こんにちは。
東京都内でワンルームマンション投資をしている、個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

2019年10月に、消費税が8%から10%へ、増税が予定されています。増税前に、大きな買い物や消耗品のまとめ買いを考えている人も多いと思います。
ですが、実は増税後の方がお得に買い物できるかもしれません。

例えば、増税後にクレジットカードや電子マネー等のキャッシュレス決済で支払いをすると、代金の5%がポイント還元されるお店があります。

通常、クレジットカード等のポイント還元率は1%程度ですから、それが5%になるのはインパクトが大きいですね。

今回は、増税後のキャッシュレス決済のポイント還元についてお伝えします。

ポイント5%還元!増税後のキャッシュレス決済とは

増税後に消費が落ち込んで景気が悪くなってしまっては困るので、政府は様々な対策を準備しています。

軽減税率の導入や、住宅ローン減税の改定等と合わせて、
「キャッシュレス決済の最大5%ポイント還元」が増税後にスタートします。今回消費税は8%から10%へ上がりますので、増税幅は2%です。

ところがキャッシュレス決済を利用した場合のポイント還元は5%ですから、
増税後にお買い物をした方がお得になるケースも多くなります。

キャッシュレス決済のポイント還元がされるのは、2019年10月から2020年6月までの10カ月間です。この期間は、意識的にキャッシュレス決済の利用を心がけてみてはいかがでしょうか。

ただし、すべてのキャッシュレスでのお買い物が還元対象になるわけではありません。「対象の決済方法」で「対象の店舗」を利用することが条件ですので、詳しくご紹介します。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済とは具体的にどのような方法でしょうか?
大きく4種類に分けられます。

① クレジットカード・デビットカード
② 電子マネー
③ QRコード
④ モバイル決済

クレジットカードやデビットカードなどのいわゆる「カード払い」の他に、
交通系ICカードやEdyなどの電子マネー、話題のPayPayやLINE payなどのQRコード決済、スマホに登録したクレジットカードや電子マネーで決済するモバイル決済が、キャッシュレス決済に該当します。

注意点は、登録されているキャッシュレス決済業者でないと、ポイント還元の対象にならないことです。現在、仮登録されている決済業者は116社です。

経済産業省ホームページ
https://cashless.go.jp/assets/doc/kessai_karitouroku_list.pdf

キャッシュレス決済のポイント還元に興味のある人は、まず対象の決済方法で、自分が利用できるものが何種類あるか確認しておきましょう。

例えばクレジットカードであれば、三井住友カード、JCB、AMEXなどが登録されています。

キャッシュレス決済は全部で4種類ですから、それぞれの種類ごとに、自分が使える決済手段が1つ以上あると良いですね。

還元率は5%か2%

対象のキャッシュレス決済が確認できたら次は、どこで使えるかの確認です。実はどんな買物でも5%還元されるわけではありません。

5%還元される買物と、2%還元される買物と、還元の対象外の買物があります。

まず、5%還元されるのは「中小・小規模事業者」と定義されています。つまり大型スーパーや百貨店などは対象にならないと考えておきましょう。

他にもマイカーの購入や、家電量販店など高額な買物をする場面で、ポイント還元が受けられないことがあり得ます。実際に対象になるお店は7月下旬以降公表される予定です。「お店」という表現をしましたが、実店舗のないネット通販なども対象店舗に登録される予定です。

次に、2%還元されるのは、フランチャイズチェーンです。フランチャイズと聞くとイメージしやすいのは、コンビニエンスストアやチェーンの飲食店などです。

これらのお店も、7月以降に発表される対象店舗に登録されていれば、2%のポイント還元が受けられます。フランチャイズチェーンの難しいところは、例えば同じ看板のコンビニエンスストアでも、フランチャイズの店舗もあれば、直営店の場合もあることです。

ポイント還元の対象になる店舗には、9月頃をめどにポスターやロゴが掲示されるそうなので、店舗の入口やレジ付近で目にすることが多くなると思います。

増税前から、「このお店は10月以降ポイント還元の対象店舗なのか?」良く利用するお店は確認しておきたいですね。

”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから

 

増税後の買物はキャッシュレスに決まり!

日頃利用している店舗やサービスがポイント還元の対象になるのであれば、増税後は積極的にキャッシュレス決済を利用するのがおすすめです。

ポイント還元でお得に買い物するというメリットの他に、
キャッシュレス決済を習慣にすると買物が効率よくなります。

日本人は現金の利用率が非常に高く、少額の買物でカードを使うことに違和感をもつ人が多いです。

私も以前そうでしたが、「コンビニエンスストアで数百円の買物をするのにクレジットカードを使うなんて」と思ってお財布を出して現金払いをしていました。ですが現金払いは顧客にとってもお店にとっても非効率です。

お財布からお札と小銭を数えて出して支払うお客さん、それを確認してお釣りを準備し、レジにお金をしまうお店側。これだけでもかなり時間がかかります。例えば始業時間直前にコンビニに行ってレジが大行列していたら買物は諦めますよね。お店にとっては大きな機会損失です。

今は、現金ONLYのお店を探す方が大変なくらい、どこでもキャッシュレス決済ができるように整っています。あとは私たちユーザーがそれを活用してスマートにお会計をする習慣を付けるだけです。

キャッシュレス決済が主流な未来がすぐそこに

特に2018年頃から、QRコード決済とモバイル決済が浸透し始めて、「お金(お財布)がなくてもスマホがあれば生活できる」という環境が整いつつあります。

男性に比べて持ち物の多い女性は、お財布がなくなるだけでかなりバッグが軽くなります。盗難やひったくりの被害に遭うこともなくなります。バッグの中からお財布を探す時間もなくなります。駅でICカードにチャージするために券売機に並ぶ時間もなくなります。

お財布から現金を出すのは大勢で食事をしてお会計を割り勘にする時くらいでしょうか。(一部のQRコード決済会社は、割り勘決済も可能です)

キャッシュレス決済はポイント還元のメリットに加えて、時間の節約になるのと、セキュリティー面で安全にお金の管理ができるようになります。

日頃から家計簿を付けている人であれば、キャッシュレス決済だけで買物をしていると、すべて記録に残るので「お金が合わない」ということがありません。
レシートの捜索活動をしたり、過去のスケジュールを見てこの日何にお金を使ったか…と記憶をたどる必要もありません。

【キャッシュレス決済の5%還元】が実施される背景には、増税後の消費落ち込みを回避する以外に、キャッシュレス決済の浸透という目的が含まれています。
これを機に、お金の使い方をキャッシュレス決済重視に見直してみるのはいかがでしょうか。

スマホの普及で、最近の子供たちが電話機を見る機会がないのと同じように、
キャッシュレスの普及で、数十年後の子供たちはお財布を見ることがないかもしれません。

 

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

 

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

【FPコラム】PayPayってイイの?!話題のスマホ決済とは

【FPコラム】インフレに強いお金の運用は株式と・・・借金?!

 

お金の守り方・殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