こんにちは。

東京都内でワンルームマンション投資をしている、

個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

4月から、東京都で自転車に乗る方の自転車保険が義務化されます。

マイカーが少数派の首都東京では、車の代わりに自転車を利用する方も多いのではないでしょうか?

通勤、レジャー、保育園・幼稚園の送迎などの移動手段として、また、トライアスロンやサイクリングなどスポーツとして楽しむ方も多いでしょう。

最近では、必要な時だけ使えるレンタサイクルも普及しています。

自転車保険とはどんな保険なのか?

どこで加入できるのか?

いくらするのか?

そんな、自転車保険の疑問にお答えします。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

自転車保険とは?

自転車保険とは、どのような時に使う保険なのでしょうか?

自転車保険の補償は大きく2つです。

  • 自分がケガをした時の補償

自転車に乗っている時に、事故に遭ったりケガをした場合の治療費の補償です。

治療のために入院や通院 、また、死亡や後遺症が残った場合、契約時に約束された保険金を受け取ることができます

  • 相手方の補償

自転車に乗っていて自転車事故を起こし、他人にけがをさせてしまった時の賠償金を保険金でカバーします。

また人に限らず、車にぶつかって傷をつけてしまったなど、相手の物に損害を与えた時も同様に補償されます。

マイカーをお持ちの方なら、車の任意保険の【対人・対物補償】をイメージするとわかりやすいと思います。

4月1日より義務化されるのはこの2つのうち、「相手方の補償」のみです。

自分のケガの補償は、今回の義務化の対象にはなりません

自転車もスピードを出して事故を起こすと、車と同じくらいの被害になる可能性は十分にあります。

自転車で事故を起こして相手が死亡した場合、遺族から1億円を超える損害賠償請求をされた事例が過去にいくつもあります。

高額になる理由は、逸失利益といって、慰謝料に加えてその方が生存していればこの先得られるはずだったお金(生涯賃金など)が、加害者に請求されるためです。

また、まだ責任能力のない子供が自転車で事故を起こした場合は、親が損害賠償に応じることになります

自転車事故の加害者の大半が、高齢者と子供です。

自分はもちろん、親御さんやお子さんの自転車保険も必ず加入しましょう。

ある日突然事故の加害者になり、1億円を請求されてすぐに払える方は殆どいません。

そのため自転車に乗る人全員が自転車保険(相手方の補償)に加入するよう、義務化されたのです。

自転車保険の加入の方法と、お得に加入するコツ

自転車に乗る方は、どこで保険に加入するのが良いのでしょうか?

自転車保険の加入窓口は市区町村の役所、コンビニ、保険ショップ、共済、インターネット、クレジットカードなどです。

また、補償内容、支払う保険料も様々です。

どの窓口で加入するとお得になるか、いくつかご紹介します。

まず、新たに自転車保険に加入する必要のない方がいます

それは、「個人賠償責任補償特約」「日常生活賠償責任補償特約」という名前の特約の付いた損害保険に加入している方です。

この特約は、主に「自動車保険」「火災保険」「傷害保険」に付帯でき、今回自転車保険で義務化された【相手方の補償】がカバーできます。

このいずれかの保険に加入していれば、既に特約が付いているかご確認ください

特約が付いていれば、加入している本人はもちろん、保険商品によっては親族や同居の家族も補償範囲に含まれることになります。

そのため、義務化された相手方の補償のために新たに保険に加入する必要はありません

また、特約が付いていなければ追加することも可能です。

追加が可能なのか問い合わせすることをおすすめいたします。

同居の家族全員の補償を、月数百円の支払いで準備することも可能です。

損害保険に加入していない、または、加入しているが特約の追加ができない場合は、新たに自転車保険を検討することになります。

ご自身以外の家族で自転車に乗る方がいれば、家族全員が対象になるような保険は割安になります。

ご自身だけであれば、市区町村の役所や、インターネットでの加入がお得です。

例えばSNSのLINEを利用している方であれば、「LINEほけん」というサービスで自転車保険に加入できます。

保険料は月100円で、相手方の補償に加え、自分の死亡保障や入院保障もついています

自転車保険はインターネットで手軽に加入できますので、いくつか比較して割安なものを探すのがお勧めです。

相手方の補償だけでなく、自分のケガの補償も欲しい方は、自転車保険の他に「傷害保険」という商品で探すのもおすすめです。

競技用自転車も同じ自転車保険?

同じ自転車でも、トライアスロンやサイクリングなど、競技用の自転車に乗っている方もいます。

競技用の自転車保険も基本的には一般的な自転車保険と同じです。

ですが、なかには数百万円もするような高額な自転車に乗っている方もいます。

そのような方は、自分の自転車が壊れた時の修理費用の補償を付けることも可能です。

修理費用の補償を付けたい場合は、車の任意保険のように損害保険会社に相談すると、希望にあったプランを設計してもらえます。

レンタサイクルを利用する時も自転車保険が必要?

シェアの文化が浸透している東京では、自転車も持たずにレンタサイクルを利用する人方多いです。(私もレンタサイクル派です)

レンタサイクルに乗る時ももちろん自転車保険は必要です。

レンタサイクルの場合、すでに運営会社が自転車保険に加入していることもあります。

そのような業者のレンタサイクルを利用する際は、自転車保険に加入する必要はありません。

仮に重複して加入していたとしても、万一事故に遭った場合の【相手方の補償】は、どちらか一方の保険しか使うことができません。

よく利用するレンタサイクル業者が自転車保険に加入済みか、次回利用するまでに調べておきましょう

「子乗せ自転車」で事故をした時の子供の補償は?

保育園や幼稚園の送り迎えでよく見かける、チャイルドシートの付いたいわゆる「子乗せ自転車」。

もし、子供を自転車に乗せていた事故に遭って子供がけがをしたらどうなるでしょうか。

子供は親族なので【相手方の補償】の対象外です。

普段、小さなお子さんを自転車に乗せていて、子供がケガをした時の補償が必要な場合は、「傷害保険」に加入しましょう。

傷害保険は、自転車事故を含む、日常生活でのケガの治療費を補償します。

自転車に限らず、転んで骨折をした時などにも保険金を受け取ることができます

子供だけでなく、家族全員まとめて割安に加入することも可能です。

最後になりますが、子供を自転車に乗せる時は、ヘルメット着用が義務です。

必ず着用して、事故やケガの防止に努めましょう。

 

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

 

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

【FPコラム】PayPayってイイの?!話題のスマホ決済とは

【FPコラム】インフレに強いお金の運用は株式と・・・借金?!

【FPコラム】ポイント還元5%!増税後のキャッシュレス決済とは?

【FPコラム】いつの間にか『物価の安い国』になった日本

【FPコラム】「NISA」がなくなり、「つみたてNISA」が残るワケ

【Moneyレッスン】本当にあった、世帯年収1,000万円59歳夫婦貯金なしの話

【Moneyレッスン】営業女子に耳寄りな情報をお届け!賢いお金のふやし方

【FPコラム】年金破綻はあるのか?財政検証結果を読み解く!

【FPコラム】必見!不動産の売買に適したタイミングとコツとは?

【FPコラム】台風も旅行もゴルフも!物が壊れた時に火災保険請求していますか?

【FPコラム】NISA大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】iDeCo大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】子供に金銭教育をしたければ、お小遣いを沢山あげましょう!

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