毎日の買い物のおつりで投資できる「おつり投資」が増えています。そんな中、TORANOTEC株式会社が提供する「トラノコ」が、企業の福利厚生用向けにサービスの提供を開始しました。

この記事では、おつり投資トラノコの仕組みと、企業の福利厚生にトラノコがどのような役割を果たすのかについて解説します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

「おつり投資」とは?

おつり投資とは、電子マネーやクレジットカードを使って買い物をした端数(おつり)を、積み立てて投資をしていくサービスです。

たとえば、電子マネーやクレジットカードを使って買い物をするときでも、現金のように1,000円で買うか、500円で買うかなどを決めておきます。500円で買うと決めていた場合、400円の商品を買ったら、100円のおつりを投資に回す仕組みになっているのです。

 

個人向けに「おつり投資」として提供しているアプリ「トラノコ」とは?

出典:トラノコ

 

「おつり投資」を提供しているサービスに「トラノコ」があります。トラノコは、毎日の買い物のおつりを、世界中の資産に自動的に分散投資できるスマホアプリです。トラノコの「おつり投資」の仕組みは、以下の通りです。

買い物をする

まずはいつも通りに買い物をします。ただし買い物をする時は、トラノコや提携家計簿アプリ(マネーフォワード・マネーツリー・Zaim)で登録しているクレジットカードや電子マネーを利用します。

投資したい「おつり」を選ぶ

出典:トラノコ

 

「トラノコおつり捕捉サービス」や提携している家計簿アプリを通じて、買い物データに連動したおつりデータがトラノコ上に表示されます。

おつりの設定基準は、「100円単位」「500円単位」「1000円単位」の3段階。350円の買い物をすると、おつりは以下の金額になります。

・100円単位   50円

・500円単位   150円

・1000円単位   650円

選択したおつりを自動投資

毎月1回、その月の「おつり」の合計が、登録した銀行口座から自動的に引き落とされて投資の資金に回ります毎月の投資上限の設定や、おつり投資への資金追加も可能です。

運用状況を確認

出典:トラノコ

 

後は、トラノコアプリで運用状況を確認するだけです。運用状況は毎日更新され、いつでも出金が可能です。

 

トラノコのメリット

それでは、トラノコのメリットを確認していきましょう。

投資信託を選べる

トラノコでは、顧客のリスク許容度に応じた3つのファンド(投資信託)を用意しています。

出典:トラノコ

 

どのファンドを選んでも、世界中の株式や債券、不動産などに幅広く分散投資できます。トラノコの投資対象は「ETF(上場投資信託)」です。

以下のように、日本を含む世界中の株式や債券・不動産・商品(金やエネルギー)に投資することができます

出典:トラノコ

 

各ファンドの資産構成は、以下の通りです。

出典:トラノコ

 

リターン重視の「大トラ」なら株式の割合が多くなり、安定重視の「小トラ」なら債券の割合が多くなります。3つのファンドから種類を選ぶだけなので、投資初心者でも気軽に始められるというのは、大きなメリットでしょう。

ほぼ全ての金融機関に対応している

投資に回す「おつり」は月1回、指定口座から引き落とされます。トラノコは、ほぼ全ての金融機関に対応しているので、新たに銀行口座を開設する必要はありません

ポイント投資もできる

トラノコはおつり投資だけでなく、「ポイント投資」も可能です。nanacoポイントやANAマイルなど、買い物で貯まるポインでも簡単に投資できます。2019年11月時点の投資可能な提携ポイントは、以下の6つです。

 

nanaco

5,000万人以上が利用するお買い物ポイントの代表格。 

 

ANAマイル

1マイル=0.5円で、マイルがトラノコポイントを経由して投資に回ります。

 

Gポイント

ジー・プランが運営。買い物などでポイントを貯められるほか、ナビタイムマイレージやマツキヨポイントポイントから交換することも可能です。1pt=1円で交換できます。

 

ポイントタウン

GMOメディアが運営し、ダウンロード数が150万を超える人気サービス。アンケート回答やゲーム、提携サイトでの買い物などでポイントを貯めることが可能です。20pt=1円です。

 

ネットマイル

買い物やゲームなどでポイントを貯められるほか、gooポイントなど、複数のポイントから交換できます。2mile=1円です。

 

リアルペイ

リアルワールドが運営。げん玉ポイントなど、さまざまなポイントから交換が可能です。1リアル=0.098円です。

提携ポイントサービスは、順次拡大していく予定です。

 

トラノコのデメリット

月額300円の利用料がかかる

トラノコの料金体系は以下の通りです。

以下も、こちらの言い回しで合わせました。

出典:トラノコ

 

