» 【FP監修】投資信託とは?初心者のための投資信託の知識のメインビジュアル  » 【FP監修】投資信託とは?初心者のための投資信託の知識のメインビジュアル

M life 記事

投資 2018.3.30

【FP監修】投資信託とは?初心者のための投資信託の知識

 

銀行預金の低金利が長期化していることもあり、近年、資産運用に関心を持つ人が増えてきています。株式投資はなんとなく怖くて手が出せないという人には投資信託という選択肢もあります。もちろん元本保証ではなく、損することもありますが、それに見合うだけの魅力もあります。そこで、今回は投資信託を始める前に知っておいてほしい情報をまとめて紹介します。

 

 

目次

投資信託とは?

 

投資信託とは、自分で運用する代わりに手数料を払って運用の専門家に任せることです。具体的には、投資家から集めたお金を専門家が運用方針に基づき運用し、運用成績に応じて投資金額が変動します。

 

 

投資信託の基礎知識

 

投資信託の説明でよく使われる単語があります。投資の世界では独特の言い回しもあり、聞き慣れない言葉も多いですが、まずは基本的な内容を理解しましょう。

 

基準価額とは?

投資信託の価格を基準価額と言います。運用開始時は1口1円でスタートし、運用の成果によって日々変動します。通常は1万口あたりの額を基準価額としてホームページや新聞等で公表しています。

 

 

基準価額の決定は1日に1回

投資信託の基準価額は、投資信託が組み入れている株式や債券等の時価を基に算出され、1日に1回公表されます。

 

基準価額の算出方法

純資産総額を投資信託の総口数で割ることにより算出します。

 

分配金とは

投資信託の決算が行われる際に支払われるお金を分配金と言います。販売パンフレット等に過去の分配金実績が記載されていますが、運用成績、分配方針により変動することもあります。

 

解約(譲渡)益とは

途中で解約した場合の利益を解約益と言います。

解約するには申し出が必要です。

 

償還益とは

満期まで保有した場合の利益を償還益と言います。満期が到来すれば自動的に償還されます。

 

投資信託の仕組み

 

投資信託には「よくわからないけど難しそう」というイメージを持っているが多いのではないでしょうか?そのような方は投資信託の仕組みを理解すれば投資信託に対するイメージも変わると思います

 

投資信託を販売する「販売会社」の役割

投資家の口座管理や投資信託の営業・販売等を行います。

 

資金を運用する「運用会社」の役割

投資信託を設定し、投資家から集めた資金の運用指図を行います。運用会社は委託者と呼ばれます。

 

資金を保管する「信託銀行」の役割

投資家から集めた資産の保管・管理を行い運用会社の運用指図に従って、株式や債券等の売買や管理を行います。信託銀行は受託者と呼ばれます。

 

 

投資信託の種類

 

投資信託には様々な種類があり、投資信託を選ぶ際の重要なポイントなのでしっかりと特徴を理解し、整理しておきましょう。

 

株式投資信託と公社債投資信託

株式に投資できる投資信託を株式投資信託、株式に投資できない投資信託を公社債投資信託と言います。実際に株式に投資しているかどうかではなく、約款上、株式に投資できるかどうかがポイントです。

 

追加型(オープン型)と単位型(ユニット型)

いつでも購入できる投資信託を追加型、運用開始前の募集期間中だけ購入できる投資信託を単位型と言います。

 

ETF(イーティーエフ)

ある指標に連動するように運用され、証券取引所に上場しているため、上場投資信託と呼ばれています。ETFを活用すれば手軽に分散投資できるため、非常に使い勝手の良い金融商品と言えます。

 

REITファンド

投資家から集めた資金で不動産に投資し、賃貸料、売却益等の収益を分配する投資法人・投資信託のことです。アメリカで始まった仕組みで「Real Estate Investment Trust」の略称です。

 

J-REIT(ジェイリート)

日本版のREITのことです。REITの頭にJAPANの「J」をつけて「J-REIT」と呼ばれています。J-REITは証券取引所に上場し、市場で売買を行うことができます。市場に上場することにより、流動性を高くしています。

 

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)

毎日決算を行い、安全性の高い国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用する公社債投資信託です。購入・換金は1円以上1円単位です。

 

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)

毎日決算を行い、国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用する公社債投資信託です。購入・換金は1円以上1円単位です。買付から30日未満で換金すると信託財産留保額が差し引かれます。

 

