救うことが出来ませんし、ちょっとした様子の違いから病気にかかったかどうかなどを見抜くことが出来ないからです。

 

 

折角女性には観察力がありますから、それを十分に仕事にも使うようにしましょう。観察力とはすなわち相手のことをよく知る力のことです。相手の表情や声の変化、ジェスチャーなどから相手がどう思っているのかが判るからです。

 

 

例えば自分が発した言葉に対して相手の反応がいまひとつなら、伝わってないな、と判り、言い方を変えることで相手の理解をより深めることが出来ます。リーダーとしてたくさんの人を動かすためには周囲の空気を敏感に察し、観察力を駆使して反応を探り、自分の味方につけるようにもっていくのです。

 

 

観察力を磨くと会議や商談などで相手が言葉にしていない本心が判るようになります。言葉は嘘をつけますが、表情は嘘をつけないので本心が表れやすいのです。顔の色や声のトーン、ジェスチャーなどは無意識で行っていますから、それをじっくり見ることで相手の本心を探りましょう。

 

 

また、相手の変化がわかるので次に何をしたらいいのかのコミュニケーションの戦略を立てる手がかりになります。まさしく小池百合子氏がやっていることです。感情を荒げることなく周囲を観察して自分の意見主張を言えるようにするのです。

 

 

有名な女性リーダー達がしていることは、観察力を駆使して周囲の状況をいち早く察知し、こちらが有利に動けるようにすることです。狭い視点から離れ、性別を忘れて一個人として立つという意識があれば、世の中や会社でも活躍できるかもしれません。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る