こんにちは。

東京都内でワンルームマンション投資をしている、

個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

10月1日より、東京発着の旅行もGoToトラベル対象となりました。

他の道府県に比べ、一足遅れてお得な旅行ができるようになった東京都民には、さらに朗報があります。

GoToトラベルと併用可能な【都民割】が旅行で使えるようになります!

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

都民の都内旅行に使える【都民割】とは?

「GoToトラベルでどこに行こう?」と早速旅行の計画を立てている東京都民の方も多いはずです。(私もその一人です!)

GoToトラベルは、「一人〇回まで」という利用制限がありませんので、観光やレジャーの他にも、出張、帰省など様々な利用方法が可能です。

何度も使えるなら、その中の一つに【都内旅行】を入れてみるのはどうでしょうか?

9月24日、東京都は旅行の【都民割】を発表しました。都民が都内を旅行する場合に補助がでます。

宿泊を伴う旅行は、1泊あたり5,000円。日帰り旅行は、1回あたり2,500円の補助をするという内容で、GoToトラベルと併用可能です。

GoToトラベル+都民割で旅費はどこまで安くなる?

東京都民が都内のホテルに1泊した場合・・・

宿泊代金が2万円だったら自己負担はいくらになるでしょうか?

 

・GoToトラベル

宿泊代金2万円のうち、1万円が支援対象

10,000円×70%=7,000円が宿泊代金の割引

10,000円×30%=3,000円が地域共通クーポンの発行

 

・都民割

1泊の宿泊の場合、5,000円が補助対象

2万円の宿泊代金が、GoToトラベルで7,000円割り引かれ、さらに都民割で5,000円の補助

20,000円-7,000円-5,000円=8,000円

なんと、1泊2万円のホテルに実質8,000円で宿泊でき、さらに3,000円の地域共通クーポンがもらえます。

地域共通クーポンは、主に都内での飲食店や土産店等で利用できます。

 

コロナ禍で、未だにSTAY HOMEを基本としている方も多いと思います。

遠出をしない代わりに、都内旅行でいつもと違った景色で過ごし、リフレッシュをする。

友人と飲食店に長時間いるのは不安なので、都内のホテルステイで安心してゆっくり過ごす。

このようなプチ贅沢に、都民割は大活躍しそうな予感です。

都民割でどこへ行く?

都民割は、早ければ10月下旬頃から利用できるようになる見込み

※予算の成立が前提です。

この時期の東京で頭に思い浮かぶのは、神宮外苑の銀杏並木です。毎年11月半ば頃から見頃になります。

ルーフトップバスで銀杏並木や皇居周りの紅葉を眺める・・・

去年までは外国人観光客のお決まりコースでしたが、今年は都民が楽しむ番かもしれません。

このような日帰りバスツアーもGoToトラベル、都民割の対象になる可能性があります。

【都内旅行】というと、「近場で気軽に」という印象があります。しかし思い切って遠出することも、もちろん可能です。伊豆諸島や小笠原諸島も東京都です。

今まで、綺麗な海と景色を求めて沖縄に行っていた都民の方、都民割を使って同じくらい魅力的な都内のリゾートに行くのはいかがでしょうか?

秋から冬に移る季節でも、温暖な気候で快適な旅行ができます。

コロナがなかったら、都民割がなかったら、もしかすると一生行くことのない旅行先かもしれません。

都民割の計画はお早めに

都民割もGoToトラベル同様予算があり、無限に補助をしてくれるわけではありません。

都民割は、40万泊分を補助する見込みと言われています。東京都の人口は約1,400万人。単純計算で35人に1人しか使えません。

都民割を使った都内旅行に興味のある方は、今のうちから旅行の計画を立てておくことをお勧めします。

いつもはマイルやポイントを使って旅行を計画する方も、今回はお金を払って旅行してマイル、ポイントを貯めましょう。

GoToトラベルは、マイルやポイントでの支払い分は支援対象にならないため、マイルを使うのはもったいないです。

※都民割がマイル、ポイント利用でも補助対象になるかは今後発表されます。

また、直接ホテルを予約した場合には都民割の対象となりませんので注意しましょう。

都民割は予算成立後、補助の対象となる旅行会社を募集します。その旅行会社を通しての予約のみが補助金の対象です。

旅行の際は、普段の生活と同様に感染症予防に取り組みましょう。

旅行先でのマスクの着用、咳エチケット、こまめな手洗い、うがい、手指の消毒。

ハンドソープとアルコールスプレーは携帯用を準備しましょう。

時期的に、インフルエンザの流行も考えられますので今まで以上に注意が必要です。

団体旅行を利用するときは、旅行会社によって感染症対策が異なります。

ツアー内容だけでなく、参加者の数、交通機関利用時の座席間隔など、「安心して旅行ができる」と思えるプラン選びをしましょう。

感染予防を徹底して、都内旅行を楽しみましょう!

 

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

 

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

【FPコラム】PayPayってイイの?!話題のスマホ決済とは

【FPコラム】インフレに強いお金の運用は株式と・・・借金?!

【FPコラム】ポイント還元5%!増税後のキャッシュレス決済とは?

【FPコラム】いつの間にか『物価の安い国』になった日本

【FPコラム】「NISA」がなくなり、「つみたてNISA」が残るワケ

【Moneyレッスン】本当にあった、世帯年収1,000万円59歳夫婦貯金なしの話

【Moneyレッスン】営業女子に耳寄りな情報をお届け!賢いお金のふやし方

【FPコラム】年金破綻はあるのか?財政検証結果を読み解く!

【FPコラム】必見!不動産の売買に適したタイミングとコツとは?

【FPコラム】台風も旅行もゴルフも!物が壊れた時に火災保険請求していますか?

【FPコラム】NISA大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】iDeCo大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】子供に金銭教育をしたければ、お小遣いを沢山あげましょう!

自転車保険に最安で加入するには?東京都4月から義務化〜FPコラム〜

つみたてNISAで投資信託を一括購入する方法 ! 下がった時にまとめて投資が可能に 【FPコラム】

【コロナ被害支援】食料備蓄がポイントサイト経由でできるって本当?おうち時間はふるさと納税に決まり!〜FPコラム〜

ネットショッピングのお供、「ポイントサイト」「LINE」活用術!【FPコラム】

キャッシュレス第二弾は25%還元!7月からマイナポイントの申込がスタート【FPコラム】

お金を貯めるより、収入を増やす準備を【FPコラム】

iDeCoの掛金上限が増額に!2022年のiDeCo改革【FPコラム】

持株会って良いの?従業員持株会で投資をするメリット・デメリット【FPコラム】

路線価5年連続上昇!知っておきたい路線価と不動産投資の関係【FPコラム】

物価上昇注意報!今夏は自炊より外食がお得?!【FPコラム】

景気後退突入!投資はやるべき?やめるべき?【FPコラム】

退職金が20年前の「3分の2以下」になったって本当?!【FPコラム 】

40歳未満の積立投資は、つみたてNISAよりiDeCoから!その理由とは【FPコラム】

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