皆さんは、現在お住まいの家、部屋をDIYなどしてイメージチェンジしたことはありますでしょうか。いまでは、テレビでも簡単にDIYしてリフォームしようというコーナーも数多く見かけます。しかし、賃貸だから何できないと思っている方も少なくありません。今回は、部屋の模様替え、イメージチェンジに一番インパクトがある壁紙の変更について賃貸でも行える、かつ、自分で行うことが出来る方法をご紹介していきます。

賃貸の壁紙の種類を把握しよう!

まず、壁紙にはどのようなものが存在するのか、一般的な種類を確認していきましょう。ご紹介するのは一部となり、他にも様々なものはありますので、気になった方は壁紙の種類についてしらべてみてください。

①ビニール

「ビニール」の壁紙(クロス)は、日本で最も多く使用されている素材となります。塩化ビニール樹脂を主原料として、ビニールシートに紙などが裏打ちされて作られているものになります。たくさんの細工処理、加工が可能な素材のため、カラーや柄、高級イメージな大理石風の柄や、凹凸のあるエンボス加工されているものまで様々なものが販売されています。

メリットとしては、価格が安く、かつビニールのため耐久性が高く、油汚れなども拭き掃除で簡単に落とせることがメリットになります。また、消臭、防菌、防カビなどの対応もされたものも開発されています。様々なデザインのものがあるため、利用者にとっては、自分の希望のイメージにあったものを選びやすいのもメリットです。

逆にデメリットは、接着剤にホルムアルデヒドという有害物質が含まれているため、健康面の影響や、処分(焼却)する際などにダイオキシンが出てしまう心配があります。近年、使用量の軽減がされてきておりますが、アレルギー対策などを気にされているかたは避けたほうが良いかもしれません。

②紙

「紙」の壁紙(クロス)は、主に欧米で使用されていることが多いです。日本では、パルプを原料としている洋紙タイプの輸入商品が多く、プリント加工やエンボス加工された商品が多くみられます。また、コウゾやミツマタなどを使用した和紙、ケナフなどの非木材紙を原料としている特殊紙タイプ、そして表面がフィルム加工されている合成紙タイプなども存在します。

環境や健康面において注目されている素材となります。先ほどのビニールを避けたい方については、紙で検討してみてはいかがでしょうか。紙のメリットとしては、音の吸収そして、空気を通すという点が最大のメリットです。

和室や寝室におすすめです。デメリットとしては、先ほどのビニールの壁紙(クロス)に比べると薄いことです。そのため、下処理を怠ったりしまうと下地が出てきてしまったり、壁に凹凸があると貼るのが難しいといわれています。

③フリース

「不織物(フリース)」の壁紙(クロス)は、パルプ、ポリエステルなどの化学繊維から絡ませて作られています。メリットとしては、水に濡れたときなど水分の含有による伸びはほとんどなく縮みにくいとされています。

④織物

「織物」の壁紙(クロス)は、木綿や麻など自然素材を使ったものから、シルク素材、そしてサテン素材などがあります。高級感や重圧感があるため、ゆっくりとした落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

そのため、ホテルや美術館などで使用されていることが多いです。メリットとしては、布素材としての風合いや凹凸感の美しさ、そして、紙と同様の通気性に優れています。また、湿気が多いときは、湿気を吸収、乾燥時には水分を放出してくれるメリットがあります。

おすすめは貼って剥がせる「フリース」

賃貸向け、かつ手軽にできるという点でおすすめなのは、「フリース」となります。さきほど説明したメリットにも記載していますが、水に濡れても伸びにくいため、糊を壁紙の裏に塗って(伸ばして)から施工するという作業が必要ありません。

糊は壁側に直接塗って、糊のついてない壁紙を壁に貼っていくという作業になるため、貼付が簡単にできる素材になります。フリース用の壁紙専用の糊などを使用すると、剥がしやすく、剥がした後にも跡が残りにくいというメリットもあります。貼るのが簡単、剥がしても跡が残らないという素晴らしさです。

賃貸の壁紙をキレイに、ムラなく貼って変える手順

壁紙の素材を確認したあとは、実際の壁紙を貼る手順を確認しましょう。今回は、先ほどおすすめした、貼って剥がせるタイプの「フリース」を例にしてご説明していきます。

壁紙を貼る前に事前準備をしよう

まずは準備するものを整理していきます。

壁紙用の強力のり

貼って剥がせるフリース壁紙専用の糊があります。自分で糊を塗ることになりますので、糊の他にも、「ローラー」、「バケツ」を用意しておきましょう。

カッター

カッターは、壁紙を必要なサイズに切り取る際に必要になります。事前にサイズを計って切ったほうが良い場合などは、カッターの他に「定規」、「はさみ」などもあったほうが良いです。

ローラー

貼り付けた壁紙をなじませるために、ローラーがあったほうがいいです。また、壁紙を角に決め込むための「角ベラ」や壁紙の空気を抜くための「なでバケ」などもあったほうが便利です。

タオル

タオルはいろんな場面で活用が可能です。壁紙を貼った際に空気を抜き作業をタオルでやることも可能です。また、糊などがはみ出た場合のふき取りなどにも使用できますので、タオルはあらかじめ準備しておくことをお勧めします。

