こんにちは。

東京都内でワンルームマンション投資をしている、

個人投資家兼ファイナンシャルプランナーの川井えりかです。

住宅ローンの制度が改正される見込みです。

賃貸マンションで一人暮らしをしていた20代の頃の自分に戻れるなら、

 

「独身だけどマンション買っちゃおう!」

 

と思える改正がありました。

独身でも使いやすくなる住宅ローン減税の改正をご紹介します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

住宅ローン減税は、基本はファミリー向け

 

改正されると何が変わるのかをご紹介する前に、住宅ローン減税の大前提をおさらいします。

 

住宅ローン減税は、ローンを組んでマイホームを購入する人が、

年末調整で所得税の還付を受けられたり、翌年の住民税の負担が軽減される制度です。

多い人は、年間40万円ほど税金が還付されるお得な制度ですが、対象となる住宅に条件があります。

 

「住宅ローン減税はファミリー向け」と言われる一番の理由は、

床面積50㎡以上の住宅という広さの基準があるためです。

 

50㎡以上は間取りでイメージすると、広めの1LDKやコンパクトな2LDKです。

都心で一人暮らしをする人の賃貸マンションの面積は、20~25㎡の1Kの間取りが多いです。

 

そのため一人暮らし用の物件を購入して住もうと思っても、住宅ローン減税が使えないのです。

この広さの要件が緩和され、独身でも住宅ローン減税を使ってマイホームを購入できるケースが増える見込みです。

 

住宅ローン減税とは

既に住宅ローンを組んでいる殆どの人は知っていて、

利用している住宅ローン減税ですが、独身で賃貸暮らしだとあまり縁がありません。

 

住宅ローン減税とは、住宅ローンを組んでいる人の税負担が軽くなる制度です。

毎年、住宅ローンの年末残高の1%の所得税が還付されます。

仮に年末に2,000万円の住宅ローン残高がある人は、その1%の20万円の所得税が還付されます。

所得税を年間15万円納税している人であれば、所得税負担はゼロです。

さらに還付しきれなかった残りの5万円は、翌年の住民税が減額されます。

 

生命保険料やiDeCoの掛金の所得控除とは異なり、

住宅ローン減税はローン残高の1%分の税額を控除するので節税効果が非常に高いです。

 

購入する住宅により、還付できる上限額が異なりますが、

活用すると毎年20~50万円の税負担の軽減になる大変お得な制度です。

【毎年】と説明しましたが、具体的には住宅ローンを組んでから10年間です。

消費税増税時の対策で、例外的に13年間に延長される物件もあります。

主に新築物件です)

そのため、毎年数十万円の積み重ねで、

10年後には累計で数百万円単位の還付が受けられるケースが多いです。

 

住宅ローン減税は、持ち家の人の特権です。

 

40㎡以上の住宅が住宅ローン減税の対象に!

主にファミリー向けだった住宅ローン減税がどのように変わるのかをご紹介します。

 

「賃貸の家賃を払い続けるのはもったいないけど、

一人暮らしだからマンションを買うわけにもいかないし・・・。」

と思っている方は、是非参考にしてください。

 

住宅ローン減税の広さの要件が緩和されます。

現在50㎡以上の住宅が対象ですが、40㎡以上に変わります。

コンパクトな1LDKの間取りです。

ゆとりのある空間で一人暮らしをする人や、カップル向けの間取りです。

当然物件価格も、50㎡の住宅に比べると下がり、単身でもローンを組みやすくなります。

 

今は1Kの賃貸マンションに住んでいても、

「本当は広い独立洗面台があり、

もちろんバストイレは別で浴室も広く、

コンロが3口あるシステムキッチンの物件に住みたい。」

と思っている女性は多いのではないでしょうか?

(私は一人暮らしの時そう思っていました)

 

一人暮らしの女性が快適に生活できる空間の間取りが、住宅ローン減税の対象になるのは非常に魅力的です。

 

住宅ローン残高の1%が毎年還付されることを考えると、

今の賃貸の家賃と、住宅ローン負担の差が殆どないケースも多くなると思います。

ただし、50㎡未満の住宅に住宅ローン減税を利用するには、所得1,000万円と制限が付く見込みです。

 

住宅ローン減税は、高所得者の節税のためではなく、あくまでも住宅を購入したい人の支援のための制度だからです。

 

将来、結婚・出産したらマイホームはどうする?

