マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 話題沸騰 海外ETF ~アジアが SEKAI NO 中心に!?~のメインビジュアル  » 話題沸騰 海外ETF ~アジアが SEKAI NO 中心に!?~のメインビジュアル

M life 記事

投資 2016.4.14

話題沸騰 海外ETF ~アジアが SEKAI NO 中心に!?~

こんにちは、マネカツ運営局の宮田です。

今日は海外ETFの可能性について、ある一冊の本の内容を前提にしてご紹介します。

2016.3.31初刷、堀江貴文さんの「君はどこにでも行ける」

あなたはもう読まれましたでしょうか??

  • 世界経済の中心がアメリカ・ヨーロッパからアジアへ移ること
  • さらに、アジアの中心に日本はもういないということ
  • その現状に気づいていない日本人が多すぎるということ

日本経済の現状と世界経済の動向を教えてくれるこの本は今TwitterやFacebookなどで話題沸騰中です。

 

今日は、これから世界の中心になってくるアジアに投資する手軽な方法として

海外ETFについて少しだけご紹介しますね。

【まとめ】だけでも、なるほどな~!の内容になってます。

それでは、どうぞ。

 

マネカツLINEはこちら(^^)

【海外ETF まとめ】

海外ETFとは、株式投資のようにリアルタイムで値動きする海外版の投資信託のこと。

日本で投資できる市場はアメリカと中国の2市場。

2市場に上場している様々な国に投資可能

メリット

  • 低コストで世界中に投資ができる
  • 伸びしろが多い国に投資ができる
  • 日本円との分散ができる
  • 初心者でも値動きがわかりやすい

デメリット

  • 最低投資額が高い
  • あらかじめ日本円を米ドルor香港ドルに両替をする必要がある
  • 分配金は再投資できない
  • 為替の変動の影響を受ける

—–

【海外ETF】

まずETFとは、株式投資のようにリアルタイムで値動きする投資信託です。

その海外版が海外ETFです。

通常、株式投資は企業への投資ですが、

ETFは日経平均株価や東証株価指数TOPIXなどのグループを1銘柄として購入します。

ですので、1つの企業の業績ではなく、1つの市場の平均値がETFの値動きに影響します。

日経平均株価が上がれば、ETFの値も上がる。日経平均株価が下がれば、ETFの値も下がる。

この分かりやすさが理由で、ETFは実は投資初心者におすすめなのです。

 

【海外ETFの市場】

日本で購入可能な海外ETF市場は2つ

アメリカETF  (あらかじめ日本円を米ドルに両替する必要あり)

中国ETF  (あらかじめ日本円を香港ドルに両替する必要あり)

ん?アメリカと中国の2国だけにしか投資できないの?

 

安心してください。

 

アメリカETFとは、”アメリカの証券取引所に上場している投資信託”という意味で、

アメリカの証券取引所に上場しているアメリカ以外の国にも投資することができます。

アジアであれば、中国・インド・タイ・マレーシア・インドネシア・シンガポールの6国に投資することができます。

個人的にインド・シンガポールに投資できるのはワクワクしますね笑。

 

【海外ETFのメリット・デメリット】

メリット

  • 低コストで世界中に投資ができる
  • 伸びしろが多い国に投資ができる
  • 日本円との分散ができる
  • 初心者でも値動きがわかりやすい

デメリット

  • 最低投資額が高い
  • あらかじめ日本円を米ドルor香港ドルに両替をする必要がある
  • 分配金は再投資できない
  • 為替の変動の影響を受ける

 

 

いかがでしたか?

まだまだ奥が深いのが海外ETFです。

本屋さんで「君はどこにでも行ける」を流し読みして頂くだけでも

あなたの将来について考える良いきっかけになると思います。

 

実際にもう少し詳しく投資について知りたい方はこちらからどうぞ。

マネカツセミナーはこちら(^^)

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る