こんにちは。

東京都内でワンルームマンション投資をしている、個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

9月の台風15号、10月の台風19号で、関東・東北地方を中心に各地で大きな被害が報告されました。

今も生活に不便をされている方が多くいらっしゃいます。一日も早く普段どおりの生活ができるよう願っております。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

今回は、

災害時に頼りになる【火災保険】の話です。火災保険は火事の備えだけではありません。日常生活で広く役に立てることができます。

台風の被災地にいらっしゃる方へ、このコラムの内容がお役に立てばとても嬉しいです。

 

台風被害は火災保険の請求を忘れずに

マイホームに住まれている方も、賃貸住宅の方も、殆どの方が火災保険に加入しています。

火災保険=火事に遭ったら保険金が出る

それだけではありません。台風も火災保険の対象です

 

火災保険の補償には、

・火災

・落雷

・破裂

・爆発

が殆どの場合についています。

余談ですが、地震が原因となる火事の場合、火災保険の補償の対象にはなりません。地震による火災の被害が心配な方は、「地震保険」に加入することで火災の補償がされます。

 

また、より充実した補償内容で契約している場合、

・風災

・雹(ひょう)災

・雪災

・水災

・水濡れ

・盗難

なども火災保険の補償の対象になります。

台風の被害には【風災】と【水災】があります。例えば台風の強風で屋根が飛んでしまったり、外から飛んできたものが窓ガラスに当たってガラスが割れた場合、【風災】の補償対象です。

台風の大雨により河川が氾濫して床上浸水したり、土砂崩れの被害に遭った場合は【水災】の補償対象です。

同じ台風でも、損害の状況によって強風による被害と、大雨による被害に分けられます。

 

2019年10月12日から13日にかけて東日本を直撃した台風19号は、河川の氾濫による水災の被害が多くありました。

実は火災保険の水災補償は保険料が高いため、付帯しない方も多いです。ですが、川の水が入って家中泥だらけになっている映像を見ると、再度生活できる状態に戻すのには、かなりのお金がかかることが想像できます。修理が終わるまでの仮住まいにもお金がかかります。家が流されてしまうような被害の場合は、建て直すのに数千万円とかかる可能性もあります。

今回の台風を機に、お住いの自治体のハザードマップを確認することをお勧めします

また、マンションにお住いの方は一戸建てと異なり、家が流される心配がないので水災補償を付けない方が多いかもしれません。ですが、川の近くの低層階にお住いの方には水災補償は必要です。東京都内でも、多摩川の氾濫で被害を受けたマンションは多数あります。

「過去最大級」と呼ばれる自然災害が毎年のように日本各地で起こっています。火災保険は、安心安全に生活するために必要なコストですので、節約せずに必要な補償は付帯しましょう。

また、災害が増えると保険金の支払い件数が増えるため、保険会社は火災保険の保険料を値上げします。実際、この数年は値上げ傾向が続いています。次回の値上げの前に、長期契約の火災保険に加入しておくことをお勧めします。火災保険は、マイホームの人であれば最長10年の長期契約が可能です。賃貸住宅の方は賃貸契約の期間なので、2~3年の火災保険に加入できます。

今回の台風が原因で修理したものや、買い替えたものがある場合は、必ず壊れたものの写真を撮っておきましょう。台風の被害にあったことを証明できるのは、その損害がわかる写真です。マイホームの方は、ご自宅の屋根や外壁、塀や窓ガラスに加え、建物の中にある家財道具もすべて自分の持ち物です。

賃貸住宅の方は、家財道具だけが自分の持ち物で、建物や室内に備え付けのエアコンなどはオーナーさんの持ち物です。例えば賃貸住宅に住んでいる方で、強風で窓ガラスが割れた場合はオーナーさんに修理してもらいましょう。窓ガラスは建物の一部で、オーナーさんの物です。台風などの災害の場合、入居者が費用を負担して修理する必要はありません

反対に、被災地に投資用の不動産を所有している方は、入居者から修理の依頼があるかもしれません。日頃から管理会社に賃貸管理をお願いしている方は、入居者とのやり取りや、その後の修理と火災保険の請求を管理会社がフォローしてくれるので安心です。

台風に限らず、火災保険の保険金は、写真がないと請求するのが難しい場合がありますのでご注意ください。また、修理が必要な場合は修理業者へ見積もりを依頼しておきましょう。写真と見積もりが準備できれば、火災保険の請求ができます。

 

突然テレビが壊れても火災保険

台風以外で、火災保険の保険金が出るケースをご紹介しましょう。

先月、我が家のテレビが突然映らなくなりました。購入したのは2年半前。まだ新しいですし、使用頻度が低いので劣化したとは考えにくいです。

メーカーへ点検に来てもらうと、テレビの上にエアコンが設置してあるので、エアコンの水漏れで故障した可能性があると言われました。そして後日、実際にエアコンの送風口から水滴が落ちているのを発見しました。

修理費用や新品に交換する費用。「高いなあ・・・」と思いながらもテレビがないのは不便なのでついつい負担してしまいがちです。ところがこの例は、火災保険の【水濡れ】の補償の対象です。壊れたものがテレビなので、家財道具です。

家財道具が補償の対象になる火災保険に加入していれば、数十万円する家具家電が壊れてしまった場合も、想定外の支出に困ることはありません。「もしかして、保険金がおりるかも?」と思う家庭内の電化製品や家具の故障は、保険会社へコンタクトを取ることをお勧めします。

 

旅行中にカメラが壊れても火災保険

旅行中、観光地巡りをしている時に首から下げていたカメラが手すりなど硬いものにぶつかりレンズが故障。これも火災保険で補償されることがあります。オプションで「携行品損害」という補償をつけている場合です。携行品損害は、普段は家の中に家財道具としてあるものを外に持ち出している間に、壊れた場合の補償です。カメラに限らずスーツケースの破損なども補償の対象です。

旅行保険で、「携行品損害」という同じオプションをつけることができますが、すでに加入している火災保険についているのであればこのオプションは不要です。重複して加入しても保険金は一方からしかもらえませんので、旅行保険に加入する前に火災保険と重複していないか確認することをお勧めします。

同じ「携行品損害」でよく保険金の請求に使われるものが、ゴルフクラブです。ゴルフのプレー中に、クラブが折れたり曲がってしまうことがあります。この壊れたクラブの修理や買い替えにかかる費用は、「携行品損害」のオプションがついた火災保険で補償されます。

ゴルフが趣味の方で、火災保険に「携行品損害」のオプションがついていなければ、「ゴルファー保険」に加入することでクラブが破損した時に保険金を請求できるので安心です。

 

臨時支出は保険でカバーできる可能性がある

家電の故障などは、長年使っていて経年劣化したものは仕方ありませんが、まだ新しいのに急に使えなくなると、買い替えの計画もしていないので大きな支出になりますね。故障の原因が、予測できない災害などの不可抗力であれば、それは火災保険の支払対象になる可能性があります。

「予想外の出費だ・・・」と思うような家具、家電、精密機器などの故障は、火災保険を使えるかもしれないと覚えておきましょう

 

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

 

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

【FPコラム】PayPayってイイの?!話題のスマホ決済とは

【FPコラム】インフレに強いお金の運用は株式と・・・借金?!

【FPコラム】ポイント還元5%!増税後のキャッシュレス決済とは?

【FPコラム】いつの間にか『物価の安い国』になった日本

【FPコラム】お金を贈与されたら、どのように管理したらよい?

【FPコラム】消費税10%開始!軽減税率とキャッシュレス決済まとめ

”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから