マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~ マネカツ~女性のための資産運用入門セミナー~

MENU
  • マネカツのfacebookページ
  • マネカツのtwitter
 » 投資物件の選定のサポートは誰に頼むべきかのメインビジュアル  » 投資物件の選定のサポートは誰に頼むべきかのメインビジュアル

M life 記事

投資 2018.2.21

投資物件の選定のサポートは誰に頼むべきか

不動産投資を始めようと考える際、利回り率などの目論見が正しくても、物件選びに失敗すると全てがご破産です。どういった部分に注意しながら選んでいくのが良いのか、頼りになるサポートサービスと併せて確認しておくと良いでしょう。

 

感覚だけで選ぶのはリスキー


 

投資の世界にもビギナーズラックは無くはないらしく、ひらめきで選んだ株式銘柄を買って、成功するケースもあるようです。しかし、不動産投資ではかなり莫大な購入資金が必要な上に、ランニングコストも気をつけたいもので、幸運を期待して、感覚的に決断するのはかなりリスキーな行為と成りかねません。

 

不動産物件は、お金を投資して購入し、後は自動的にお金が入ってくるというシンプルな流れだと良いのですが、やはり、入居率だとか経年劣化による修繕だとか、価値を高めるための設備の補強などなど、考えねばならないことも出てきます。逆に言うと、こういった部分でも対策を打つ備えがあるほうが、安心して運用を考えられるでしょう。

 

不動産物件を探してみると、多くの物件でそれなりに儲けがでるように見えるかもしれませんが、そういうわけでは有りません。損をしかねない物件もそれなりに混ざってきますし、気になった物件が、実は買ってはならないものかもしれません。この中から自身に見合った、満足できる物件を選んでいくためには感覚任せではなく、将来見込まれる建物価値の低下や出費などをしっかり見越して、計画を立てて選んでいくことが大切です。

 

不動産投資では、抵当権を利用されて短期で物件を失う可能性も、元本割れが起こる可能性もあるので、勢いに任せず、慎重に考えたほうが良いでしょう。

 

自身の目的と状況をしっかり考慮する


 

せっかく投資を始めるのならば、できるだけ大きく収益を得たい、と感じる方も少なくないでしょう。しかし、収益を大きくするには、それなりに冒険する部分が出てきます。このため、自身の資金状態に見合った計画と、無理のない目的を持つことが大切です。

 

例えば、無理をして収益性の高い物件を買ったとしても、収益も大きくなる反面、固定資産税や維持修繕費も大きくなりますから、リターンの反面、リスクも高まります。もし、転居タイミングが重なるなどして空室が増えれば、大きな負担が一気にのしかかって来ることに成ってしまうわけです。

 

これを防ぐため、不動産投資では、自身の用意できる資金と、利回り率や返済比率を考えることは前提です。しかし、これらの計算は空室率が高くなると狂ってしまいます。こうなった時に、余力を残しておくことや、万が一にの際には赤字に補填する準備をしておくことも、リスクへの備えとして重要なのです。

 

投資用物件では、長期間運用して利益を重ね、最終的に物件を売り渡すことでも収益を上げることが目標です。この為、運用期間中にトラブルがあっても対処できるよう、背伸びしないで、自身の収入や資金力から適切な計画を立てていくことが重要となります。まずは、控えめな投資から初めて、軌道に乗れば物件を買い足していくとことも出来るので、最初の一歩は控えめの安全志向というのも悪くはありません。

 

不動産での資産運用サポートをしている会社を使う


 

ここで、それではどういった計画が適切で、どういった収益物件に投資すれば良いのか、ということになってきますが、これは、少し複雑になります。収入が幾らなら、何万円の物件がおすすめ、と言えれば良いのですが、流石に、そこまで単純ではありません。

 

例えば、ご結婚されてお子さんの計画があるという場合と、既にお子さんは自立されて老後の備えを考えている場合とでは、全く、異なった資金計画が必要になってきます。こういった、個別的に考えたい部分は多数あり、他にも銀行からの融資や、親戚からの借り入れなどでも状況は変わりかねません。計画をたてるには、これらの部分を盛り込んでいくことも大切です。

 

資産運用の計画をしっかりと立てるためにも、不動産会社やコンサルティングのサポートを考えてみては如何でしょうか。プロのサポートがあれば将来の修繕計画についても、予め、負担や収益を見越して計画を考えやすくなります。資金運用のことから、物件選びのサポートも得られるのも魅力で、どういった物件を探していくかの参考にもなるでしょう。

 

資金計画はもちろん大切ですが、物件選びで失敗すると、せっかくの計画が大きく狂ってしまいます。いい物件を探すには、立地条件やターゲット層などなど、物件選びの際には考慮したい点が少なくありません。この物件選びで力になってくれる上、後のメンテナンスや入居者探し、苦情トラブルの解決なども任せられる会社もあります。

 

多彩なサポートがありますので、これらも活用したり、時には参考にしつつ考えていくのも、不動産投資のはじめ方の一つでしょう。

 

 

不動産投資を始める際には、運用スタイルにも色々とあるので、自身に見合ったスタイルや計画を考える為にも、不動産会社やコンサルティングのサポートは役立ってくれるものです。計画づくりから融資について、物件探しや運用、税制のことなども詳しいですから、何かと気軽に相談することが出来ます。先にいくら勉強していても、実際に投資を始めてみると、思わぬ所でトラブルになることもありますので、何時でも相談できる相手を探しておくのも悪くはないでしょう。まずは、話だけでも聞いてみて、頼りになりそうな相手を選んでみては如何でしょうか。

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る