投資を始めてみようと考えている初心者は気をつけるポイントをしっかりと抑えてから始めることが大切です。リスクは誰にでも必ずあるので、正しい知識をしっかり持っているかいないかで結果が大きく変わってきます。

元本保証がない場合もある


 

投資初心者が忘れてはならないポイントとして、元本保証がない場合もあるということです。大きなリターンを得ることができるものというのは、大体の場合が元本保証がないため増やすつもりで投資をしたのに結果的には減ってしまったということもあります。

そして、もうひとつ抑えておきたいポイントが元本だけではなく最大の損失も保証されていないので、投資元本以上の損失が発生する金融商品もあるので、特に初心者の場合には注意をして置かなければなりません。

元本保証がないものとして初心者が最もわかりやすいものとして株があり、株というのは株価が上下するものですから、ある銘柄を購入した場合株価が上昇をすれば利益が増えることになり、下落をすれば損失になってしまいます。

株は買いたいという人がいれば価値が上がっていき、売りたいという人が増えれば価値が下がってしまうので株価は常に流動的なものとなります。購入時の株価は保証されませんから、下がれば元本割れをしてしまうので損をしてしまいます。

このように購入したときの価値が保証されない金融商品というのは、少なくないので投資初心者はどの程度のリスクがあるのかということを理解した上で始めることがポイントです。

元本保証がないことは理解をしていても、それがどの程度のリスクがあるのかわかっていないと、大きな損失につながってしまうこともあるので注意をしましょう。

自己資金以上のお金を動かせてしまう


投資初心者が絶対に覚えて置かなければならないこととして、自己資金以上のお金を動かすことができる金融商品があるということです。

これは一体どのようなことかというと、30万円しか資金がなくても100万円の資金を動かすことができると行ったものになります。

元手以上の大きなお金を動かすことをレバレッジと呼び、レバレッジがかけられる金融商品の代表的なものとしては、FXや先物取引に、株の信用取引と言ったものがあります。

レバレッジをかけることができるメリットとしては、資金効率がよく短期間で資産を増やすことができるという点にあるのですが、デメリットとしては損失も大きくなってしまうという点にあります。

自己資金以上のお金を動かすことができるということは、不測の事態が起きたときには自己資金以上の損失が出てしまうということになります。

例えば30万円で株の売買をする場合、30万円で購入をした企業が倒産をしても30万円失うだけで済みます。

しかし、信用取引をもちいて30万円を元手に100万円の取引を行い同じように倒産をしてしまった場合、70万円は証券会社から借りているお金ですから自己資金の30万円を失うばかりか、更に追加で70万円の損失になってしまうため、自己資金以上のお金を動かすことができるのはメリットがある反面デメリットも大きいということをおさえておくことが大切です。

最後は慎重な人が勝つ


投資は大胆な人が勝つことができると思っている人も多いものですが、最終的には慎重な人が勝つことになります。

大胆で豪快な取引をする人というのは波に乗ったときには大きく勝つことができ、巨万の富を手に入れやすいものですが、実際にそれで勝つことができる人というのはごく僅かです。

ギャンブルに近いような取引をしていれば、最終的には破綻をしてしまうことになるので慎重さを欠いた取引というのは良いときがあっても、最後はマイナスになってしまいます。

それに対して慎重な人というのは、なかなか大きく勝つチャンスに恵まれないものではありますが、着実に資産を増やしていくことができます。

投資というのは資金が増えてくれば、効率よく運用をすることができるので慎重にコツコツ利益を積み立てていた人は最終的にしっかりと資産を残すことができるのです。

慎重ではなく優柔不断というのは困りますから、石橋を叩いてここだと思ったときには素早く決断をすることは大切ですが、少しでも不安材料があるときにはチャンスと思っても見逃す勇気というのは大切です。

慎重を通り越して臆病なのではと思ってしまうこともありますが、よく考えた上でチャンスではないと判断をしたときには、見送るというのも投資をする際には大切なことになります。よく考えた上での慎重な判断であれば、そのような人は最終的に勝つことができるのです。

 

 

投資というのは必ずリスクがあり、リスクとリターンのバランスを考えて行っていくものになります。

初心者の場合には、リスクを十分に理解をしないままに投資を始めてしまって損をしてしまったというケースが多いので、ポイントとなる部分をしっかりと抑えておくようにしましょう。

特に元本保証の有無についてや、自己資金以上のお金を動かすことができるメリットとデメリット、どのような取引をする人が勝つことができ、負ける人はどのような取引をしているのかということをおさえておけば、初心者でもリスクを抑えた投資を始めることができます。