トラノコの料金体系は、長期の資産形成に最適になっています。運用報酬(運用額に応じたコスト)が他社よりも安く設定されているからです。しかし、トラノコを利用するためには、300円の月額利用料がかかります。そのため、資金が少ない間は、他社よりも手数料負担が大きくなる可能性があるのです(ただし、当初3カ月間は無料)。

それでは、どの程度の運用資金になれば、トラノコの手数料負担は他社よりも低くなるのでしょうか。以下の図をご覧ください。

出典:トラノコ

 

トラノコの運用報酬は0.3%と、他社平均1.18%よりもかなり安くなっています。ただし、月額利用料が300円かかるので、運用額が40.9万円まではコスト負担額が大きくなってしまいます

40.9万円というと大きな金額に感じるかもしれませんが、トラノコは10年・20年と長期でコツコツ資産形成するためのサービスです。おつりをコツコツ貯めていけば、大きな金額を運用することも可能です。

たとえば、100万円を運用している場合、運用報酬が1%の投資信託では1万円のコストがかかりますが、トラノコだと運用報酬3,000円に年間の月額利用料3,600円を足しても6,600円です。また、トラノコにはポイントで投資する機能や、毎月のポイントプレゼントなど、他社にはないサービスが充実しています。

どうしても月額利用料のコストが気になる方は、最初からまとまった金額を投資することを検討すると良いでしょう

 

トラノコを企業向けにも提供する背景

2019年11月、トラノコを提供する企業の「TORANOTEC(トラノテック)」は、トラノコを企業向けに提供すると発表しました。企業がアプリの月額利用料300円を負担し、従業員の資産形成を後押しするのです。

法人契約で企業が負担するのは、アプリの月額利用料300円のみで、運用資金はだしません個人型確定拠出年金に中小企業が一部を拠出する「イデコプラス」では、掛金の半分を企業が負担しなければいけません。たとえば、従業員が1万円拠出すると、企業も1万円負担しないといけないのです。

そういった点で、トラノコは企業のコスト負担が少なく、福利厚生に活用しやすいというメリットがあるのです。

10月には、トラノテックに出資する駐車場経営の「パラカ」がトラノコを採用しました。トラノテックは今後、法人営業の担当部署を設けて企業に売り込みます。

「老後の資金が2000万円不足する」という金融庁の報告書で(後に撤回となりました)、若い世代を中心に投資への関心が高まっています。トラノテックも、新たな顧客の取り込みを狙っているのです。

 

まとめ

今回は、おつり投資サービスを提供している「トラノコ」について解説しました。「投資」をしようと考えても、なかなかハードルが高くて始められないという方も多いでしょう。

しかし、トラノコなら毎日の買い物のおつりを自動的に投資に回せるので、気軽に資産運用を始められます

トラノコは、これまで個人向けにサービスを展開していましたが、福利厚生として企業への提供も開始しました。300円の負担で従業員の資産形成ができるので、今後、福利厚生の一環としてトラノコを利用する企業は増えていくのではないでしょうか

 

記事 山下 耕太郎

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

【過去記事はこちらから】

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい3つの経済指標

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい5つの情報サイト

【株式投資入門】投資のために知っておきたいテクニカル分析!2つのチャートの見方

【株式投資入門】NT倍率とは|日経平均株価とTOPIXの仕組みと違いを知ろう!

【株式投資入門】インデックスファンドとアクティブファンド|5つの違いとは?

【株式投資入門】インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いとメリット・デメリット

【投資コラム】積立投資は「つみたてNISA」で始めよう

【投資コラム】分散投資とは?メリット・デメリットと4つの方法を詳しく解説

【投資コラム】信用取引とは?押さえておきたい4つの仕組みとメリット・デメリット

【投資コラム】プロが教える株式市場下落時の5つの対処法!フラッシュクラッシュとは?

【投資コラム】ETFとは?株式・投資信託との5つの違い 

【投資コラム】社債とは?国債や株式との違いとメリット・デメリットについて解説

【投資コラム】つみたてNISA、20年後はどうしたら良いの?

【投資コラム】TOB(M&A)とは?2つの種類と株価への影響を解説

【投資コラム】株主優待とは?知って得する裏技と人気優待3選

【投資コラム】上場インフラファンドでインフラ投資を始めよう

【投資コラム】コモディティー投資とは?メリット・デメリットと投資方法を解説

【投資コラム】IPO投資とは?初心者にオススメの証券会社を比較

【投資コラム】初心者には危険な投資信託とは?購入する際に気をつけるポイントを解説!

【投資コラム】楽ラップとは?特徴とメリット・デメリットをご紹介!

【投資コラム】スマホで簡単!One Tap Buy(ワンタップバイ)とは?