» 不動産投資のためにローンを借りて失敗しないためのポイントのメインビジュアル  » 不動産投資のためにローンを借りて失敗しないためのポイントのメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.10.23

不動産投資のためにローンを借りて失敗しないためのポイント

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!
LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

 

不動産投資のためにローンを借りるとき、いくつかの注意点があります。金融機関からの信用が落ちてしまう傾向があるということが1つのポイントです。また、返済ができなくなって破綻をしてしまうというリスクなども存在しています。

 

 

借入金額が多すぎるのは危ない


現在ではカードローンを利用することは悪いことではなく、むしろ人生を豊かにしてくれるという考え方のほうが主流になってきているようです。消費者金融の金利は昔と比べてかなり下がっています。銀行で借りるようにしておけば、なおさら安心です。

 

 

不動産投資のためにローンを借りるときには、借入金額が多くなりすぎないように気をつけておきましょう。不動産投資のためのローンとしては、不動産投資ローン、アパートローンなどがあげられますが、カードローンやフリーローンを利用する場合もあるでしょう。

 

 

住宅ローンを借りている人は、カードローンで優遇金利が適用されて、かなり低い金利のカードローンを発行してもらえる可能性があります。低い金利で借りるということが1つのポイントです。

 

 

しかし、金利が低くても借入金額が多すぎると失敗することもあります。利息が小さければ返済は余裕であると考えてしまっている人がいますが、元本だけでも十分に大きな負担となることもあります。

 

 

自分の収入で返済ができないくらいの金額を借りてしまって失敗をする人は多いです。余裕があるプランを立てていても、リストラにあったり、転職をして給料が下がったりして返済ができなくなる人もいます。

 

 

将来に収入が減ることや、ボーナスが予想よりも少なくなる可能性なども考慮にいれてプランを立てましょう。

 

 

借入期間を適当に決めない


不動産投資のためのお金を借りるとき、借入期間で失敗をしてしまうケースがあります。借入期間は短いほうが利息を節約できますが、適当に決めてしまってはいけません。

 

 

ギリギリの返済プランを立ててしまうと、高い確率で失敗をします。アパート・マンション経営ではずっと同じ家賃でやっていくことはできません。建物は築年数の経過とともに劣化していき、設備も古くなっていくので、家賃を下げなければ入居者が入らなくなります。

 

 

家賃を下げたらローンが返済できなくなったという失敗談はネット上にたくさん出ています。将来に家賃を下げても十分に返済ができるように月額返済額を設定しなければなりません。

 

 

そのためには、借入期間を少し長めに設定しておくのがよいでしょう。借入期間を長くすると利息の負担が大きくなると考える人がいますが、実は解決策が残されています。

 

 

それは、随時返済や繰上げ返済をするということです。繰り上げ返済では手数料がかかることもあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

 

 

最近ではインターネットから返済をすると手数料が無料という金融機関も増えています。繰り上げ返済が無料で自由にできるのであれば、返済期間を長く設定していても特にデメリットはないでしょう。

 

 

むしろ、自由に返済金額を調節できるというメリットのほうが大きくなります。

 

 

アパートローンの金利にも注意


アパートローンはどこの金融機関で借りても同じというわけではありません。金利は低いところでは年1.0%程度で借りることができますが、高いところでは7.0%くらいかかってきます。

 

 

銀行で借りるのか、ノンバンク系で借りるのかということも重要なポイントです。ノンバンク系のアパートローンは審査に通りやすいですが、金利はその分高めになっています。

 

 

仮に、返済期間を20年に設定して2,000万円のお金を借りるのならば、金利が1.0%違うだけでも200万円以上の差がつきます。金利が1.0%高いところで借りてしまった場合に同じ結果を出すためには、アパート・マンション経営で200万円も多く家賃収入を得なければならないと考えられます。

 

 

アパートローンの場合には、金融機関によって金利が5.0%くらい差がついてしまうということもありますので、金融機関選びは慎重に行っておきましょう。一定の条件を満たしていると優遇金利が適用されることもあります。

 

 

住宅ローンを借りている、給料の振込口座に指定しているといったものが代表的な条件です。優遇金利についても考慮をして、アパートローンを比較するべきです。年収の条件がややシビアになっている金融機関もあります。

 

 

例えば、年収1,000万円以上の人を対象にしたアパートローンなども存在しますが、条件が厳しい分金利はかなり低く設定されているようです。

 

 

不動産投資では、家賃収入を得ることが目的ですが、ローンの利息というコストについても注目しておかなくてはなりません。

 

 

不動産投資のコストとしては、管理費、修繕費、税金などがよくあげられていますが、ローンの利息はある意味で最も注意しておくべきコストです。うっかり金利の高い金融機関で借りてしまうと、500万円以上の差がついてしまうこともあります。

 

 

不動産投資の魅力の1つはレバレッジをかけられるということなので、ローンを組むことはおすすめができます。大切なのは、頭金を多めに入れておいたり、金利が低いところで借りたり、リスク対策をしっかりとしておくことです。

 

 

 

賢い女性は見ている?知っ得情報を定期的に配信中!

 

LINE@友達追加はこちらをクリック!

友だち追加

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る