住宅ローン減税の改正を機に、

一人暮らしの女性が40~50㎡の間取りのマンション購入をするという選択肢は

アリだと思います。

 

もちろん資金計画を立て、今の家賃との比較もした上で決める必要がありますが、

男性に比べ洋服やコスメなど物の多い女性は、広い間取りの方が快適です。

ですが、将来結婚・出産した時のこともしっかり考えましょう。

2人、3人で暮らすには手狭になってしまったときに、希望する価格で売却できるような物件を選ぶ。

自分が所有したまま賃貸で貸し出せるような物件を選ぶ。

という出口戦略も重要です。

 

ただこの点は、女性はセンスがあります。

当たり前ですが、「自分が住みたい物件」を選んで購入することが大切です。

 

・駅近くが良い

・築浅が良い

・共用部が綺麗、充実している方が良い

 

次にその物件を購入したい人、次にその物件に賃貸で住みたい人も、

あなたと同じような物件探しをするからです。

 

ただし、住宅ローンを組んだまま賃貸に出すことは難しく、一般的にはローンの借換え等の手続きが発生します。

 

居住用も投資用も、不動産は購入した後が重要です。

 

購入前の資金計画から、

ローン完済、借換、売却など出口のフォローまでしてくれるFPや不動産会社の担当者の力を借りることも大切なポイントです。

 

記事・監修 川井えりか(ファイナンシャルプランナー)

【FPコラム】【女性必見】出産すると不動産投資ができない?!知っておきたい審査申し込みのタイミング!

【FPコラム】普通預金の15,000倍!iDeCoで利回り15%確定の積立ができる

【FPコラム】独身女性のためのお得な保険の選び方

【FPコラム】【重要!】2014年のNISA、5年経ったらどうすべき?売却?ロールオーバー?

【FPコラム】2019年からのNISA投資、何が変わる?ジュニアNISAのメリットについても解説!

【FPコラム】初めてでも簡単!ふるさと納税の申込ガイド

【FPコラム】どっちがお得?!NISAとつみたてNISA、選び方・変更ガイド

【FPコラム】PayPayってイイの?!話題のスマホ決済とは

【FPコラム】インフレに強いお金の運用は株式と・・・借金?!

【FPコラム】ポイント還元5%!増税後のキャッシュレス決済とは?

【FPコラム】いつの間にか『物価の安い国』になった日本

【FPコラム】「NISA」がなくなり、「つみたてNISA」が残るワケ

【Moneyレッスン】本当にあった、世帯年収1,000万円59歳夫婦貯金なしの話

【Moneyレッスン】営業女子に耳寄りな情報をお届け!賢いお金のふやし方

【FPコラム】年金破綻はあるのか?財政検証結果を読み解く!

【FPコラム】必見!不動産の売買に適したタイミングとコツとは?

【FPコラム】台風も旅行もゴルフも!物が壊れた時に火災保険請求していますか?

【FPコラム】NISA大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】iDeCo大改革、間違いやすいポイントまとめ

【FPコラム】子供に金銭教育をしたければ、お小遣いを沢山あげましょう!

自転車保険に最安で加入するには?東京都4月から義務化〜FPコラム〜

つみたてNISAで投資信託を一括購入する方法 ! 下がった時にまとめて投資が可能に 【FPコラム】

【コロナ被害支援】食料備蓄がポイントサイト経由でできるって本当?おうち時間はふるさと納税に決まり!〜FPコラム〜

ネットショッピングのお供、「ポイントサイト」「LINE」活用術!【FPコラム】

キャッシュレス第二弾は25%還元!7月からマイナポイントの申込がスタート【FPコラム】

お金を貯めるより、収入を増やす準備を【FPコラム】

iDeCoの掛金上限が増額に!2022年のiDeCo改革【FPコラム】

持株会って良いの?従業員持株会で投資をするメリット・デメリット【FPコラム】

路線価5年連続上昇!知っておきたい路線価と不動産投資の関係【FPコラム】

物価上昇注意報!今夏は自炊より外食がお得?!【FPコラム】

景気後退突入!投資はやるべき?やめるべき?【FPコラム】

退職金が20年前の「3分の2以下」になったって本当?!【FPコラム 】

40歳未満の積立投資は、つみたてNISAよりiDeCoから!その理由とは【FPコラム】