ブルベアファンド

ブルベア型ファンドとは、先物やオプションなどを利用して基準となる指数の値動きを上回る投資成果を目指す投資信託でブル型ファンドとベア型ファンドがあります。ブル型ファンドは、投資対象が上昇した時にその値上り幅以上に利益が出る仕組みの投資信託です。ベア型ファンドは、投資対象が下落した時に利益が出る仕組みの投資信託です。一般的に通常の投資信託よりも値動きが大きく、ハイリスクハイリターンな金融商品と言えます。

 

コモディティファンド

原油・天然ガス等のエネルギー、銅・ニッケル・金等の金属、小麦・とうもろこし・大豆・牛・牛乳等の農産物に代表される商品のことをコモディティと呼び、これらの商品の値動きを利用して利益を得ることを目的とした投資信託のことをコモディティファンドと呼びます。

 

コモディティファンドを活用すれば、個人投資家でも少額で商品市場の動向を捉えた運用が可能になります。

 

 

株式投資との比較

 

一般的に投資信託は株式投資よりもローリスク・ローリターンと言われています。株式は株式市場が開いている間は常に株価が変動する可能性がありますが、投資信託は1日に1回だけです。また、株式投資よりもコストがかかります。一方、投資対象については、先進国だけでなく新興国の資産にも投資できるため、投資信託の方が幅広いと言えます。

 

 

投資信託のメリット

 

ここでは投資信託のメリットを説明します。投資信託には他の投資商品にはないメリットもあり、これから資産運用を始める人には魅力的な商品と言えます。

 

少額から始められる

通常、株式投資や債券投資にはある程度まとまった資金が必要です。しかし投資信託であれば、1万円程度から手軽に始めることができ、投資初心者でも始めやすい商品と言えます。

 

プロが運用する

サラリーマンや主婦が世界情勢等をチェックしながら投資することは難しいと言えます。投資信託であれば、専門家が運用してくれるので必要最低限の知識で十分です。ただし、どの投資信託を選ぶかは自己責任なのでこの点は気を付けましょう。

 

分散投資でリスクを軽減できる

投資の基本は、投資対象を分散させることです。投資信託を活用すると手軽に多種多様な資産に分散することができ、リスクを軽減することができます。

 

国内、国外、資産に投資することができる

投資信託を活用すれば、国内外の株価指数、株式、不動産、債券等に投資することができ、個人では投資が困難な海外の株式や債券等にも投資することができます。

 

 

投資信託のデメリット

 

ここでは投資信託のデメリットを説明します。デメリットについても十分に理解することが適切な投資判断には必要不可欠なのでしっかりと理解しておきましょう。

 

コストがかかってしまう

一般的な投資信託では、購入時・運用時・解約時にコストがかかります。

 

元本保証がない

基準価額が購入額を下回る可能性があり、元本は保証されていません。

 

 

投資信託にかかる費用

 

具体的な費用(コスト)について説明します。見落とすことが多い情報ですが、投資信託の運用成績を左右する要因なので運用を始める前に目論見書や販売用パンフレット等で必ずチェックしておきましょう。

 

販売手数料または募集手数料

購入時に販売会社に支払う手数料です。手数料率については商品毎に異なるので購入時にしっかりと確認するようにしましょう。また、最近では販売手数料のない投資信託も増えてきています。

 

信託報酬

投資信託を保有している間、投資信託の保有額に応じて日々支払う費用運用に対する報酬、信託財産の保管管理の費用、事務費用として、信託財産から差し引かれ、販売会社、運用会社、信託銀行がそれぞれ按分して受け取ります。

 

監査報酬

投資信託は原則決算ごとに、監査法人などから監査を受ける必要があり、その監査に要する費用で投資信託の信託財産から支払われます。

 

信託財産留保額

投資信託を解約する際に差し引かれる費用です。販売会社等が受け取るのではなく信託財産に留保されます。

 

 

投資信託にかかる税金は?

