» 生活の楽しみが増える!小さな季節の変化に気づける「カメラ」の魅力のメインビジュアル  » 生活の楽しみが増える!小さな季節の変化に気づける「カメラ」の魅力のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.8.30

生活の楽しみが増える!小さな季節の変化に気づける「カメラ」の魅力

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

日常の何気ない風景も、カメラのレンズを通すことで変わって見えます。良い写真を撮ろうとするほど、景色の中の変化に気づくようになります。普段は気づくことの無い、季節の小さな変化も、レンズを通すと気づくことができます。

 

 

そろそろスマホカメラを卒業しませんか?


 

スマホカメラの優れた点は、誰もが簡単に写真を撮ることができることです。スマホカメラは被写体に向けて、シャッターを切るだけで写すことができます。スマホカメラの利点は、いつでも持ち歩いていることで、写すチャンスに恵まれることが挙げられます。

 

 

季節ごとの風景も、難なく撮れてしまいます。しかし、便利なはずのスマホカメラも、機械任せであるがために被写体の細かな変化には気づきにくい面があります。季節ごとの風景のちょっとした変化に気づくには、良い写真を撮ろうという思いが必要です。

 

 

スマホカメラは機械が写真を撮ってくれますが、機械が撮った写真では物足りないと感じる時がきます。自分が思ったとおりの写真を撮りたくなったら、スマホカメラでは物足りなくなります。一段高いレベルの写真を目指すための写真機として、デジタル一眼レフがあります。

 

 

デジタル一眼レフは、今までスマホカメラが自動で調整してくれていた部分を、自分で調製しなければなりません。まったく知識がない状態では、失敗も発生するかもしれません。それでも、上手になろうと撮り続けていくうちに、自分が撮りたい写真がとれるようになってきます。

 

 

写真一枚には奥深い知識が広がっています。そのことに気づかせてくれるのがデジタル一眼レフです。デジタル一眼レフを手にすることで、被写体を詳細に見る目が養われ、季節によって変化する風景の機微も捉えられるようになります。

 

 

何気ない風景も楽しめる「カメラ」の凄さ


 

デジタル一眼レフは、何気ない風景も楽しめるようになります。同じ風景でも、明るさと撮影モードを変えることにより違った写真が撮れます。風景の中の明るさは一つではなく、自分で選ぶことができます。

 

 

明るさを選ぶためには、感度、絞り、シャッタースピードの調整が必要です。始めは使い方がわからなくてもかまいません。フィルムの時代とは異なり、デジタルは何枚撮ってもかかるお金に変化はありません。同じ被写体を選んで、感度、絞り、シャッタースピードの数値を一ずつ替えていくことで、その使い方がわかるようになります。

 

 

明るすぎた場合はシャッタースピードを早くし、暗すぎた場合はシャッタースピ-ドを遅くすることで、思ったとおりの明るさを得ることができます。明るさは撮影モードによっても異なります。明るさ一つとっても、自分が多い描いた写真を撮れるようになるまでには、経験を積む必要があります。

 

 

デジタル一眼レフを買ったものの、使い方がわからずに、放置している方も多いはずです。カメラを買っただけではうまく撮れるようにはなりません。うまく撮れるようになるには、自分の思ったとおりの写真を撮れるように努力する必要があります。

 

 

スマホカメラで撮った写真は、失いかけた目標を明確にする点で役に立ちます。スマホカメラで撮った写真の気に入らない部分を、デジタル一眼レフで修正できたら、カメラのおもしろさがわかってきます。

 

 

良い写真を撮るコツとは?


 

良いカメラを撮るコツは、自分の思ったとおりの写真を撮ろうと努力することです。自分の思い描く写真のレベルが低すぎる場合は、プロの写真家の写真を見ることをおすすめします。同じ風景でもまったく異なる写真が写されているのに、驚かされることになります。

 

 

良い写真を撮るためには、写真に関する最低限の知識も必要です。レンズと焦点距離により、写す範囲や被写体の距離が変わります。居ながらにして写す範囲を自在に操るには、レンズと焦点距離の知識が欠かせません。光の色とホワイトバランスは、光の色が一つでないことを教えてくれます。

 

 

光の色は季節の変化を知るのにちょうど良い教材です。同じ方向の空を撮っても、季節によりその色は異なります。今まで見ることなかった空の色も、レンズを通すことでその微妙な変化に気づくようになります。色はレッド・ブルー・グリーンの3原色により全ての色をつくることができます。

 

 

その中間にはイエロー・マゼンダ・シアンがあり、中心にホワイトがります。写真の世界では色は足し算ではなく、引き算で覚える必要があります。マゼンダが強い色は緑が弱いというように覚えることで、色の感覚を養うことができます。

 

 

さらに、ホワイトバランスを味方にすることで、思い通りの色を実現することができます。さらに、写真にはピントがあり、ピントの合う範囲も調整が可能です。デジタル一眼レフには、スマホカメラでは思いも付かない機能が付加されています。

 

 

良い写真を撮るためにはスマホカメラを卒業し、デジタル一眼レフか同等品を求める必要があります。なんでも自動で上手にみえる写真を撮っていたのでは、写真は上達しません。

 

 

自分の撮りたい写真を撮ることを目標にし、目標が低い場合はプロの写真を見ることで、高めの目標を設定します。写真の上達には最低限の知識は必要です。必要な知識のほとんどは、インターネットの中にあります。

 

 

デジタル一眼レフの機能を一つずつ変化させてみて、その機能の数値だけを変化させて確認しながら覚えるのが上達するコツです。写真の撮影が上達するに伴い、風景のちょっとした変化や季節の移ろいが感じ取れるようになります。

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る