» 円高こそチャンス!外貨両替で儲ける仕組みを知ろうのメインビジュアル  » 円高こそチャンス!外貨両替で儲ける仕組みを知ろうのメインビジュアル

M life 記事

お金 2017.10.24

円高こそチャンス!外貨両替で儲ける仕組みを知ろう

 

 

会社でお金を稼ぐことも重要になりますが、将来のことを考えれば会社一本の収入に頼るのも非常に心もとないです。そこで、会社に頼らず自分ひとりの力で現金を稼ぐことが重要になってきます。その一つが外貨両替になります。

 

 

円高・円安の違いとは


お金を手に入れる場合には、様々なビジネスの方法がありますが、自宅で気軽に行うことができるのが外貨両替です。外貨両替では、日本のお金と外国のお金の差が重要になってきます。

 

 

このとき必要になる知識は円高と円安の知識です。
基本的に円高の時に交換をすると、その分たくさんのお金が手に入るでしょう。逆に円安の時に外貨両替で両替を行うと、損をすることになります。

 

 

そもそも円高とは何かといえば、円の価値が上がることです。たとえば、1ドル120円の時と1ドル110円の時では、120円の時の方が円安で、110円になった時は円高になっている状態です。

 

 

円の数字が低い方が円高の状態と考えておけばよいでしょう。当然円安の場合は円の数字が大きくなります。

 

 

120円の時に両替をすると、1ドル札と120円を交換することになります。一方で110円の時に両替をすると、110円で1ドル札を交換できます。円を持っている側からすれば110円で1ドル札と交換した方がお得でしょう。

 

 

為替でお金を手に入れるためには、可能な限り、円安の時に両替するのではなく、円高になった時に両替をするべきです。

 

 

ただ、プロでもどのタイミングで円安から円高になるかははっきりとわかりません。経済事情や国の介入、第三国の問題などによって上がることも下がることもあります。常に、チャートを見ておくことが大事です。

 

 

レートの変化を利用して差異で儲ける


レートの変化を利用すれば、両替をした時にお金を手に入れることができますが、これを予想することは不可能です。

 

 

ですが、経験を積んでいけばその差異でお金を手に入れることが可能です。短期的に変動利用する場合は、難しくなりますが、長期的な変動を予想するのはそれほど難しくありません。

 

 

相場には必ず上昇トレンドと下降トレンドがあります。中には横ばいの時もありますがそのようなときは無理して外貨為替に手を出すべきではありません。一か八かで手を出したとしてもそれは単なるギャンブルになってしまい、投資とは別のものになる可能性があります。

 

 

例えば下降トレンドが出る時は、下降トレンドの合図があります。確実に下降トレンドの傾向が見えた時に初めて両替をしてみましょう。

 

 

このとき注意したいのは、「だまし」があることです。一見下降するように見せかけておきながら、実は大きく上昇してしまったこともあり得ます。そうだとすれば、確実に下降すると予想できるとこまで頑張り、そこでようやく両替をすればよいだけです。

 

 

ただし、そのタイミングを見つけるのは、経験なしでは難しいです。最初は小さなお金で両替を行い多くの経験を積むことが重要になります。たくさんの経験を積んでいくうちに成功パターンと失敗パターンが身についてくるでしょう。

 

 

パターンが身に付けばあとはそのパターン通りに行うことでうまくいく可能性が高まります。

 

 

確定申告による総合課税の対象になるケース


外貨両替を行った場合、うまくいけば一定の利益が出ることがあります。このような場合は、確定申告をしなければなりません。確定申告をする場合には総合課税と分離課税があります。基本的に外貨両替で儲けた金額が20万円を超えてしまった場合は総合課税になります。

 

 

逆に、儲けた金額が20万円未満の場合には、分離課税として処理すべきです。外貨両替をしていると利息が発生している場合が考えられます。利息が発生した場合には、通常分離課税として処理することになるでしょう。

 

 

会社員の場合は、通常会社の方で確定申告の方を行ってくれます。

 

 

例えば生命保険に加入している場合などは、同時に申し出ることが重要です。当然外貨両替で設けたお金も申告しなければなりません。副業をして問題ない会社であれば会社に確定申告をするとき、課税対象である旨申し出ても問題ありません。副業していることが会社にばれても問題ないからです。

 

 

ところが、副業禁止の場合は少し問題が出てきます。申告をするときに外貨為替のもうけを申告した場合副業していることがばれてしまうでしょう。この場合には、会社に告げて確定申告は自分で行う旨述べるべきです。そうすれば、会社にばれることはないでしょう。

 

 

ですが、会社の方で副業をしているのではないかと怪しむこともあるかもしれません。そのようなこともありますので、副業禁止の場合は会社を説得する覚悟を持って行いましょう。

 

 

将来的に安定した収入を得るためには、会社のみの収入だけでなく、副業することが重要になります。その一つが外貨両替です。

 

 

外貨両替を行う場合は、円高の時に行うとメリットが大きいでしょう。円安の時には様子を見て、円高になるまで待つべきです。どのようなときに円高になるかは、誰も知ることはできませんが、経験をしていくうちに予想が当たる可能性が高くなりますので、まずは少ないお金で試してみましょう。

 

 

外貨両替をする場合、儲けが出たなれば確定申告をすることが必要になります。20万円以上の儲けであれば総合課税になります。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る