 

投資信託の運用を通して利益が出れば基本的には課税の対象になります。税制をしっかりと把握しておくことで、手取りの利益がイメージできるので運用の目標金額を考える際にも必要な情報です。

 

分配金の税金

分配金には普通分配金と特別分配金(元本払戻金)があります。普通分配金は分配金が出た後の基準価額が購入時の価額(個別元本)を上回っている時に支払われた分配金のことで、収益(所得)に該当するため、20.315%の税金がかかります。

 

特別分配金(元本払戻金)は分配金が出た後の基準価額が購入時の価額(個別元本)を下回っている時に支払われた分配金のことで、元本の一部が払い戻されたことになり、収益(所得)に該当しないため、税金がかかりません。

 

解約(譲渡)益、償還益の税金

利益に対して20.315%の税金がかかります。

 

 

投資信託の安心できるポイント

 

投資信託において、投資家の信託財産は保全される仕組みになっています。各機関の役割と破綻時の対応について説明します。他の項目に比べると重要度は低いですが、万が一の時のために知っておくと良いでしょう。

 

販売会社が破綻しても安心

販売会社は投資信託の取引をする際に窓口となり、投資家とお金のやりとりを行いますが、お金は販売会社を経由して、信託銀行が信託財産として管理しています。

 

つまり、販売会社が破綻しても、信託財産に影響はありません。保有していた投資信託は、別の販売会社に移管され(移管手続きは投資家が行う)、移管先の販売会社で引き続き取引することが可能です。

 

運用会社が破綻しても安心

運用会社は運用指図を行うだけで、信託財産の保管や管理は行っていません。運用会社が破綻しても、信託財産は運用会社とは別の信託銀行で保管されているので、信託財産に直接的な影響はありません。運用していた投資信託は他の運用会社に引き継がれるか、償還されることになります。

 

信託会社が破綻しても安心

投資信託の信託財産は信託銀行が管理していますが、信託財産は信託銀行自身の財産とは区分して管理(分別管理)することが法律で義務付けられています。

 

つまり、信託銀行が破綻しても、信託財産に影響はありません。投資信託は破綻時の基準価額で解約されるか、他の信託銀行に信託財産が移管されれば継続して保有することができます。

 

 

投資信託の始め方

 

投資信託を購入するには、販売会社に口座を開設する必要があります。代表的な販売会社は証券会社、銀行、保険会社、信用金庫、郵便局等です。

口座開設が完了すれば次に入金を行います。基本的には注文前に入金しておかないと購入できません。

 

そして、最後に注文手続きを行います。注文の際には交付目論見書(投資信託説明書)の受領、閲覧確認が必要になるのでしっかりと確認しておきましょう。※交付目論見書(投資信託説明書)とは、投資信託について投資判断に必要な重要事項を説明した書類のことです。

 

以上が購入までの大まかな流れです。

購入までの順序を把握しておくことで初めて投資信託を購入する際にも慌てずに対応できるでしょう。

 

 

投資信託のリスク

 

最後に投資信託のリスクについて説明します。リスクを把握せずに投資してしまうと想定外の損失が発生することもあるので必ず理解しておきましょう。

 

価格変動リスク

投資信託が組み入れている株式や債券の価格が変動することにより、基準価額が変動する可能性のことです。

 

信用リスク

債券等を発行する国や企業が、財政難や経営不振等の理由により、利息や償還金を支払うことができなくなる可能性のことで基準価額に影響します。

 

為替変動リスク

為替レートが変動する可能性のことです。外国の株式や債券で運用する投資信託には基本的に為替変動リスクがあります。一般的には円高になれば基準価額にマイナス、円安になれば基準価額にプラスの影響があります。

 

金利変動リスク

金利が変動する可能性のことです。一般的に、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券の価格は上がります。もちろん基準価額に影響します。

 

参考:投資信託協会HP
https://www.toushin.or.jp/

 

監修者:大間武(ファイナンシャルプランナー、CFP)

 

 

という方には、東京、大阪で開催中のマネカツセミナーにご参加いただいております。

スイーツ&ドリンク付の女性限定セミナーになりますので、女子会のようなアットホームな雰囲気で、楽しくお金の勉強をしていただいております。

TV番組や雑誌等で活躍中の人気女性ファイナンシャルプランナーが、投資やお金の知識について、女性ならではの視点からわかりやすくレクチャーしております。はじめての方向けのセミナーになりますので、投資知識ゼロの状態でも分かりやすい内容になっております。

「初心者向けのセミナーを受けたい」「今の年収がこのまま続くか不安」「結婚したらお金はどうなるの?」「一生独身だとどれくらいお金が必要なの?」「漠然とした将来への不安がある」「老後の為に資産運用を始めてみたい」「なにから始めたら良いのかわからない」という悩みを抱えている方は、マネカツセミナーで

“はじめの一歩”を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

監修:大間 武(ファイナンシャルプランナー、CFP(R))

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る