手順1:のりを作る

糊を作る方法として、一般的な作り方をご紹介します。ただし、実際行う際の手順は、購入された糊の作り方を見て確認するようにしてください。

・どのくらいの糊の量を作りか確認する

・必要な分だけの糊を用意する

・糊を溶かすためのお湯(ぬるま湯)を用意する。(量は糊に合わせて用意してください)

・用意したお湯(ぬるま湯)に準備した糊を入れる。(いきなりいれますとダマになりやすいので、少しずついれる)

・糊が沈んで来たら、泡だて器などでかき回す

・色が変わってきて、トロトロになってきたら完成。(混ぜている際にダマになった糊は取り除くことをおすすめします)

・30分ぐらい放置してから使用開始です。

また、使用した後に糊を保管して置く場合は、密閉できる容器にいれておくようにしてください。

手順2:のりを壁に塗る

ローラーに作成した糊をつけて、壁に直接塗っていきます。貼り付けたい壁紙のサイズよりも少し大きめに(はみ出す程度)塗るようにしましょう。糊自体の接着力は弱いので、多めに塗ることをお勧めします。壁紙が剥がれやすい角や端などについては、意識して塗るようにしましょう。

手順3:壁の端から空気を抜くように壁紙を貼る

少し余裕を持たせて(上下5cm程度)貼り付けていくようにしましょう。また、右利きの方の場合は、右上から貼る方がスムーズに貼れます。空気の抜き方としては、「ハ」の字を描きながら、中心から外側にむかって抜いていくようにします。あまり、力を入れ過ぎてしまうと壁紙が破れてしまいますので注意してください。

手順4:余分をカットする

貼り終わりましたら、余裕を持たせて貼った部分の余り部分をカットしていきます。角ベラなどで角を決め込み折り目を付けます。カット定規などを用いて余分な部分をカットしていきましょう。

手順5:2〜3枚目も同じように貼っていく

後は、必要な枚数(箇所)分、上記手順2~手順4を繰り返していくことになります。

賃貸の壁紙を貼る時のコツ

基本的な壁紙の貼り方の手順を説明しましたが、DIYで上手に壁紙を貼り付けるためのコツをいくつかご紹介します。始めて壁紙の張替を行う方などは、ぜひ下記の点を意識して行ってみてください。

2人以上で協力して貼ろう!

壁紙の張替については、貼り付ける面積の大きさ、高さなどから、自分で行う場合は、2人以上で作業するほうが失敗することは少ないです。小さい面積でしたら2人より、1人のほうがやりやすいですが、規模の大きい張替を行う場合などは2人で協力して行いましょう。

タオルを使って空気を抜くとキレイに

壁紙の貼付で空気抜きは重要な作業となります。貼っている際に、空気が入った場合は、抜いていくことが重要になりますが、なでバケなどで空気を抜いていく方法やタオルでも空気抜きは可能です。中心から外側に押し出すイメージで空気を出していきましょう。空気が入ったからと言って焦る必要はありません。

壁紙を貼る時は上下に5cm程度の余分を作っておく

貼り付ける際に余分をもって貼付けを開始することをお勧めしましたが、余分を作ることはとても重要です。貼り方によるズレ、切り取りサイズ間違いなどのリスクも抑えることができますし、隣接する壁紙との境目、つなぎ目部分なども貼り付けてから調整したほうが上手にいきます。

壁紙を張替えたい、傷なくキレイに現状回復する手順

現在、貼ってある壁紙を剥がす、自分で貼った壁紙を引っ越しの際に剥がすときなど、今度は、壁紙を上手に剥がす方法をご紹介していきます。

手順1:端からゆっくり剥がしていく

壁紙をどこから剥がしていくかという点についてですが、基本的には端から剥がしていくというやりかたで問題ありません。もしくは、壁紙と壁紙のつなぎ目になります。もし、該当箇所が分からない場合などについては、カッターで切り込みを入れて、そこから剥がしていくようにしましょう。

手順2:裏紙が残っている場合は「専用はがし液」を利用する

壁紙を綺麗に剥がせれば、それが一番良いのです。壁紙の張替を考えると裏紙はそのまま残った状態がベストですが、綺麗に剥がすことができない場合は、裏紙も一緒に剥がしてしまいましょう。

スポンジで塗って10分間放置する

部分的に残ったりして、綺麗に剥がせない場合は、専用のはがし液を使用すれば、きれいに剥がせますので、スポンジなどに液体しみこませ、該当の箇所に塗り付け、10分程度放置してから剥がしてみましょう。

手順3:壁に残ったのりや液を水拭きする

綺麗に剥がし終わったとしても、目には見えない糊の跡が残っていたりします。張り替えた際にそれが原因で凹凸や紙が浮いてきたりしてしまいますので、霧吹きなどで水をかけ、きちんとふき取るようにしましょう。すべてが終わりましたら、剥がした壁紙は適正に処分するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。壁紙の張替については、頻繁にやる作業ではないので、DIYで行う場合など、誰もがほとんど経験したことがない作業になります。しかし、ポイントとなる部分を理解して行うのと行わないのでは、結果に差が出てきます。

準備するもの、手順を確認し、ポイントとなる部分を抑えて行えば、失敗する可能性はだいぶ減ります。悩まれているようでしたら、剥がせるタイプの壁紙を利用すれば何度も調整できますし、気軽に行ってみてはいかがでしょうか。自分自身でやりますと満足感もありますし、住んでいる家、部屋に更に愛着も沸いてきます。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