» 【FP監修】【初心者向け】100万円の資産運用方法と各メリット・デメリットを解説!のメインビジュアル  » 【FP監修】【初心者向け】100万円の資産運用方法と各メリット・デメリットを解説!のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.8.6

【FP監修】【初心者向け】100万円の資産運用方法と各メリット・デメリットを解説!

 

皆さんのなかには、貯金はしているものの低金利のため、なかなか資産が増えていかず資産運用を始めようか考えている方がたくさんいらっしゃると思います。ただどのような資産運用方法があるのか、そしてどういった特徴のある資産運用方法であるのか疑問を持たれている方も多くいらっしゃることでしょう。

 

そこで今回は、そんな資産運用の初心者向けに、様々な金融商品による資産運用方法をお伝えするとともに、それぞれのメリット・デメリットを分かりやすく解説します。

 

100万円の資金で資産運用を始めよう!

 

 

銀行の普通預金に預けているだけではなかなか資産が増えません。時間は同じように経過しますので、今からでも資産運用を学び、しっかりと着実に資産形成を図りましょう。

 

まずは今まで貯金をしていたうちの一部、例えばきりの良い100万円からスタートするのでもいいでしょう。まだ貯金もあまりできていない方は、まずはコツコツと貯金をして、投資に回せ元手を作りましょう。

 

そして、資産運用は、お金が自ら働いて増えていくイメージです。ご自分で運用をして、将来の生活設計のための資産を増やしましょう。

 

100万円の資産運用方法:定期預金

 

 

100万円の資産運用方法として、まずは元手を着実に増やしていく元本保証の定期預金。いままで貯金しかしたことがない方が、いざ資産運用を始めようとして急にFXや仮想通貨取引に手を出すことは、かなりハードルが高いかもしれません。

 

そこでまずは元本がしっかりと保証された定期預金がおすすめです。また、定期預金は普通預金より金利が高い傾向にあります。

 

定期預金なら元本保証で確実にお金が増える

投資というと、どうしてもギャンブルに近く、資産が減ってしまう負のイメージを強く抱く方が多いかもしれません。そこで定期預金であれば元本保証のため、投資初心者の方も安心して資産運用をスタートできると思います。

 

なかでもネット銀行は、定期的なキャンペーンも含め比較的高い金利を提供していることがありますので、ぜひインターネットで確認してみてください。参考までに、オリックス銀行のeダイレクト預金 (インターネット取引専用預金)ではスーパー定期1年もの(100万円以上)で期間限定の0.25%の金利キャンペーン中(2018年8月31日まで)。

 

出典:eダイレクト預金|オリックス銀行
https://www.orixbank.co.jp/personal/deposit/edirect/

 

ローリスクの反面、金利が低くリターンが少ない

ただし、普通預金よりも金利が高いとはいえ、仮にオリックス銀行のスーパー定期1年ものに100万円を預けたとしても、税込み年間2,500円の金利しかつきません(特別キャンペーン金利をもとに計算)。元本保証のためローリスクではありますが、その分リターンも低いといえるでしょう。

 

100万円の資産運用方法:個人向け国債

 

 

次に個人向け国債。国が発行している、個人の方でも気軽に購入できる国債です。国債には変動金利10年物、固定金利5年物、固定金利3年物の3種類があります。利子は2018年7月24日現在、3種類とも税込み0.05%。

 

固定金利は期間中変わりませんが、10年物は最低金利保証が0.05%で、実勢金利が上がれば受取利子も増えます

 
こちらは、銀行や証券会社など近くの金融機関で1万円から購入できます。そのため、今まで銀行預金しかしていなかった方も、ペイオフ対策の一環としても、銀行預金の一部を個人向け国債に回して資産運用を図ることができるでしょう。

 

出典:個人向け国債|財務省
https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/

 

政府が発行しており元本保証のリスクはほぼゼロ

この個人向け国債は政府が発行している債券のため、元本保証のリスクは極めて低いといえるでしょう。

 

また、満期を迎えると投資した元手が目減りすることなく戻ってきますので、銀行預金しかやったことがない投資初心者の方にとって安心して投資をスタートできると思われます。仮に個人向け国債固定金利5年ものに100万円投資した場合、税込み年間500円の金利がつきます。

 

原則的に1年経過しないと途中換金できない

注意が必要なのが、基本的に1年経過しないと途中換金できないということです。例を挙げと、病気になり急な手術費用が必要になったり、もしくは留学費用を支払ったりすることになったとします。

 

そして、仮にこの個人向け国債を100万円購入し、発行後1年が経過していないと、これらの出費に充てることは難しいので注意しましょう。

 

100万円の資産運用方法:投資信託・ETF

 

 

続いて投資信託。投資信託とは、たくさんの投資家から集めた資金を資産運用の専門家が皆さんに代わって株式や債券などで運用する商品です。

 

そして運用によって利益をあげれば、投資家にその利益が分配される一方で、運用に失敗した場合、皆さんが預けた元本が目減りすることになります。つまり、元本保証の商品ではないところが、今までご紹介した定期預金や個人向け国債と違う点です。

 

少額から投資でき資産運用はプロに任せられる

投資信託は少額から投資ができるため、リスクを抑えながら投資を行うことができます。

 

また、 資産運用に費やせる時間が限られている方や、そもそも投資初心者の方にとって、経済情勢を鑑みながら投資判断を下せるプロに任せられる点は大きなメリットといえるでしょう。

