» 利回りが高すぎる投資話は「その他の諸経費」に注意のメインビジュアル  » 利回りが高すぎる投資話は「その他の諸経費」に注意のメインビジュアル

M life 記事

投資 2017.10.30

利回りが高すぎる投資話は「その他の諸経費」に注意

 

現代社会には様々な投資がありますので、その中から魅力的な商品を選択することになるでしょう。その時に注目することになるのが利回りと言う数字です。この数値がより良いものを探すというのが基本的な姿勢なのですが、注意が必要な部分もあります。

 

 

不動産投資などでよく耳にする「利回り」とは?


どのような金融商品にも利回りと言うものが存在しています。運用した資金に対してどの程度のリターンが期待できるのかということを意味する言葉なのですが、不動産投資においてもこのような数字がインパクトを持って使われています。

 

これは銀行にお金を預ける場合の預金や定期預金などの利回りに比べて格段に魅力的な数字であると言うことが現実としてあるからです。

 

しかし投資として不動産を選択するのであれば十分な知識を持ってから取り組むことが求められます。

最近では銀行の預貯金の利回りは0.01%程度になっています。これはマイナス金利の影響もあって仕方のないことであると言えるでしょう。定期預金の場合であっても0.05%前後になるのが一般的です。そのため1,000,000円を運用しても500円位しか生み出すことができないと言うことになるのです。

 

一方で不動産投資の場合には年率5%から7%程度の利回りはよく見かける数字となっています。

 

この点だけに注目すると非常に利益を生み出すものであると感じてしまいがちですが、実際に投資を行うのであれば注意が必要であると言えるでしょう。

 

不動産投資は預貯金等とは異なり、最初に払い込んだ元本が保証されるタイプの投資ではないので損失が発生する件についても十分な理解をしておかなければならないのです。

 

 

ランキングなどを鵜呑みにしない!


不動産投資を初めて知った人にとっては、その内容については聞いたこともない内容がほとんどであり訳が分からないと感じるかもしれません。

 

その中でわかりやすく輝いて見えるのが利回りなどの具体的な数字です。最近ですとマンション投資のように購入した不動産を運用することによって将来的な資産形成に結びつけると言う商品が注目されていますが、このような商品についても十分な注意が必要です。

不動産投資を初めて知った人にとっては、その内容については聞いたこともない内容がほとんどであり訳が分からないと感じるかもしれません。その中でわかりやすく輝いて見えるのが利回りなどの具体的な数字です。

 

最近ですとマンション投資のように購入した不動産を運用することによって将来的な資産形成に結びつけると言う商品が注目されていますが、このような商品についても十分な注意が必要です。

 

例えばインターネット上で検索をかければ不動産投資に関係する様々なサービスのランキング情報などが存在していますが、これらの情報を鵜呑みにするのは危険であると言えます。

 

これらのサービスはまだまだ個人向けのサービスとしては始まったばかりであり、その恩恵を本当の意味で受け取っている人は極めて稀であるといえます。

 

一般的な投資とは異なり失敗をしそうなので辞めたいと考えていてもすぐに問題を解決することができないと言うことの方が圧倒的に多いため、後悔のないように考えておかなければなりません。

 

現時点でのランキング情報もそれほど参考になるものではありませんし、疑ってかかる位で丁度良いと言えます。

 

 

諸経費や投資先の状況によって数字は常に変動する


 

不動産投資では利回りと言う実際の利益に直結する数字が明確に示されていますが、このような数字は約束されたものであると言う事は基本的に無いと考えておきましょう。

 

不動産の世界では表面利回りと呼ばれる数値が存在しており、実際に受け取ることが出来る利益と言うものは表面利回りから様々な諸経費を差し引いた金額であると言うのが実情です。

 

そのためほとんどのケースで表面利回り通りの利益を期待することができない、また様々な諸経費と言う形で差し引かれる部分の多さに苦労する可能性もあります。

 

そのため不動産投資をするのであれば投資先の状況によっても利回りを含めた様々な数字が変動するということを覚悟しておかなければなりません。それを考慮してのメリットがあると考えて初めて利用するのが不動産投資なのです。

 

このような複雑な変動が予測される世界であるため、知識のない初心者にお勧めできるものではありません。

 

不動産投資を行うにあたって利回りは重要な数字であると言えますが、それと同じくらい重要なのがどのような諸経費が存在しており、どのようなリスクが想定できるのかという点です。

 

それらを明確に説明することができない業者であれば利用するのは避けた方が良いでしょう。表面利回りを前面に押したして絶対に利益が生まれると言う表現で勧誘されたのであれば注意が必要です。

 

 

不動産投資は非常に大きなお金が必要になる投資です。そのため実際に取り掛かるにあたっては慎重な選択が必要になるでしょう。世の中にたくさんのマンションなどが立ち並んでいることからも分かるように、不動産には様々な魅力が存在しているのは事実です。

 

しかしながらそれらの中には悪質なサービスが存在していると言うことを知っておきましょう。

 

利回りを確認する場合においても諸経費を差し引かない表面利回りと呼ばれる数値が前面に押し出されているケースがありますので、しっかりとした知識を持って対抗できるようにしておくことが大切です。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る