» リスクを軽減する運用方法とはのメインビジュアル  » リスクを軽減する運用方法とはのメインビジュアル

M life 記事

投資 2016.2.2

リスクを軽減する運用方法とは

こんにちは、マネカツ運営局の齊藤です。

今回はリスクを軽減する運用方法を紹介していきたいと思います。

◇リスクを抑えるための運用方法

●資産の分散

一つの金融資産に集中投資はせず、値動きの違う金融資産を組み合わせます。そうすることでリスクが分散され安定性が増します。例)輸出企業(電気・自動車等)と内需企業(外食・アパレル等) 株式と債券(基本的に反対の値動き)

 

●長期投資

短期間で相場を見る場合、大きくジグザグ(上下)の変動を繰り返します。しかし、長期間で見る場合は変動幅が小さくなる傾向があります。※長期投資の期間は一般的に10年以上(最低でも5年)を指すことが多いです。

 

●時間分散

一度にまとまった金額を投資するのではなく、何回かに分けて投資を行ったり、毎月一定額を積み立てるなどの方法で投資時期を分散します。そうすることでリスクが小さくなります。

 

◇セゾン投信がおすすめ!

資金流入が長期間に渡り、安定的に続いている投資信託にセゾン投信があります。商品設計が資産運用に向いているということもあり、長期で積立している投資家が多いです。

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る