 

個人向け国債と違って、投資信託は基本的にいつでも解約することができます。ただし、投資信託のなかには解約することができない期間を設けたものもありますので、その都度確認しましょう。

 

また、インターネットで日々の価格や月次パフォーマンス、足元の経済環境などをレポートなどで確認することができますので、購入した後全くの丸投げとせず定期的に運用を見直すこともできます。

 

運用コストがかかり元本保証はない

費用としては、購入時に支払う「販売手数料」と購入してから売却するまでの間、支払う「信託報酬」という手数料がかかります。投資信託の運用をプロに任せる分、その管理費用といえるものです。(販売時にノーロードとして手数料なしの商品もあります)。

 

この「信託報酬」は一般的に、純資産総額に対して年0.5~2%かかります。投資信託での運用は長期間に渡ることも多いため、信託報酬を抑えることによって運用パフォーマンスが大きく変わってくるといえるでしょう。

 

こちらもインターネットなどに掲載されていますので、投資信託を購入する際はいくらになるか確認しましょう。投資信託の一種で、市場の指数に基づく「上場投資信託」(一般的にETFと言われます)というものがあります。TOPIXや日経平均、ニューヨークダウ30種など市場の指数に連動しているため、手間をあまりかけない分、信託報酬を低く抑えています。

 

100万円の資産運用方法:不動産投資信託

 

 

次に不動産投資信託、REIT(Real Estate Investment Trust、リート)と呼ばれる投資信託のことです。先ほどお伝えしました投資信託の中身が株式や債券を中心としているのに対し、その不動産版といえるでしょう。

 

仕組みは類似しており、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設などを購入し、その賃貸収入や売買差益を投資家へ還元する商品です。こちらも投資信託ですので、管理費用である信託報酬がいくらかかるか確認しましょう。

 

少額から始められ分散投資しやすい!高利回りにも期待!

実際に不動産物件を購入するのではなく、投資信託を購入するため、多額の不動産投資ローンを抱えることなく少額から始められます。

 

また、日本に居ながらにして世界各国の優良オフィスビルや商業施設に分散投資が図れます。そして、不動産投資信託は税金の免除や支払金利の低下などを受け、比較的高い利回りも期待できるでしょう。

 

不動産投資における様々なリスクを事前に確認しよう

一方で、投資信託を購入するわけですが、投資対象はあくまで不動産です。今後支払金利が上昇する可能性や空室リスクなどから利回りが低下することも起きるかもしれません。

 

業界で言えば不動産業界のみに投資し、分散投資をしないので、不動産市況を定期的にチェックすることは重要でしょう。

 

100万円の資産運用方法:FX・仮想通貨投資

 

FXとよばれる「外国為替証拠金取引」と、仮想通貨があります。これらは長期保有を目的としたものではなく、多くの知能を屈指した専門家やデイ・トレーダーが短期間に売買を繰り返す商品です。投機性が高く、元本を大きく割れる可能性もあります。

 

こうした投機性の高い商品に興味がある場合には、投資の経験を積んだ後で余裕資金があるときに行うことをおすすめします。

 

100万円の資産運用方法:確定拠出型年金・NISA・つみたてNISA

 

金融商品は、譲渡時に利益が出たときや、金利や分配金を受けとったときに、原則20.315%の税金が源泉徴収されます。

 

国民の資産形成を後押しする制度として、2001年から始まった企業型確定拠出年金(DC)と2017年から始まった個人型確定拠出年金(iDeCo)、2014年から始まった「NISA」、2018年から始まった「つみたてNISA」があります。

 

「DC」は20歳以上60歳未満の方が加入でき、老後の生活安定を補助する制度です。特徴として、自身で資産運用の方法を選択でき、掛金拠出時、運用時、そして給付の受取時にそれぞれ税金の優遇措置が取られます。 

 

iDeCoは個人で加入する年金制度で、特徴はDCとほぼ同じです。掛金は加入者の現状によって上限が異なりますが、自身で決めることができます。「NISA」は2023年までの5年間に限り、投資による利益に対して年間120万円まで非課税となります。「つみたてNISA」は投資に利益が出た際に2037年まで毎年40万円まで非課税とする制度です。

 

ただし、「NISA」「つみたてNISA」ともに損失がでたときは、税制上は損益通算のできない制度となっています。

 

参考:確定拠出年金制度の概要|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/gaiyou.html

 

100万円の資産運用方法まとめ

 

 

まとめとなりますが、今回は皆さんが投資の一歩を踏み出すべく、様々な資産運用方法をご紹介してきました。投資には、

 

1.長い期間運用する「長期保有」

2.「卵は一つの籠に盛るな」という原則の元になされる「分散投資」

3.市場は常に変動しているので定期的に投資を重ねる「ドル・コスト法」

 

という3大原則があります。なぜ投資を行うのか、そしていつまでにどのくらいの利益をあげたいかは、個々人で違ってくることだと思います。少しリスクをとって、着実に資産形成を図りたい方、もしくはごく短期間で大きく資産を増やしたい方、色んな考えがあると思います。ご自身の考えにマッチしたリスク・リターンの取り方で、今から投資によって資産形成をしっかりと図っていきましょう。

 

 

監修:小林 治行(ファイナンシャルプランナー、資産形成アドバイザー)

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る