» 海外では一般的な「ソーシャルレンディング」とは?のメインビジュアル  » 海外では一般的な「ソーシャルレンディング」とは?のメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.9.27

海外では一般的な「ソーシャルレンディング」とは?

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

近年は老後の不安や雇用への不安から早いうちから投資に興味を持つ方が増えていますが、海外では既に一般的となっているソーシャルレンディングと呼ばれる投資が近年、日本でも注目されつつあります。そんな新しい投資方法とはどういったものなのでしょうか。

 

ソーシャルレンディングとは?


 

ソーシャルレンディングとは、お金を投資したいと考えている個人投資家から資金を集めて、その集めた資金で、こんどはお金を融資してもらいたいと考えている企業などに高金利で貸し出しをするという個人投資家からみれば新しい投資で、企業から見れば新しい資金調達という事です。

 

 

そんなお金を投資したい個人投資家と資金調達をしたい企業とをインターネット上でつなげるサービスを行うのがソーシャルレンディング業者となっています。

 

 

本来、企業が資金調達をしたいと考えた場合、銀行から融資してもらうのが一般的となっています。しかし、全ての企業が必ず融資してもらえるわけではなく、中には銀行が融資を見送る企業もあります。

 

 

その中には当然、会社として先行きが不安な企業も含まれているのですが、財務的に健全な企業であっても、杓子定規的な銀行の融資審査基準によって融資してもらえない企業というのも存在しています。

 

 

そんな財務的に健全な企業だが、杓子定規的な銀行の融資審査基準によって融資してもらえない企業というのは返済能力は確かなものですので、そんな企業にソーシャルレンディング業者が9%から15%と、銀行とほとんど変わらない金利で融資する事で、高い利回りを得ることができます。

 

 

個人投資家はと言うと、資金をソーシャルレンディング業者に預けるとソーシャルレンディング業者は、その資金を企業への融資に使います。すると個人投資家の資金と9%から15%の金利が返済されますので、預けていた全資金に加えて約5%から7%の金利が個人投資家のものに返金されます。

 

海外では一般的な投資手法


 

日本では、まだあまり馴染みのない投資方法ですが、実は海外では企業が資金調達をする方法としてソーシャルレンディングは一般的で、それに伴って海外の個人投資家の間でもソーシャルレンディングによる投資は一般的となっています。

 

 

まず最初にソーシャルレンディングの市場が盛り上がりを見せたのが海外の中でも欧米だと言われています。欧米では融資をしてもらう場合においても、このソーシャルレンディングの市場が中心となっていて、個人でもソーシャルレンディング業者を通じて資金を投資することはもちろん、資金調達をする事もできるようになっています。

 

 

欧米の次に盛り上がりを見せた海外があります。それは中国で個人間融資が中心となっている欧米とは異なり、中国では法人向けの融資を中心としたソーシャルレンディングが盛んに行われるようになっています。

 

 

そもそも共産主義国家である中国では銀行の融資は国家によって厳しい規制がかけられています。しかし、資本主義経済を取り入れて、経済発展途中の中国においては現在の銀行の制度では中小企業は中々融資してもらえないのが現状です。

 

 

そんな中、インターネット上で個人間融資が行えるソーシャルレンディングは銀行から融資してもらえない中小企業にとって強い味方となってくれました。

 

 

そして当然、融資してもらいたいと考える企業が多いという事は、それだけ資金をソーシャルレンディングに投資したいと考える投資家も多いという事ですので、海外では資金調達の方法としてだけではなく投資としても一般的となっているという事です。

 

低コストで動けるのがメリット


 

ソーシャルレンディングが主に企業に対して資金を融資するものだという事は理解できたかと思いますが、企業に対して資金を融資しするという事は、それだけまとまった投資資金が必要なのではと疑問に感じるかもしれません。

 

 

しかし、実はソーシャルレンディングの大きなメリットとして挙げられる一つとして、低コストで運用できるというものがあります。と言うのも企業に融資する際、何も企業が必要としている資金全てを一人の個人投資家から集めるわけではないからです。

 

 

インターネット上でソーシャルレンディング業者が案件を提示して、それを見た複数の個人投資家から少しずつ資金を調達して、企業に融資するというのがソーシャルレンディングになります。

 

 

ですので、ソーシャルレンディングを始めるに際しては非常に低コストでスタートすることができて、その必要な資金を最小で1万円あればソーシャルレンディングで投資を始めることができるようになっています。

 

 

この低コストでスタートできるという点も新しい投資として注目されている理由の一つで、今まで投資に興味がなかった方でも少ない資金から投資できることから、初めての投資対象としてソーシャルレンディングを選ぶ人が多くなっています。

 

 

加えて株やFXのように予備知識がなくても始めることができますし、難しい経済状況なども勉強する必要がないので、そういった意味でも初めての投資として非常に適していると言えます。

 

 

 

日本国内では、まだまだ認知されていないソーシャルレンディングですが、海外では既に多くの企業や個人がソーシャルレンディングを通して資金調達を行い、当然個人投資家もソーシャルレンディングを通して資産運用を始めています。

 

 

そして、ここ日本でもこれから先ソーシャルレンディング市場は大きく成長していくことが予想されています。その為、既に株式投資や不動産投資など他の投資を行っている方はもちろん、投資をしたことがないけど興味があるという方も、自身の資産運用の対象としてソーシャルレンディングを活用してみてはいかがですか。

 

 

 

\”賢い女性は知っている”マネカツセミナーのスケジュールはこちらから/

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る