マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 投資入門!初心者が知っておくべき「利益が出る仕組み」のメインビジュアル  » 投資入門!初心者が知っておくべき「利益が出る仕組み」のメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.10.23

投資入門!初心者が知っておくべき「利益が出る仕組み」

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

 

投資をして収入を増やし、資金的に余裕がある生活を送りたいと思うのは当然のことです。しかし、そのためには利益が出る仕組みを知っておくことが大切です。仕組みを知ることでどのようにして資産を増やせば良いのかを考えることが可能になるのです。

 

 

ギャンブルと投資と投機の違い


投資と一言で言っても様々な種類があり、なかには投資なのかギャンブルなのか、はたまた投機なのかが分からないものも少なくありません。

 

 

利益を出せる可能性を高めるためにはギャンブルや投機ではなく投資をすることが大切ですが、これらの違いを理解しておかなければ正しい選択が出来ません。

 

 

実は、投資とギャンブル、さらに投機に明確な違いはありません。一般的に株式や不動産は投資と呼ばれ、競馬や競艇などはギャンブルと呼ばれ、さらに為替は投機と呼ばれることがありますが、実際にそれぞれが投資やギャンブル、投機というように分類されているわけではないのです。

 

 

では、なぜ呼び方が異なっているのかというと、投資を行う投資家の姿勢によってその種類が決まるからです。

 

 

まず、投資は利益を出すための理論的な背景を元に資金を投入し、資産を増やすことを目的とするものです。

 

 

一方で、ギャンブルと投機は理論的な背景を持たずに資金を投入し、運や勘に任せて資産が増えることを願うものです。ギャンブルと投機は違いがないように見受けられますが、世間的には競馬などの公営競技がギャンブルとされ、為替や債券などの金融取引は投機と認識されることが多くなっています。

 

 

つまり、株式であっても戦略を持たずに適当に銘柄を買えば投資では無く投機になり、競馬であっても騎手ごとの勝率や競走馬の調子などを鑑みて勝つ確率が高いというデータに基づいて馬券を購入すれば投資になります。

 

 

大切なのは、資産を増やそうとしている人の姿勢だということです。

 

 

インカムゲインとキャピタルゲイン


投資入門として、利益が出る仕組みであるインカムゲインとキャピタルゲインを学ぶことが非常に重要です。これらは自身の投資戦略に大きな影響を与え、資産を増やすペースに直結します。

 

 

インカムゲインは投資資産を保有していることによって自動的に得られる利益のことです。株式であれば配当収入がインカムゲインにあたり、不動産であれば家賃収入、為替であればスワップ金利が該当します。

 

 

インカムゲインのメリットは、一度資産を持てばその後は手放すまでほぼ確実に利益を得られるという点です。企業業績が極端に悪化しない限り配当が取りやめになることはなく、不動産に借り主がいれば家賃が支払われないということもまずありません。

 

 

スワップ金利についても、保有している通貨ペアの金利が逆転するほどの金利変動が起こることは滅多にないのです。長く資産を保有していればインカムゲインによって投入した資金を回収できることもあります。

 

 

キャピタルゲインは資産の購入金額と売却金額の差額で、たとえば不動産物件を1000万円で購入して1500万円で売却すれば500万円のキャピタルゲインが得られるということになります。

 

 

インカムゲインと比べて利益額が大きくなるというメリットがありますが、金融商品は価格変動が激しいため売買タイミングを誤ると利益では無く損失が出るというデメリットがあります。

 

 

利益とリスクのバランスを熟慮して!


 

株式や不動産、為替などどんな種類の投資であっても、ノーリスクで利益が得られるものはありません。

 

 

利益を得るためには必ずリスクを背負う必要があり、どんなに少額の利益であってもリスクがあるということを認識することが入門段階において必須の学習事項です。

 

 

なぜなら、利益を得るためにどの程度のリスクを取るべきなのかが分かっていないと、得られると予想される利益額に対して過大なリスクを背負ってしまう可能性があるからです。

 

 

たとえば、株式取引において現在値が1000円の銘柄への投資を考えるとき、様々な分析によって今後株価が1100円になる可能性が40パーセント、900円になる可能性が60パーセントだったとします。

 

 

このとき、100円の利益を得られる可能性があるからといってこの銘柄を購入することは正しい投資ではありません。

 

 

なぜなら、利益とリスクのバランスが取れておらず損失を出す可能性の方が高いからです。この場合であれば当該銘柄を空売りし、60パーセントの確率で得られる利益を取りに行くことが正解です。

 

 

投資を行うときは、得られる可能性がある利益だけでなくその投資を行うことで被る可能性がある損失を熟慮し、損失では無く利益を得られる可能性がある高いものに資金を投入することが大切なのです。

 

 

目先の利益にとらわれてリスクを考慮しない取引は投資ではなくギャンブルになってしまいます。

 

 

資産を増やすために投資を行うことは正しく、今後の生活をより豊かに暮らすことが出来るようになる可能性があります。

 

 

しかし、投資をするのであれば利益を出さなければならず、そのためには利益の出し方を知っておくことが大切なのです。

 

 

利益の出し方を理解していないと自身が行っている投資でどれだけの収入を得られるかということが計算できず、ただ資産を目減りさせていくだけになりかねません。利益の出し方を知り、自身の投資戦略を考慮することが求められるのです。そこまで考えることが出来るようになれば、投資の入門段階は卒業です。

 

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!

 

LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る