賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

女性の方が投資に強いのかもしれません。男女で違う経済感覚ということは考えられますが、投資に向いているのが男性の方ということは言えないでしょう。女性の方がいい面もいろいろと考えられますから女性も今は投資を考えてもいい時代ですし、考えるべき時代といえるかもしれません。

「男は投資、女は貯蓄」が好きとは限らない


 

これまでは男は投資、女は貯蓄などという言葉がいわれたこともありますが、これは別に男の方が投資に向いているということを意味するものではありません。単に男の人が投資をする人が多いから生まれた言葉ではないかとも考えられます。投資をするのに男も女も関係ありません。何しろ投資の結果は性別を見て出てくるわけではないからです。

投資は人の経済の営みの結果として出てくるものですから、性別云々を言っても意味がないということになるでしょう。経済は男性も女性も動かしているわけですから、どちらか一方が向いている、向いていないということにはなりません。

投資をするお金をどちらが握っているのかということぐらいは関係するかもしれませんが、これからの時代は投資をすることで家計も考えていくことが必要になる時代といえるのかもしれません。個人の収入が給与だけでは伸び悩むことが確実視される時代なのですから、自分で経済感覚を研ぎ澄まして自分の収入は自分で増やしていくという考え方が支持される時代となっていくことになるでしょう。

何も投資をしないでいると収入が増えることはないことが明らかなのですから、これを増やしていくには、自分で投資をしていくことも必要になるでしょう。男女でリスクが変わることもないわけですから、これから時代は自分たちで築き上げていくという考え方をした方がいいのでしょう。

マメな方が投資には向いている


ただ、投資に向いてる向いていないということを考えるのであれば、マメな方が投資に向いているということはいえます。というのは、マメな方はいろいろな経済情報をしっかりとチェックしていくからです。

向いていない人は投資をギャンブルのようなものと考えてしまう傾向があります。投資はリスクは当然ありますが、ギャンブルとは違って人の経済活動の結果てして出てくるもので、マメに情報をチェックしていると、感覚も鍛えられますし、ある程度の予想も出来るようになるものです。

ですから、投資によって利益が出るようになるのも、こうしたマメな情報のチェックから得られるようになるものです。収益の出る出ないというのは、男女の違いでも無ければ、感覚の違いでもなく、しっかりとした情報収集の結果とその情報を自分の中で判断材料として活用した結果の果実として得られるものだということです。

運不運でもなく、自分の考えで行動をして、リスクをとった結果として収益が得られるようになるのが投資です。当然マメに情報を取得して、いろいろな状況に備えることができるようになった人ほど向いているということになります。

男の人がマメだとか、女の人がマメだとかいうような考え方もあるようですが、そうした男女差というものは、投資に関しては考える必要はないでしょう。結果としてマメな人の方が向いてる、それだけです。

経済感覚の違いは一般論


男女差が経済感覚にもあるという一般論もありますが、これは投資を考えるうえでは、そんな気にするようなことでもないでしょう。男性が優れている、女性が優れているというような問題ではなく、どれだけの情報を得られるように努力をしていて、どれだけのリスクを管理できるようにしているのかということが大切なことです。

投資で得られる収益はリスクの取り方で変わるわけですし、どれだけのリスクをとるのかということも大きな問題となります。経済感覚が優れていてもリスクがとれないということになれば、収益が出る投資は出来ないわけですし、リスク感覚がなければ大損をするようなことも考えられます。

つまり、投資においてはバランス感覚も求められるということになります。経済の感覚も必要ですが、自分がどれぐらいのリスクを背負っても問題ないのか、自分がどれだけの収入を得ればいいのかということも考える必要性も出てきます。

必要もないのに大きなリスクをとる必要もないわけで、結局のところは経済感覚というよりは、全体のバランス感覚がとれていることが大切ということになるでしょう。

バランス感覚というのは、単に大きな収入を得るために大きな投資をするというのではなく、自分に必要な投資を自分に合った額で出来るということです。これがある人が投資が上手くいく人ということになるのでしょう。

 

 

 

投資をする上では男女差のようなものは考える必要はなく、男性だからいい、女性だからいいということでもありません。結果としてバランス感覚が必要なことと、マメに情報を入手することができる人が向いているということになるでしょう。

経済的な情報を冷静に判断することと、自分の置かれている状況などを総合的に判断して、どれだけのリスクをとることが出来るのかを冷静に判断することが出来る人が投資に向いているということなります。つまり、リスクを軽視する人でもなければ、リスクにおびえて何もしないという人でもなく、リスクをしっかりと管理できる人ということです。

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加