マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » FXの最大の特徴!「レバレッジ」とはどんなシステム?のメインビジュアル  » FXの最大の特徴!「レバレッジ」とはどんなシステム?のメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.7.6

FXの最大の特徴!「レバレッジ」とはどんなシステム?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

日本に登場して以降、注目を集めているFX。気になっている人も多いのでは?他の投資と異なる点はいくつかありますが、中でも独特なのが「レバレッジ」という仕組みを採用していることです。今回は「レバレッジ」の概要と注意点についてご紹介します。

 

レバレッジと証拠金の関係


レバレッジの仕組みを知るためには、まず「証拠金」との関係について正しく理解しておく必要があります。ここでは証拠金とは何か、そしてレバレッジとの関係からレバレッジの特徴についてご紹介します。

 

▼証拠金とは?

証拠金とは口座に入れたお金、つまり元手のことをいいます。例えば投資のために口座に10万円入れた場合、証拠金は10万円となります。

 

一般的な投資の場合、元手以上の金額の取引はできません。しかしFXの場合は証拠金以上の取引ができます。この仕組みが「レバレッジ」です。

 

▼レバレッジとは?

証拠金に倍率をかけることで、元手以上の取引ができる仕組みのことをいいます。例えば証拠金100円で投資を始めた場合、通常であれば100円分の取引しかできませんが、レバレッジを利用することで、証拠金100円のままでも200円分(レバレッジ2倍)や1,000円分(レバレッジ10倍)の取引を行うことができるようになります。

 

FX業者によってレバレッジの最大倍率は異なりますが、100倍や500倍に設定できるところも。もし100円の証拠金をレバレッジ100倍で取引した場合、元手100円で10,000円分の取引ができるということになります。

 

また、レバレッジの倍率は利益にも適用されます。例えば1ドル100円下で証拠金10,000円、レバレッジ10倍の取引を行った場合、1ドル101円になると10倍の1,000円を利益として手にできます。

 

▼レバレッジのデメリット

レバレッジは利益だけではなく損失分にもかかります。そのため例えば、1ドル100円下で証拠金10,000円、レバレッジ100倍の取引を行った場合、1ドル99円になった途端に100,000円の損失を被ることに。そのため初心者は、低倍率から始めることをおすすめします。

 

為替の年間の値動き幅は意外と穏やかです


 

リスクが大きいと聞くと、日々の値動きを逐一チェックしなければならないのではと不安に感じる人もいるかもしれません。しかし実は、FXの投資対象である通貨の年間の値動きは、株式などに比べると比較的緩やかな傾向にあります。

 

▼株価よりも値動き幅は比較的緩やか

例えば株価の場合、新興企業が時流に乗り、年間で数十倍になったりすることは珍しくありません。実際にこうしたニュースを目にしたことのある人もいらっしゃるのでは?そのほかの場合でも、一部上場企業の株価が数倍から数分の1ほど変動することもあります。

 

一方、通貨の年間の値動きは平均すると20〜30%。よほどの事態が起こったとしても50%程度となっています。それほど大きく利益が出にくいですが、見方を変えれば損失が出にくいともいえます。そこでレバレッジを利用して効率的な利益を狙っていくことになるのです。

 

▼月によっては急な値動き幅になることも

しかし、これは年間を通しての傾向であり、実際は月によって急な値動き幅になることもあります。また世界の経済状況によっては大きく変動する可能性もあるため、緩やかだからと高いレバレッジで取引していると、大きく損をしてしまうリスクも考えられるので注意しましょう。

 

一番重要なのがとにかくリスク管理


 

どんなに低倍率から始めたとしても、レバレッジを利用する以上はリスク管理が重要となります。ここでは初心者におすすめしたいリスク管理のための有効な方法と、逆におすすめできない方法をご紹介します。

 

▼ストップロスを心がける

ストップロスとはどこまで損失を許容できるかをあらかじめ決めておき、想定額になった場合は即座に損切り(損失を確定)することをいいます。損を確定させることは、思っている以上に精神的負担を伴うものです。そのため、特に初心者の場合はなかなか踏ん切りがつかない人も多くいらっしゃいます。

 

しかし、そのまま相場が悪い方向に進んでしまえばさらなる損失を被ることに。レバレッジでは1円でも相場が変われば、損失は莫大なものとなります。損失を増やさないためにも、どこでストップロスするかをはじめに考えておくと良いでしょう。

 

▼初心者にスキャルピングはおすすめできない

FXでは数分間に何十回も取引を行うスキャルピングと呼ばれる投資スタイルもあります。取引が多くなるということは「損切り」の機会も多くなるため、損失を大きくしないためにはとても大切な行為なのですが、初心者には難しいスタイルのため、あまりおすすめはできません。

 

これからFXを始めるなら、低いレバレッジではじめること、そしてあらかじめストップロスのルールを設けておくといいでしょう。

 

自分が行う取引スタイルを見極める


 

ある程度取引に慣れてくると、さまざまな投資スタイルが見えてくるようになります。レバレッジを利用してFXを楽しむためには、自分の取引スタイルを見極めて取引を行うようにしましょう。

 

▼自分に合った取引方法とリスク管理を検討する

前述したスキャルピングなど、FXではさまざまなスタイルの投資を行うことが可能です。代表的なものとして、スキャルピングよりも取引回数は少ないながら、数十銭以上の利益を狙うデイトレードや、数週間から数か月の期間で取引を行うスイングトレードなどがあります。

 

取引と同時に変わるのが、適切なレバレッジです。スキャルピングでは5倍から10倍、デイトレードでは3倍~5倍、スイングトレードだと1~2倍ほどといわれていますが、大切なのはどれだけの損失なら耐えられるかを最優先に考えること。また適切なリスク管理法についても、都度検討する必要があります。

 

ちなみに為替のプロであるトレーダーたちの場合、1日に出してもよい損失を1〜3%と設定している人がほとんどのようです。こうした点を加味した上で、レバレッジを設定するのが良いでしょう。

 

 

「証拠金取引や先物取引と聞くと何だか難しそう」「損失をたくさん出してしまいそう」というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、これらは無謀な取引やレバレッジ設定の結果に起こるものであり、適切なレバレッジや取引方法を行えば、こうしたリスクを最低限にして行うことができます。

 

レバレッジは少ない元手で始められる投資方法のひとつです。リスクを十分に理解した上で自分に合った方法で始めてみませんか?

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る