みなさん、こんにちは!

マネカツ運営局の植田です。

前回は『レバレッジ』という投資用語についてお伝えしました。

今回は具体的に

不動産投資においてのレバレッジの意味を

説明したいと思います!

他人資本を使って自己資本に対する利益率を高める

「自己資本=自己資金」

「他人資本=金融機関からの借入金」

として考えてみてください。

実は、不動産投資では、

このレバレッジを応用しやすいのです。

不動産とレバレッジがどこで繋がるの?

物を買うときにお金が必要なのと同じで、

不動産の購入時もお金が必要になります。

例えば普通のサラリーマンがジェット機を買いたいからと言っても融資してくれません。

しかし、不動産には条件を満たせば融資をしてくれます。

kanekasu3-300x208

不動産投資でレバレッジをきかせると・・・

例えば、

・2,710万円の収益物件を購入

・銀行借入額:2,700万円

→8万円/月

・家賃収入:72,000円/月

→ 支出:8,000円/月

35年ローンだとしたら

トータルで280万円の支出となります。

つまり・・・

自己資金10万円でスタートし

35年で280万円の自己資産を使って

2,710万円の物件を購入することができます!

まとめ

不動産投資は、自己資産が多くないと

始められないと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、条件さえ満たせば

少額の自己資金で大きなキャッシュフローを期待できる投資でもあります。

不動産投資の際は特に

レバレッジを味方にできれば心強いですね!

mv_member

もっと詳しくお金について勉強したい方は

マネカツセミナーへ(^^)!

お金に関するお悩みを一緒に解決しましょう♪

13441848_918734708252928_102282300_o

★お金に関する知識が気軽に学べるLINE@はじめました!

登録はこちらから(^^)