» 自宅が映画館に変身!自分でできる“ホームシアター”改造計画!のメインビジュアル  » 自宅が映画館に変身!自分でできる“ホームシアター”改造計画!のメインビジュアル

M life 記事

アウトドア・インドア・スポーツ 2017.10.13

自宅が映画館に変身!自分でできる“ホームシアター”改造計画!

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

映画を見るのであれば、映画館に行くのがこれまでの常識でした。しかし、最近は自宅の環境を整えてシアター化するホームシアターが流行しています。他人に気を遣うことなく映画を楽しむことができる空間を独り占めできるのです。

 

自宅でホームシアターの魅力


 

自宅の一室に必要なものを揃えると、あたかも映画館にいるかのような感覚で映像を楽しむことができるようになります。映画館は一つの作品を見るたびにお金が掛かるだけでなく、他人と席が隣になると肘掛けを譲り合わなければならず、咳やくしゃみが聞こえるため映画の世界に没頭することができなくなってしまいます。

 

 

しかし、ホームシアターであれば、一室を独り占めして自分の好きな映像を見ることができるのです。映画作品であれば、公開時期にかかわらず見たい作品をチョイスして上映でき、画質や音響も映画館に近い状態を再現することが可能です。

 

 

さすがに画面サイズは劣りますが、映画館と比べるとホームシアターは画面までの距離が近くなるため大画面の迫力を味わえることは間違いありません。さらに、映画館は食べ物や飲み物の持ち込みが限定されますが、ホームシアターなら誰に怒られることもなく好きなものを飲み食いしながら映画を見られるのです。

 

 

また、ホームシアターで上映できるのは映画だけではありません。映像であればジャンルを問わないので、テレビドラマやスポーツ、ゲームなど自分の好みに合わせて好きなものを見たりプレイすることができるようになるのです。自宅ホームシアターを作る最大の魅力は、自分以外の要素に邪魔されることなく作品世界に没頭できることなのです。

 

 

ホームシアター導入にあたり必要な物


 

自宅の一室をホームシアターに改造するためには、映像を楽しむ他の設備を整えなければなりません。真っ先に必要となるものは、映像を映し出すプロジェクターとスクリーンです。

 

 

一般家庭ではテレビに映像を映し出すことが当たり前ですが、より大画面で映画を見るのであればプロジェクターとスクリーンは欠かせません。一般向けに販売されているテレビの場合は高級モデルでも60インチ程度が限度ですが、プロジェクターとスクリーンであればそれ以上のサイズで映像を楽しむことができるのです。壁が白ければ、スクリーンの代わりに壁に映し出すことも可能です。

 

 

また、DVDやブルーレイディスクを再生するプレイヤーも用意する必要があります。映画だけでなくテレビドラマを録画して視聴したいのであればブルーレイレコーダーが最適で、ゲームもプレイしたいのであれば家庭用ゲーム機の機種によってはDVDやブルーレイディスクを再生できるものがあります。スペースを節約するためにも、複数の機能を一台でこなせるタイプがおすすめです。

 

 

これで映像を再生する機材は整いましたが、映画館の雰囲気を作るために遮光カーテンとソファも用意するべきです。部屋を完全に暗くするためには普通のカーテンでは力不足なのです。ソファは大きめのサイズを選び、窮屈さを感じることがないようにしましょう。

 

 

“音響環境”を整えて実際の映画館に負けない臨場感を演出


 

自宅ホームシアターに欠かせないのが音響です。普通の部屋のテレビで映画を見ているときは音響にこだわることはなく、テレビに内蔵されているスピーカーを使っています。

 

 

しかし、映画ソフトやゲームの場合はテレビ内蔵のスピーカーでは表現しきれない高品質な音源が使われていて、その音を聞けるようにすることがホームシアターにとって重要なことなのです。音響環境を整えれば、映画やゲームの臨場感がさらに増して没入感がさらに増すのです。

 

 

音響環境を整える第一歩となるのは独立スピーカーの設置です。現在の主流は5個のスピーカーを自身中心とした4方向と正面に置き、さらにサブウーファーを加える5.1ch構成です。この構成にすると、全方向から耳に音が聞こえるようになるので臨場感が全く違います。

 

 

映画ソフトやゲームによってはどのスピーカーからどの音を出すかという設定が行われているため、BGMは正面のスピーカーから聞こえて効果音は後ろのスピーカーから聞こえるというリアルな音響を体感できます。

 

 

また、高音質を追求するならアンプも必要です。アンプはプレイヤーやゲーム機などの再生機器と接続し、音を再生する媒介としてスピーカーに伝える役割を果たします。アンプの質が良いと高音質になり、長い時間にわたって聞いていても聞き疲れしない良い音で作品を楽しめるのです。

 

 

 

自宅の一室をホームシアターに改造すると、これまで映画館で感じていた様々な欠点を解消することができます。上映スケジュールはこれまでにソフト化されている作品の中から自分で決めることができ、他人に邪魔されることなく作品世界に入り込めます。

 

 

また、最近はオンラインの動画配信サービスによって定額で様々な映画を見ることができるようになっていて、ホームシアターがあればその魅力を最大限に引き出せるのです。

 

 

工事などは必要ないため女性でも行うことが可能で、映画にとどまらずテレビドラマ鑑賞やスポーツ観戦、ゲームプレイなどで自宅にいる時間を有意義に過ごせることは間違いありません。

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る