マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » アベノミクスって何?~アベノミクスを詳しく解説~のメインビジュアル  » アベノミクスって何?~アベノミクスを詳しく解説~のメインビジュアル

M life 記事

お金 2016.7.21

アベノミクスって何?~アベノミクスを詳しく解説~

皆さん、こんにちは!

マネカツ運営局の福田です!

 

ご存知の方はいらっしゃると思いますが、今回は

アベノミクス

について分かりやすく解説してきたいと思います。ご存知の方でもご存じでない方でも読みやすい内容になっていますので

今時代情勢がどうなっているのか、この記事で、知っていただけると幸いです。

 

そもそもなんでアベノミクスっていうの?

この由来は、安倍晋三首相の「アベ」 と英語の経済学の 「エコノミクス」のごろを合わせ名づけられた造語になります。

簡単に略すと、これからどう日本を豊かにしていくかを表す施策だということです。

それには、つの方法が必要だと言い、考えたのが 「三本の矢」です。

1.金融緩和お金の周りを良くしていくこと

2.公共事業…税金を使って必要な事業をおこなうこと

3.成長戦略…規制を緩く自由にやりくりするということ

これが「三本の矢」です。

 

具体的に安倍首相が施策を説明します。

 

1つ目の矢 大胆な金融の政策

これは、

お金を思い切り使ってお金の循環を良くする

ということです。

 

もっとわかりやすく言うと、

日本銀行が、銀行が持っているチケット(国債)を買います。そして、日本に、使えるお金を増やしていくということです。

なぜかというと、自分の懐にお金をしまっている人が多くなっている為、

この世にお金の出回りが少なくなっています

 

なので

お金を日本の市場にたくさん入れ込み、どんどんお金を使ってもらいます。

使えるお金や給料が増えていけば、多くのモノを買ってもらうことが出来ます。

モノを売る側も、買うう人が増えていけば、売り上げも上がり、モノの値段も高くできます。

 

お金を使う人が増えることによって、

企業も個人も収入が増えて最終的には、税金として国に戻ってきます。

また、そのお金を公共事業に投資し、お金の回りを良くしていきます。

 

その結果

 

お金の循環が改善され、

デフレ脱却しインフレという目標も達成することが出来ます。

 

2つ目の矢 機動的な財政政策

これは、政府が予算を組み、そのお金を使っていくという施策です。

安倍首相の補正予算は、東日本大震災の復興、防災対策、再生医療の支援という内容です。

このように公共事業にお金を投資すると、市場に良い流れが出来、

建設会社の売り上げが上がる → 給料のアップ → 消費が拡大 → 景気が良くなる

という流れになります。

 

3つ目の矢 民間投資を喚起する成長に向けた戦略

これは、企業を縛っている規制を緩くし、外国との貿易をもっと自由にし、日本経済を成長させるという戦略のことです。

規制を緩くすることにより、市場にサンユウする企業が増し、企業間競争が生まれていきます。

そうすると、企業は試行錯誤することにより、高品質なサービスやモノを作っていくようになります。

世界に羽ばたいていける企業が増えるということに繋がります。

 

日本はこういう時代情勢になっています。

モノの値段が上がるのも、税金が高くなるのも、こういう政策によるものだということがわかりますよね!

そういった時代情勢だからこそ、お金の良い活用方法を考えていかなければなりません。

その為には、お金のことに対して、学んでいく必要がありますね!

 

もっと知りたい‼と思った方は是非

マネカツセミナーへ(^^)!

 

お金に関するお悩みを一緒に解決しましょう♪

13441848_918734708252928_102282300_o

 

★お金に関する知識が気軽に学べるLINE@はじめました!

登録はこちらから(^^)

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る