マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » おすすめの投資信託の選び方のメインビジュアル  » おすすめの投資信託の選び方のメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.10.23

おすすめの投資信託の選び方

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

 

投資信託は、金融系の知識がない人にとってもお勧めな手法になります。基本的にはプロの人が運用してくれますので、そこまで難しい知識は必要としていません。基本となる部分さえ抑えれば仕事をしながらでも十分運用していくことが可能といえます。

 

 

手数料をチェック!


まず、投資信託でもっとも重要な要素は手数料になります。それは大きく3つ上げられます。

 

 

それが購入手数料と年率手数料と売却手数料になります。投資は長く行うものですので、この中でもっとも重要視しなければならないものが年率手数料になります。

 

 

1パーセントであっても10年間預ければかなり大きな金額になってきますので、もっとも重要な要素といえるでしょう。1パーセントが10年間預けるときの手数料が10パーセントというわけではありませんが、それぐらい重要と考えていいかもしれません。

 

 

次に注意するべきが購入手数料になります。これの注意点は買う証券会社によっても違うことが上げられます。この証券会社であれば1パーセントかかって違う証券会社だと購入手数料が無料だったりもします。証券会社によっても大きく違うのは注意する点といえるでしょう。

 

 

最後に売却手数料です。これは、売却するときにかかる手数料ですがあまり大きくなく回数も一回だけですので、上記と比べれば気にしなくていい要素といえます。

 

 

これ以外の手数料にも口座に入れる振込み手数料とかもありますが、これに関しては無料の銀行もありますので、今回は割愛します。

 

 

最後に、投資信託を持っているとポイントが手に入るところもあります。これも実質的な手数料バックですのでその点も考えて証券会社を選ぶべきでしょう。

 

 

安定を求めるなら債券、リスクも厭わないなら株式


では、どのような投資信託がおすすめなのかを説明していきます。

 

 

まず、リスクが高ければリターンも大きくなります。一番リスクが低くリターンも低いのが国内債券になります。

 

 

そして、一番リスクが高くてリターンが高いものが国際株式になります。そして、間に国内株式と国際債券がありますが、これに関してはどちらがリスクが高いのかはものによるといえます。

 

 

そして、間違いなく安定なのは国内債券になります。利回りが1パーセント程度のものになりますが、それでも現在の日本の銀行に預けるよりははるかによいでしょう。国内債券ですので、企業が倒産しなければ元本保証がされております。

 

 

また、過去の国内債券の投資信託でつぶれて大きく元本割れした例もありませんので、安定的に利益を上げたい人にとってはおすすめです。そしてもっともリスクを取りたい人は、国際株式に投資する投資信託でしょう。

 

 

これは、為替のリスクと株価のリスクどちらもあります。そして、日本円の場合は世界全体の株が上がると円安になる方向になりますので、株価が上がる場合と円安の部分で利益がかなり大きくなることになります。

 

 

逆にいえば下がるときは株価が下がる分と円高の部分の二つがかぶってきますので、大きく資産が減る可能性があるでしょう。このようにその人にとって取れるリスクによっておすすめは変わってくるでしょう。

 

 

複雑な構成のファンドには手を付けない


次に、特に国際株式などで様々な複雑なリスクヘッジをしている投資信託もあります。

 

 

例えば、国際株式に投資信託なのに為替ヘッジはしていますという投資信託になります。また、ユーロ建てになりますとかも存在します。

 

 

このように、どんどん複雑化していく投資信託はそれだけ手数料が高くなることになります。ものによっては年率3パーセント以上の手数料がかかるものも存在しています。10年間預ければ30パーセントですが、実質はもっと大きな利益が手数料と取られていることになります。

 

 

従って、基本的には複雑な構成の投資信託には手をつけないほうがいいでしょう。それなら、自分自身で資金分散を行い色々なタイプの投資信託を購入していくことでリスクヘッジを行うことがおすすめになります。

 

 

上記でも、記述しましたが年率の手数料が低い投資信託を優先的に選ぶべきです。これをしっかり考えることによって複雑な構成の投資信託には自然と手をつけないことになります。

 

 

また、何よりも自分自身がしっかり理解できる投資信託にするべきでしょう。自分自身が理解することができないと損をしても何故損をしたのかさえ分からなくなります。

 

 

それは、今後自分自身が投資を続けるにあたって非常に悪いことになります。投資信託に関わらず自分自身で理解できる投資だけを行う必要があります。

 

 

このように、投資信託といっても様々なタイプの投資信託が存在します。リスクの低い国内債券の投資信託であれば手数料さえチェックすればすぐに初めても問題はないでしょう。

 

 

国際株式のものであればそれなりのリスクはあることを理解して始めるべきでしょう。

 

 

ただ、基本的には手数料の低い投資信託を買うことが一番重要な要素になります。特に証券会社によって違う場合は気を付けるべきでしょう。

 

 

そして、それさえ理解できれば投資の中でもっとも仕事をしながらしやすいものといえます。仕事に頑張りたい人こそやりやすい投資といえるのかもしれません。

 

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!

 

LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る