マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » ETFの注意点のメインビジュアル  » ETFの注意点のメインビジュアル

M life 記事

投資 2016.2.12

ETFの注意点

こんにちは、マネカツ運営局の齊藤です。

以前ETFのメリットを紹介させて頂きましたが、、、、

今回はETFのデメリットをお伝えしていきたいと思います。

◇ETFのデメリット

・複利効果がない

ETFは一般の投資信託と異なり分配金は再投資されないです。つまり、複利効果が出ないということです。

一般の投資信託は基準価額が期待通りに上昇した場合、20年30年保有することで加速度的に元本が増えます。(分配金再投資の場合)

しかし、ETFでは購入時より売却時の価格が上回っています。いわゆる、キャピタルゲインが利益の源泉になります。分配金はその都度に入金されますが、無駄遣いせずに貯金へ回すことが大事です。また、一定額が貯蓄できた時は再びETFを購入すると好循環につながるでしょう。

・投資金額が一般の投資信託よりも大きくなる

投資信託を購入しようとした場合、ネット証券では500円から積み立て投資で購入できます。一方、ETFは数万円から20万円以上の範囲でお金を用意しなければなりません。これが一般の投資信託と比較した場合のデメリットです。

しかし、これはあくまで一般の投資信託と比較した場合のため、個別に株を購入する場合は1銘柄あたり数万円から100万円単位でお金がかかります。そうすると・・・必ずしもデメリットではないと言う見方もできます。

海外ETFにおいても最低購入金額はおおよそ数万円からとなります。

・為替リスク

この為替リスクは海外ETFを買い付ける場合のデメリットです。海外ETFで一番気をつけたいことは為替の動向です。 海外ETFは日本円ではなく、投資対象国の通貨で取引されます。

例えばアメリカのダウ平均に連動する海外ETFを購入、購入時よりも売却時に円高に振れていた場合においてETFの売却益が為替の変動分、減少することになります。(場合によっては損になることもある)

円安に触れたときに売却する場合、売却益+為替差益が発生します。仮に海外ETF購入時と売却時の基準価額が全く同一でも、購入時よりも円安の状況で売却した場合は為替差益が発生し、利益が生じることになります。デメリットであり、メリットでもあります。

 

今からETFをはじめる方はデメリットを確認した上で投資を行ってください!!!

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る